サイバーガジェット研究所は日々サイバーなガジェットを研究する機関です。

さいばーがじぇっと研究所はサイバーガジェット情報を公開しています。
2019年3月 14日(木) の記事一覧
Engadget Japanese
中国OPPOは新スマートフォンブランド「Reno」を発表しました。同ブランドでは、光学10倍ズーム機能を搭載した端末の投入が期待されています。 OPPOでヴァイス・プレジデントを務めるShen Yiren氏が明かした、今回のブランド名とそのロゴ。なおYiren氏は詳細を明かさなかったものの、同社は既に、新形スマートフォンが4月10日に投入されることを予告しています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/oppo-reno-10/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-03-14 22:00:00
Engadget Japanese
旅人ITライター中山です。今年もスペイン・バルセロナで開催されたMWC Barcelona(旧称Mobile World Congress)では、いくつかの最新スマートフォンが発表、展示されていました。そのなかでいちばん気になったのは、5G対応端末でも折りたためる端末でもなく、ソニーモバイルの「Xperia 1」です。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/xperia-1/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-03-14 19:15:00
Engadget Japanese
これまで様々な用途のために様々なロボットが開発されてきましたが、こと物をつかむという動作はいまも開発する側にとってはひとつの大きな課題として立ちはだかります。たとえば人間を模したヒューマノイドであれば、人間の手の動きを精巧に再現することでその動きは設計できても、実際の人の手のように堅い物と柔らかい物を瞬時に認識してつかみ分けるといったことはいまだ難しいとされます。 一方、人の手というまさに手本に従わず、自由な発想で開発したロボットハンドの方が、単純かつうまく物をつかみ分けられる場合もあります。MIT CSAILは「折り紙式」のロボットハンドを開発し、重さや形状に関わらずあらゆる物をつかみ分けることを可能としました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/mit/ [カテゴリー]ガジェット [投稿日時]2019-03-14 18:30:00
Engadget Japanese
Googleが、Androidのカメラで捉えたものを音声で通知するアプリ、Lookoutをリリースしました。現在、米国内のPixelシリーズのみながら、Google Playからダウンロード可能です。 Lookoutは、2018年のGoogle I/Oで発表されていたもの。視覚障害のある人が初めての場所に行ったときや、料理や掃除、買い物などの日常生活を送るのを手助けするように設計されています。カメラで写したものを認識するものとしては、Google Lensがありますが、基礎技術は同じもののようです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/lookout-google/ [カテゴリー]Android [投稿日時]2019-03-14 18:00:00
Engadget Japanese
〜ソニーの歴史を彩ってきたさまざまな製品を特別展示〜 ソニーストア札幌は、2019年4月1日にオープン2周年を迎えるにあたり、お客様への感謝の気持ちをこめて、ソニー製品を楽しみながら体験していただけるイベント『ソニーストア札幌2周年祭』を3月23日(土)から4月7日(日)まで開催します。 『ソニーストア札幌2周年祭』では、特別企画として、これまで70年以上に渡るソニーの歴史の中から特徴的な製品を集めて展示する『Sony Products -Past, Present and Future-』を実施します。ウォークマンの一号機「TPS-L2」や歴代のAIBOをはじめとするソニーを代表する製品を一堂に展示し、最新の製品と併せてご覧いただくことで、ソニーの培ってきた技術や歴史を体感いただけるイベントです。 また、北海道出身のシンガーソングライター 佐藤広大さんのスペシャルミニライブや札幌で活躍中のラジオDJタック・ハーシーさんがソニー製品について語るスペシャルトークショーを開催します。 カメラや写真に関連するイベントでは、横浜で開催されたカメラと写真映像ワールドプレミアショー『CP+2019』と連動した写真家によるトークショーや撮影体験会を、映像や音楽に関連するイベントとして、ヘッドホンのフラグシップモデルの体験会やグラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」の開発者によるトークショーを行います。 ぜひこの機会にソニーストア札幌でソニー製品を体験してください。 ■『ソニーストア札幌2周年祭』特設サイト URL:https://www.sony.jp/store/retail/event/sapporo/2nd-anniv/ ■イベント概要 <ソニーストア札幌2周年企画> ・Sony Products -Past, Present and Future – ソニーの歴史の中から特徴的な製品を一堂に集めた展示を実施します。過去の製品と最新の製品を同時にご覧いただくことで、ソニーの70年以上に渡る歴史や培ってきた技術を感じていただけるイベントです。 開催期間:3月23日(土)〜4月7日(日) 開催場所:1階 ・佐藤広大さんスペシャルミニライブ(抽選で80名をご招待) 北海道出身のシンガーソングライター 佐藤広大さんのスペシャルミニライブに抽選で80名様をご招待します。 あたたかく、ソウルフルな佐藤さんの歌声を間近で感じられるミニライブにぜひご応募ください。 また、2周年祭の期間中、店舗内に展示している最新のウォークマンとヘッドホンで佐藤さんの楽曲を試聴いただけます。 開催日時:3月30日(土)19:30〜20:00 開催場所:1階 応募URL:https://www.sony.jp/store/retail/sapporo/event/sapporo-2nd/kodaisato_live/ ※店舗閉店後の開催となります ・DJ タック・ハーシー氏スペシャルトークショー(要事前予約) 札幌で活躍中のラジオDJタック・ハーシー氏が、想い出のソニー製品、愛用しているソニー製品、最新のソニー製品と音楽について語るスペシャルトークショーを開催します。 開催日:3月23日(土) 17:00〜18:00 定員:12名(※当日の立ち見可能) 場所:1階 イベントスペース 応募URL:https://ers.sony.jp/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000003PxczUAC&p=%E6%9C%AD%E5%B9%8C ・桜×aibo 季節限定フォトスポット powered by 草月 いけばな草月流による桜を使ったaiboのフォトスポットを設置します。 aiboオーナーのお客様にはご自身のaiboを連れて来店いただくと、一足早く咲いた桜を背景にaiboと一緒に記念撮影することができます。 開催期間:3月23日(土)〜3月31日(日) 開催場所:1階 URL:https://ers.sony.jp/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000003PxRRUA0&p=%E6%9C%AD%E5%B9%8C <カメラや写真を楽しむイベント> ・2周年記念フォトコンテスト 講評会&ギャラリー展示 北海道をテーマとして実施されたフォトコンテストの講評会と表彰式を開催します。 また、ギャラリーでは写真家賞・特別賞・入賞作品の展示も行われます。 講評会・表彰式:3月30日(土) 13:00〜14:30 入賞作品展示:3月30日(土)〜4月11日(木) URL: https://www.sony.jp/store/retail/event/sapporo/photocon2019/ ※事前予約は不要です ・CP+2019連動イベント(要事前予約) ソニーストア内のαプラザでは、横浜で開催されたカメラと写真映像ワールドプレミアショー『CP+2019』と連動したイベントを実施します。デジタル一眼カメラαの瞳AFが体験できる撮影会や写真家によるトークショー、そしてギャラリースペースでは企画展を開催します。 ※各スケジュールの詳細は、αプラザ(札幌)のサイトにてご確認ください URL:https://www.sony.jp/ichigan/plaza/sapporo/ <音楽や映像を楽しむイベント> ・グラスサウンドスピーカー開発者トークショー(要事前予約) グラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」の発売を記念して、開発者トークショーを開催します。エンジニアとしてのこだわりや開発秘話を聞きながら、じっくりと試聴体験いただけるイベントです。 開催日時:4月6日(土) 15:30〜16:30 開催場所:2階 シアタールーム 定員:6名 予約URL:https://ers.sony.jp/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000003PxddUAC&p=%E6%9C%AD%E5%B9%8C ・フラッグシップヘッドホン体験会 ステージモニターヘッドホン「IER-M9/M7」、オーバーヘッドバンドヘッドホン「MDR-Z1R/Z7M2」などのハイエンドヘッドホンや新商品のSignatureシリーズ「IER-Z1R」をシアタールームにてじっくりと試聴ができるイベントでオーディオアドバイザーによる解説もいたします。 また、今回はテーラーメイドヘッドホンJust earの音質調整モデル「XJE-MH/ZX,WM1,Z1」の試聴機もご用意します。 開催日:4月7日(日) 13:00〜15:00 開催場所:2階 シアタールーム URL:https://ers.sony.jp/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000003Pxd9UAC&p=%E6%9C%AD%E5%B9%8C] ※事前予約は不要です ・丸美珈琲のコーヒーを楽しみながら体験する4Kテレビ 丸美の美味しいコーヒーを味わいながら、4Kテレビの美しい映像やYouTube動画の体験、Android TVの便利な音声機能をお試しいただけます。 開催日:開催日:3月30日(土)・31日(日)、4月6日(土)・7日(日) 各日11:30〜17:00 開催場所:1階 ブラビアコーナー URL: https://ers.sony.jp/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000003Pxd4UAC&p=%E6%9C%AD%E5%B9%8C ■ソニーストア 札幌 店舗概要 住所: 札幌市中央区南一条西3-8-20 営業時間:11時〜19時 URL:https://www.sony.jp/store/retail/sapporo/index.html Twitter:@SonyStore_Sap (https://twitter.com/sonystore_sap) 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/2-3-23/ [カテゴリー]Android [投稿日時]2019-03-14 17:17:00
Engadget Japanese
メルカリのスマホ決済「メルペイ」がQRコード決済に本日(3月14日)対応しました。まずiPhone限定で、Androidでも後日提供予定。コード決済可能な店舗は45万か所を予定しており、3月25日よりコンビニチェーンのローソンをはじめ、店舗で順次利用できるようになります。 これにより、タッチ決済の「iD」加盟店での利用(約90万か所)と合わせ、全国135万か所でメルペイを利用可能に。メルペイはタッチとQRコードの両輪で利便性を高める方針です。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/qr-iphone/ [カテゴリー]iPhoneAndroid [投稿日時]2019-03-14 17:10:00
Engadget Japanese
個性的なスマートフォンが登場している昨今、すっかりフツーのスマホには食指が動きません。というわけで今回レビュー用に取り寄せたのが、真性変態スマホ(失礼)と言っても過言ではない2画面ディスプレイ搭載スマホ「Vivo NEX Dual Display」です。多様性って大事ですよね。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/2-vivo-nex-dual-display/ [カテゴリー]スマートフォンvivo [投稿日時]2019-03-14 17:00:00
Engadget Japanese
Jens Schlueter via Getty Images スマートフォン用ゲームアプリ開発者にとって、無課金で遊び続けるプレイヤーの扱いは悩みの種の1つ。Googleはそうしたユーザーの顧客生涯価値(そのサービスを使い続ける上で投下する金額の総額)を高める事を狙った、新たな広告サービスを発表しました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/google-ai/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-03-14 16:00:00
GIGAZINE
2019年は次世代モバイル通信システムの「5G」や、折りたたみ式スマートフォンなど、新しいテクノロジーが登場する年となっています。そんなモバイル業界にとっても大きな変革の年となる2019年に登場する、Androidの次期メジャーバージョン「Android Q」のベータ1がついにリリースされました。Pixelシリーズの端末はAndroid ベータ プログラムに参加することでAndroid Qのベータ1が利用可能となります。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190314-android-q-beta/ [カテゴリー]スマートフォンAndroid [投稿日時]2019-03-14 14:00:00
Engadget Japanese
今年10月以降、ドコモ・au・ソフトバンクに続く「第4のキャリア」となる楽天は、楽天モバイルユーザーに自社回線への切り替えを案内しています。 関連: ・楽天、第4の携帯キャリアで新技術「ソフト更新で5Gに対応できる」 ・楽天が立ち上げるキャリアはどこが凄いのか? MWC19で三木谷社長が語ったこと 案内によると、本日(3月14日)午前10時以降に「楽天モバイル」を契約したユーザーには、10月より順次独自回線に対応したSIMカードを送付します。また、SIMカードを交換して独自回線に移行した後も、現行の料金プランや最低利用期間は引き継がれます。 なお、送付されたSIMカードに交換しない場合でも、MVNO(格安SIM)の楽天モバイル回線をそのまま利用できます。 上記の案内は本日以降に契約したユーザーが対象で、それより前に契約したユーザーには、後日詳細を案内するとしています。 楽天は10月以降、東名阪エリアの都市部から順次携帯キャリア(MNO)サービスを展開予定。それ以外の地域では2026年までの期限付きでau回線をローミング利用し、エリア化が完了した地域から順次独自回線に切り替える方針です。 あわせて、独自回線に対応する既存のスマートフォン・Wi-Fiルータの一覧も初めて公表しています。 <シャープ> AQUOS R2 compact SH-M09 AQUOS sense2 SH-M08 AQUOS sense plus SH-M07 AQUOS R compact SH-M06 AQUOS sense lite SH-M05 <ファーウェイ> HUAWEI nova lite 3 <OPPO> AX7 R17 Pro Find X <NEC> Aterm MR05LN
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/4/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-03-14 13:13:00
Engadget Japanese
Andoidの次期バージョン、Android Qのベータ版が公開されました。ベータプログラムに登録するとインストールが可能。現在の対象機種はPixel / XL、Pixel 2 / XL、Pixel 3 / XLのみとなっています。 Android Pでは、初期の公開テスト版は「開発者プレビュー」としてリリースされていましたが、Android Qでは最初(今回)からベータ版としての公開となっています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/android-q-1-pixel-q3/ [カテゴリー]Android [投稿日時]2019-03-14 12:30:00
Engadget Japanese
これまでアップル未発表製品の予測を的中させた実績ある有名リーカーが「まもなくProではない10.2インチiPadと、10.5インチiPadが発表される」とツイートし、話題となっています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/ipad-10-2-10-5-2/ [カテゴリー]iPad [投稿日時]2019-03-14 12:03:00
Engadget Japanese
Engadget 日本版 読者の方に日頃の感謝の意を込めてAmazonギフト券を毎日プレゼントする「毎日誰かに当たる!お題に答えてAmazonギフト券をゲットしようキャンペーン」。ご好評につき、まだまだ続けますよ。 こちらの企画は、Engadget 日本版 編集部のお題に正解した方の中から抽選で1名さまに1000円ぶんのAmazonギフト券をプレゼントするというもの。(だいたい)毎日お題を出題するので、当選のチャンスは(ほぼ)毎日です。 ※当選された方には1000円ぶんのAmazonギフトコードをTwitterのダイレクトメッセージでお送りします できるだけシンプルにご参加いただけるよう、解答の受付にはTwitterを利用しています。お題の答えをダイレクトメッセージで送信ください。 Twitterアカウントをお持ちであれば基本的にはどなたでも参加可能です。やり取りを円滑に行うため、Engadget 日本版のTwitterアカウントをフォローいただけるようお願いいたします。また、当選された方にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡を差し上げますので、ダイレクトメッセージが受信できるように設定しておいてくださいね。 回答の受付はお題の記事を掲載した時点からその記事が掲載された日の23:59まで。 さてさて、どんなお題が飛び出すのか。毎日お楽しみに! 2019年3月14日のお題: ワンセグ/フルセグ機能付きのスマートフォン/携帯電話を所持しているとNHK放送受信料の支払い義務が発生するというなかなか衝撃的な判決が最高裁で確定したようです。 自宅にテレビが設置してあって、受信料を支払っている人ならば特に問題ないお話でしょう。けれど、自宅にテレビがなくて、所持しているスマホがワンセグ/フルセグ対応という場合は注意が必要です。さらにテレビを観ないというのであれば、今後はワンセグ/フルセグ機能の有無が端末選びの重要なポイントになるかもしれません。 ちなみにNHKの放送受信料(地上契約)は、口座振替、クレジットカード継続払いの場合、月額1260円となりますが、12か月(1年)ぶんをまとめて支払うと1万3990円に割り引かれるそうです。 さて問題。NHKの放送受信料は、1年分をまとめて支払うと、毎月支払うよりもいくら安くなるでしょうか? 答えがわかった方は以下からどうぞ。ご応募お待ちしております。 毎日誰かに当たる!お題に答えてAmazonギフト券をゲットしようキャンペーン概要 応募条件 ・ご応募にあたっては当応募条件に同意の上ご応募ください。同意いただけない場合はご応募いただくことができません。ご応募をもって同意したとみなさせていただきます。 ・ご応募は、お一人様につき1日あたり1回限りとさせていただきます。 ・同一アカウントで複数回ダイレクトメッセージを送信しても応募は1回とさせていただきます。 ・Engadgetの運営会社の従業員および関係者の応募はご遠慮ください。 ・当選者には、『Engadget日本版』公式Twitterアカウント(@engadgetjp)よりTwitterのダイレクトメッセージにて、ツイートいただいたアカウント宛に当選通知をお送りいたします。 ・ご応募いただいたTwitterのアカウントを削除した場合は応募・当選の対象外となります。ご注意ください。 ※記入内容に不備、誤り、虚偽等があった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがございます。 ※当選された方と連絡が取れない場合、当選を無効とさせていただくことがございます。 ※当選発表は当選者の方のみにご連絡いたします。また、抽選・当選に関わるお問い合わせは一切お受けいたしかねますので、ご了承ください。 注意事項 •ご応募にはTwitterのアカウントが必要です。 •ご記入内容に不備がある場合は当選の権利が無効となることがあります。 •ご連絡が取れない場合は当選の権利が無効となることがあります。 •本キャンペーンの利用規約、Twitterが定める規約に反する不正な利用(架空、他者へのなりすまし、複数アカウントの所持など)があった場合、キャンペーン運営事務局にて予告なしに応募・当選を無効とさせていただくことがあります。 •抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。 •本キャンペーンの内容につきましてはキャンペーン運営事務局の都合により予告なく変更する場合があります。 •当選の権利は当選者様本人のみが行使できるものとし、第三者への譲渡(有償・無償を問わない)・換金を禁止させていただきます。キャンペーン運営事務局は譲渡・換金に関する一切の責任を負いません。 •本キャンペーンに関連して、ご応募いただいた方の個人情報を取得することはございませんが、その他データの取り扱いに関しては、下記リンク先ページをご覧ください。 個人情報保護方針 Oath利用規約
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/amazon-3-14-nhk/ [カテゴリー]ガジェットスマートフォン [投稿日時]2019-03-14 11:40:00
Engadget Japanese
サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田 哲也)が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、コンセント不要のUSB給電仕様で、コンデンサに蓄電し高出力を実現する「PRAC回路」搭載で最大出力36Wを実現したUSB PCスピーカー「400-SP082」を発売しました。   PCスピーカー(パソコンスピーカー・高出力36W・USB電源・テレビスピーカー・ハイパワースピーカー) 型番:400-SP082  販売価格:4,611円(税抜) 商品ページ:http://sanwa.jp/pr/400-SP082 本製品は、USBポートから電源を供給するUSB給電方式のスピーカーです。 パソコンやテレビに内蔵されたUSBポートから電源供給できるので、AC電源不要ですっきりと配線、設置ができます。 従来のUSB電源スピーカーでは出力することができない最大36Wの高出力を実現するため、内部に大型コンデンサを搭載しています。コンデンサ内に電力を蓄え、必要な場合に高出力を可能とする『PRAC(Power Reserving Amplifier Circuit)回路』を搭載しています。 音源出力は3.5mmステレオミニジャック接続で、パソコンやテレビなどの音声端子につなぐだけで音楽を楽しめます。BASS(低音)コントールを搭載し、お好みの音質に調整が可能です。前面に外部入力端子(AUX IN)搭載で、スマートフォンなどを手軽に接続して音楽を楽しむことができます。 深夜や周りに気を使う環境にも便利なヘッドホンジャックを搭載しています。電源ON・OFFスイッチ(背面)とボリュームコントロールスイッチを独立して設置し、電源をONにするだけでいつもの音量ですぐに楽しむことができます。スピーカー間のケーブルは約1.5mと余裕があり、テレビを挟んで設置することができます。 本製品のサイズは、約W98×D97×H208mmで、重量は約1.04kgです。 -------------------------------------------------------------- ★直販サイト『サンワダイレクト』(本店) https://direct.sanwa.co.jp/ ★プレゼン用品の直販専門サイト『モバイルグッズ屋』 https://mobile-goods.jp/ ★イチオシアイテムを動画でチェック! http://sanwa.jp/youtube ★サンワダイレクトはスマホページも充実! スマホで「サンワダイレクト」を検索 https://direct.sanwa.co.jp/top/CSfTop.jsp ★サンワダイレクト公式facebookファンページはこちら https://fb.me/sanwadirect ★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」 https://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html -------------------------------------------------------------- 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/36w-usb-4611/ [カテゴリー]ガジェットスマートフォン [投稿日時]2019-03-14 11:17:00
Engadget Japanese
日本時間3月14日未明より、FacebookやInstagram、Messenger、WhatsAppなどで不具合が発生しています。両サービスを運営する米Facebookは、障害の原因はDDoS攻撃ではないとしているものの、詳細はその後わかっていません。 障害発生当初は、画面にエラーメッセージが表示されたりしていたとの報告もあるものの、記事執筆時点でFacebookをPCブラウザーから確認したところでは、画面がまったく表示されなかったり、エラーは出ないもののヘッダー部分が表示されなかったりしています(症状は環境によって多少異なる可能性があります)。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/facebook-instagram-2019-3-14/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-14 11:10:00
Engadget Japanese
数あるAmazonタイムセールのなかでも、Engadget編集部が気になったアイテムをお届けします。 今回ピックアップしたのは以下の9アイテム。お得に購入できるうちにカートに入れちゃいましょう。スマホでご覧の場合、右側にスクロールします。 ¥ 1,274 価格: ¥ 1,680 (24% OFF) Nintendo Switch Joy-Con充電器【一年品質保証付き】ニンテンド... ¥ 2,549 価格: ¥ 3,299 (23% OFF) MOULEI 口腔洗浄器 携帯型 コードレス 充電式 IPX7防水 口臭対策 .. ¥ 1,019 スマホリング ホールドリング 薄型 ソフトシリコン スタンド機能 ... ¥ 2,638 価格: ¥ 3,162 (17% OFF) 山善(YAMAZEN) テーブル ミニ 折りたたみ式 サイドテーブル 幅50... ¥ 5,948 参考価格: ¥ 6,998 (15% OFF) デュアルコアチップ 4.3インチ64Bitハンドヘルドビデオゲーム.. ¥ 1,190 - ¥ 1,428 POLVCOG DT-A6 イヤホン インナーイヤー型イヤホン 高音質 マイ... ¥ 1,094 - ¥ 2,499 Bonai 充電式ニッケル水素電池 単3形 ¥ 25,499 価格: ¥ 29,999 (15% OFF) プロジェクター T26 with スポーツ ¥ 5,399 参考価格: ¥ 6,990 (23% OFF) 山善 トローリーハンガー アイボリー ハンガー2段 ハンガー2段仕様... ※本記事のセール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況が変化する場合があります。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/amazon-3-14-1274-nintendo-switch-joy-con-4/ [カテゴリー]ガジェット [投稿日時]2019-03-14 10:39:00
GIGAZINE
Facebookがアクセス障害によりしばらく接続不能となっています。さらに、Facebook傘下のInstagramやWhatsAppも動作が不調となっているようです。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190314-facebook-instagram-down/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-14 10:28:00
Engadget Japanese
ワンセグ(フルセグ)機能付きスマートフォンを持っているだけで、NHK受信料の負担義務が生じるという最高裁判決が下されました。 一方、ライフスタイルが多様化する今日においては、家にはチューナー非搭載のモニターだけを置き、動画はNetFlixやYouTubeで済ませている方も珍しくはありません。そんな方に向けて、ワンセグ機能を搭載しないスマホを、ドコモ・au・ソフトバンクの2018年秋冬(冬春)モデルから紹介します。 iPhoneは全モデル非搭載、意外にシャープ製も まずアップルのiPhoneシリーズはワンセグを搭載しません。Googleの純正スマートフォンPixelシリーズも同様です。シャープのAQUOSシリーズは非搭載のモデルも複数あります。サムスンのGalaxyシリーズは基本的にワンセグを搭載します。ソニーのXperiaシリーズも同様です。 SIMフリーに向けると、ファーウェイやASUSなど、大多数のメーカーは非搭載です。富士通製やソニー製など、一部ワンセグに対応するモデルもあります。 3キャリアのワンセグ非搭載モデルは下記のとおりです(2018年秋冬・冬春のみ) <ドコモ> ・iPhone XS / Max(アップル) ・iPhone XR(アップル) ・AQUOS sense2 SH-01L docomo with(シャープ) ・Google Pixel 3 / XL(グーグル) <au> ・iPhone XS / Max(アップル) ・iPhone XR(アップル) ・AQUOS sense2(シャープ) ・LG it(LG) ・URBANO V04(京セラ) (訂正:初出時auにPixel 3 / XLが入っておりましたが、未発売となります) <ソフトバンク> ・iPhone XS / Max(アップル) ・iPhone XR(アップル) ・AQUOS zero(シャープ) ・HUAWEI Mate 20 Pro(ファーウェイ) ・AQUOS R2 Compact(シャープ) ・Android One S5(シャープ) ・Google Pixel 3 / XL(グーグル)
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/1seg/ [カテゴリー]スマートフォンiPhoneAndroid [投稿日時]2019-03-14 09:30:00
スラド
maia曰く、 3月13日から14日にかけて、GmailやGoogle Driveで添付ファイル付きメールの送受信やファイルを開くといった操作が不安定になる障害が発生したり(Engadget日本版、ITmedia)、FacebookやInstagramでログインや投稿ができない不具合が発生していた(ITmedia)。TwitterとSRADは動いている。そんな一日。 GmailやGoogle Driveの障害については、13日午後3時13分付で問題が解決されたと報告されている。ビジネス向けのG Suiteでも障害が発生したことから「仕事にならない」との声も出ていたようだ。 すべて読む | ITセクション | Google | Facebook | インターネット | 関連ストーリー: niconicoで障害、復旧に7時間 2019年01月23日 ソフトバンクの通信網で大規模な通信障害、原因はEricssonの機器におけるソフトウェア障害 2018年12月07日 総務省 「平成29年度電気通信事故に関する検証報告」を公表 2018年10月02日 NTT東エリアでぷららが一時接続障害、DNSトラブルが原因? 2018年05月07日
[記事元] https://it.srad.jp/story/19/03/14/0516243/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2019-03-14 07:01:00
スラド
headless曰く、米ニューヨーク市警察(NYPD)では独自に開発した犯罪パターン認識ソフトウェアを用い、強盗事件や窃盗事件の捜査を効率化しているそうだ(AP News、The Verge)。 このソフトウェア「Patternizr」を開発したのは、NYPDの分析担当副警察委員長Evan Levine氏と、当時NYPDの分析責任者で現在はスタンフォード大学のスタンフォード計算政策研究所副所長Alex Chohlas-Wood氏。Patternizrは3つの教師あり機械学習モデルで構成され、手作業により識別された10年分の犯罪パターンデータを学習している。ニューヨーク市の過去の犯罪データを使用したテストでは、およそ3分の1で完全なパターンを再現でき、80%は少なくとも一部分のパターンを再現できたとのこと。人種による偏りが発生することを防ぐため、Patternizrでは犯罪パターンを調べる際に容疑者の人種を評価しないそうだ。 Patternizrを使用することで、手作業により過去の事件ファイルを調べて共通点を抽出していた従来のパターン識別と比べて大幅な効率化が可能となっただけでなく、各警察署の分析官は管轄地域外で発生した事件を含めたパターンを容易に入手できるようになった。2年かけて開発されたPatternizrは2016年12月からNYPDで使われているが、最近2氏がINFORMS Journal on Applied Analyticsで論文を発表するまで明らかにされていなかったという。NYPDではPatternizrの開発者が職員だったため、費用は最低限に抑えられたと説明しているとのことだ。 すべて読む | デベロッパーセクション | 犯罪 | 人工知能 | デベロッパー | アメリカ合衆国 | 関連ストーリー: アメリカ自由人権協会、国土安全保障省に顔認識技術の使用状況の公表を求める 2018年10月30日 IBMとニューヨーク市警察、人種を識別できる顔認識システム開発 2018年09月12日 ニューヨーク市警、2015年に導入した3万6000台のWindows PhoneをiPhoneに置き換えへ 2017年09月01日 モトローラ、米警官の装着するボディカメラに顔認識技術の導入を計画 2017年07月22日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/03/14/052253/ [カテゴリー]スマートフォンiPhone [投稿日時]2019-03-14 05:42:00
Engadget Japanese
3月14日のおもなできごと 1994年、「Linux Kernel 1.0」がリリースされる 2006年、レノボが「Lenovo 3000 C100 Notebook」を発売 2015年、ソニーがLDAC対応Bluetoothスピーカー「SRS-X33」を発売 2018年、東プレが「REALFORCE TKL」8モデルを発売
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/3-14-realforce-tkl-8-srs-x33/ [カテゴリー]Bluetooth [投稿日時]2019-03-14 05:30:00
Engadget Japanese
Insta360シリーズの新製品「Insta360 EVO」が発表されました! 先日ティーザーが発表されて何が出てくるんだ?とワクワクしていた人も多いことでしょう。 今までのInsta360シリーズは、その名の通り360度カメラがラインナップされていましたが、今回は"EVO(Evolution)"ということで進化して180度の立体撮影もできるようになりました。 静止画は約1800万画素の6080x3040ピクセルで、独自形式inspとdng(RAW)での記録が可能。動画は最高5760x2880ピクセル(5.7K)30fpsで、ビットレート最大100Mbps、insvだけでなくLog記録も可能です。 液晶モニタもなく操作自体はとてもシンプルですが、スマホアプリと連動すればタイマー、インターバル、HDRや、より高度なマニュアル設定などを活用しながら撮影できます。 折りたたみ機構を採用するため、360度カメラとしてはその分だけ厚みがあるので、本体横方向の近接撮影ではスティッチ精度が低くなります。 Insta360 EVO 360度動画撮って出し(5.7K 30fps) Insta360 EVO 180度立体動画撮って出し(5.7K 30fps) 180度立体モードではスマホアプリと付属の3Dグラスを使ってリアルタイムに立体感を確認しながら撮影でき、構図や距離感がつかみやすいです。 また、Insta360 EVOに合わせて裸眼立体視で楽しめるスマホケース「Insta360 HoloFrame」も登場しています。こちらは以前取材したMOPIC「SNAP3D」の技術を使用していました。(リリース文に追記され共同開発となっていました) レンチキュラーレンズによって裸眼立体視を実現しているのですが、近景では被写体がダブってしまうので、景色などの遠景を立体視するのに向いていそうな感じです。 ちなみにOculus GOなどのVRヘッドセットならば、かなり近景でもピントが合ってくれるので臨場感バツグンです! Oculus GO/Gear VR用アプリ「Insta360 VR」を利用すればInsta360 EVOとVRヘッドセットとが直接Wi-Fiで接続でき、カメラ内ストレージに記録されたコンテンツをダイレクトに再生できます。(HTC Vive Forcus向けは3月末リリース予定) ただし「Max Quality」画質で撮影した動画は画像と音声がズレる可能性があるため、「Storage Saver」画質で撮影するか、一度ヘッドセットに転送してから観ることをが推奨されます。 従来のInsta360シリーズ同様に「FlowState」手ブレ補正も搭載されていますが、撮影時に気をつけることは「水平を保つ」ことと「しっかり固定する」こと。これにより視聴時のVR酔いがだいぶ軽減されるでしょう。VR視聴環境がもっと手軽になれば、VRカメラも一気に普及しそうです。 なお、国内でのInsta360 EVOの発売は2019年4月12日。全国の家電量販店や各社オンラインショップ、Amazon、 SoftBank SELECTION オンラインショップなどで取り扱われるとのことです。参考までにSoftBank SELECTIONオンラインショップでの価格は5万6570円(税込)となっています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/360-180-3d-1-insta360-evo/ [カテゴリー]スマートフォンHTC [投稿日時]2019-03-14 00:00:00