サイバーガジェット研究所は日々サイバーなガジェットを研究する機関です。

さいばーがじぇっと研究所はサイバーガジェット情報を公開しています。
2019年4月 10日(水) の記事一覧
Engadget Japanese
数あるAmazonタイムセールのなかでも、Engadget編集部が気になったアイテムをお届けします。 今回ピックアップしたのは以下の9アイテム。お得に購入できるうちにカートに入れちゃいましょう。スマホでご覧の場合、右側にスクロールします。 ¥ 5,500 参考価格: ¥ 12,999 (58% OFF) REAK 2019年最新版 アイマッサージャー 目元マッサージャー 温... ¥ 5,264 参考価格: ¥ 6,580 (20% OFF) Seagate 1TB バックアップソフト付 ポータブル HDD 3年保証 外... ¥ 1,783 価格: ¥ 2,299 (22% OFF) ゲーミングキーボード 日本語配列 Siensync 2年安心メーカー保証 ... ¥ 7,649 参考価格: ¥ 28,000 (73% OFF) GPSスマートウォッチ 2019 最新 心拍計 ランニングウォッチ 上位... ¥ 2,099 価格: ¥ 2,799 (25% OFF) EWA A110mini ポータブルスピーカー Bluetooth TWS 【コンパク... ¥ 6,999 価格: ¥ 9,980 (30% OFF) ZIGLINT Z5 掃除機 コードレス サイクロン式 8000Pa強吸引力 1.... ¥ 2,549 価格: ¥ 2,999 (15% OFF) Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン マグネット搭載 CVC6.0 ... ¥ 34,012 参考価格: ¥ 37,800 (10% OFF) 山善 キュリオム 40V型 2K フルハイビジョン液晶テレビ (地上・B... ¥ 10,817 参考価格: ¥ 12,960 (17% OFF) bodum コーヒーミル BISTRO 電気式コーヒーグラインダー 1090... ※本記事のセール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況が変化する場合があります。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/04/10/amazon-4-10-seagate-1tb-hdd-20-off-gps-73/ [カテゴリー]Bluetoothガジェット [投稿日時]2019-04-10 18:38:00
Engadget Japanese
OPPOは中国・上海にて、新ブランド「Reno」のスマートフォンを正式に発表しました。 デュアルカメラ標準版「Reno」と、10倍ズーム対応の「Reno 10倍ズーム版」が発表されました。また、「Reno 5G版」も予告されています。 なお、OPPO Japanは「Renoシリーズの新製品」と「10倍ハイブリッドズームの新製品」を日本に投入すると表明しており、今回発表された製品が日本で発売されることになるものと思われます。 10倍ハイブリッドズームは、3つのカメラの画像を合成して、1〜10倍のシームレスなデジタルズームを実現したもの。10倍ズーム時でも800万画素相当の画質の写真を撮影できるとしています。 関連記事: OPPO、「10倍ズームスマホ」と「防水FeliCaスマホ」を日本に投入へ 光学だと何倍? OPPOの「10倍ハイブリッドズーム」を解説:週刊モバイル通信 石野純也 メインカメラには48メガピクセルのセンサー「IMX586」を採用。広角カメラとして120度広角の8メガピクセルカメラ、望遠カメラに13メガピクセルのカメラを搭載します。 望遠カメラはOPPOが「ペリスコープ構造」と呼ぶレンズ機構を採用。カメラ業界などでは屈曲光学系と呼称される技術で、35mm換算で160mmという望遠レンズを薄型のボディに収めています。 ▲作例では日本の風景も ディスプレイは「ノッチ」がない設計で、自動せり出し式のインカメラを備えています。インカメラでは美顔機能やポートレートモードを備えています。 そのほか、ドルビービジョンによる迫力のあるサウンド再生や、ゲームプレイ時の動作を最適化する「Game Boost 2.0」などの機能を搭載。独自の高速充電のVOOC 3.0をサポートします。 Reno 標準版は、チップセットにSnapdragon 710を搭載。メモリ、ストレージの容量とカラーが異なる3モデルを用意します。中国での販売価格は、6GBメモリ+128GBストレージモデルが2999元(約4万9600円)、6GB+256GBモデルが3299元(約5万4600円)、8GB+256GBモデルが3599元(約5万9600円)となっています。中国での出荷は4月19日より。 10倍ハイブリッドズーム版は遅れて5月上旬の出荷予定とされています。チップセットはフラッグSnapdragon 855を搭載。メモリ6GB 、ストレージ128GBという構成で、価格は3999元 (約66200円)です。 発表会では「One more Thing」としてOPPO Renoの"5G版"が披露されました。ただし「5G」と書かれたスマホの画像のみのチラ見せにとどまっていますが、10倍ズームに対応しているようです。詳細なスペックや価格は明らかにされていません。 OPPO Japanの公式Twitterアカウントは発表にあわせて「日本での発表は、もうしばらくお待ち下さいませ?」とツイート。近々案内されるものと思われます。 本日は上海で、#OPPO 新シリーズ"Reno"のグローバル発表会?? いよいよ"10倍ハイブリッドズーム"の世界の始まりです。 (o>ω<o) 日本での発表は、もうしばらくお待ち下さいませ? pic.twitter.com/h6N6G8V2Q1 - OPPO Japan (@OPPOJapan) 2019年4月10日
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/04/10/oppo-reno-10-5g/ [カテゴリー]スマートフォンSnapdragon [投稿日時]2019-04-10 16:45:00
Engadget Japanese
ASSOCIATED PRESS オンラインショッピングならアマゾン、音楽ストリーミングはSpotify、動画はNetflixで......といった風に、すでにスマートフォン上で大多数のユーザーが使う定番アプリの枠は決まっていて、ここ最近はまったく新しいアプリを入れた覚えがないユーザーも少なからずいるのではないでしょうか。 実際の統計データからもそのことが裏付けられているとする分析結果を、Huluの元CTOでFliboardにも関わり、現在はベンチャーキャピタル会社Kleiner Perkinsに在籍するEric Feng氏が報告しました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/04/10/app-store-30-5/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-04-10 15:50:00
Engadget Japanese
数あるAmazonタイムセールのなかでも、Engadget編集部が気になったアイテムをお届けします。 今回ピックアップしたのは以下の9アイテム。お得に購入できるうちにカートに入れちゃいましょう。スマホでご覧の場合、右側にスクロールします。 ¥ 3,719 参考価格: ¥ 14,980 (75% OFF) Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレスイヤホン 高音質 ブルートゥー... ¥ 1,850 参考価格: ¥ 8,246 (78% OFF) 【最新 USBメモリ 32GB フラッシュドライ 大容量 3.0 高速 3in1 ... ¥ 1,861 価格: ¥ 2,290 (19% OFF) Wellnice 外付けDVDドライブUSB 3.0 DVD CDプレイヤー ポータブ... ¥ 1,088 価格: ¥ 1,380 (21% OFF) Klearlook Samsung Galaxy S8 Plus用強化ガラスフィルム 「改.. ¥ 3,399 - ¥ 5,099 価格: ¥ 3,999 - ¥ 5,999(15% OFF) GLOTRENDS B20 アルミニウム&EVA保護スーツケースボックス ... ¥ 1,019 - ¥ 1,189 aibow タッチペン スマートフォン タブレット スタイラスペン iPad i.. ¥ 2,569 参考価格: ¥ 13,000 (80% OFF) PZX Bluetooth イヤホン【タッチ型】左右分離型 片耳でも両耳でも... ¥ 1,784 参考価格: ¥ 7,999 (78% OFF) 任天堂スイッチ ジョイコン グリップ (3個セット)【HEYSTOP】Nin... ¥ 3,229 参考価格: ¥ 5,299 (39% OFF) 掃除機 コードレス ASHATA 乾湿両用 ハンディクリーナー 充電式... ※本記事のセール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況が変化する場合があります。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/04/10/amazon-4-10-nintendo-switch-joy-con-78-off-1784/ [カテゴリー]BluetoothガジェットスマートフォンiPad [投稿日時]2019-04-10 14:06:00
GIGAZINE
Appleの新製品情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏により、液晶に代わってミニLEDを採用した新型iPadとMacBookがリリースされるという情報が明かされました。2019年発売予定の「16インチMacBook Pro」の登場が2021年に遅れるという情報は、メモの読み違えだったとのことです。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190410-macbook-rumor/ [カテゴリー]iPad [投稿日時]2019-04-10 13:10:00
Engadget Japanese
コンピューターセキュリティ企業Lookoutの研究者が、3月に発見されたAndroidを標的とするスパイウェア"Exodus"のiOS版を発見しました。ただし、これはまだApp Storeを通じて配布されてはいないため、被害はほとんど出ていないとのこと。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/04/09/exodus-iphone-app-store/ [カテゴリー]iPhoneAndroid [投稿日時]2019-04-10 12:30:00
スラド
財務省が紙幣(日本銀行券)を一新することを発表した(日経新聞)。発表された新紙幣は2024年度上半期より流通が開始される模様。紙幣は概ね20年ごとに刷新されており、前回の紙幣デザイン変更は2004年。そのため2024年というスケジュールが決まったようだ。 一新されるのは1000円および5000円、1万円札。2000円札については現行のままで変更はないという。券面に印刷される肖像には1000円札では北里柴三郎、5000円札では津田梅子、1万円札では渋沢栄一が選ばれた。 新紙幣の流通に応じて、自動販売機や両替機、ATMなどでは対応が必要となる。これらによる経済効果も期待されているが、こうした現金利用のためのコストがキャッシュレス決済普及の追い風になるとの声もあるようだ(日経新聞)。 いっぽうでネットでは、公開された「新紙幣のイメージ」について賛否両論が出ている(ITmedia)。特に額面を示す文字で使われているフォントがゴシック体のようになっている点が大きく話題となっている。 すべて読む | お金 | 関連ストーリー: 英中央銀行、50ポンド新ポリマー紙幣の肖像になる科学者の人気投票を実施 2018年11月04日 ハイパーインフレのベネズエラ、紙幣不足で電子マネーの普及が進む 2018年02月22日 中国、偽札対策として新100元札を発行へ 2015年08月15日 財務省が来年5月から発行する新5千円札や紙幣識別iPhoneアプリを発表 2013年12月04日
[記事元] https://srad.jp/story/19/04/10/0937227/ [カテゴリー]iPhone [投稿日時]2019-04-10 09:56:00
スラド
最近ではM.2接続SSDの価格も下がっているそうで、そのためSATA接続のストレージを使わない「ゼロSATA」構成が注目されているそうだ(ITmedia)。 M.2接続SSDはマザーボードに直接接続でき、電源を別途接続する必要がないためケース内がすっきりする。最近ではNVM Express(NVMe)に対応したM.2接続SSDも増えているそうで、性能面でのデメリットも少ない。最近ではM.2インターフェイスを複数備えるマザーボードも多く、さらに光学ドライブの需要も減っていることからSATA接続機器を一切使わない「ゼロSATA」が現実的になっているという。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ | 関連ストーリー: 2023年でもSSDの容量単価はHDDの7.7倍との予測 2019年02月08日 2.5インチSSDの値下がり続く、120GBが税込1,380円とUSBメモリ並みに 2019年02月05日 マザーボード交換も可能な携帯ゲーム機型PC 2018年09月26日 小型フォームファクタ「Mini-STX」、マザーボードの単体販売開始 2016年09月20日 SSDを接続できるDDR3 DIMM、発売へ 2015年06月29日
[記事元] https://hardware.srad.jp/story/19/04/10/0652232/ [カテゴリー]SSDM.2Mini-STX [投稿日時]2019-04-10 09:10:00
GIGAZINE
位置情報や閲覧履歴といったユーザーデータは、スマートフォンをより便利に使いやすくするために活用することができる一方で、使い方を誤ったり執拗にデータを収集したりすれば、ユーザーからの反感を買うことにつながります。Googleアプリがたとえ位置情報を無効にしても場所データを追跡・収集し続けていると判明したことで、Googleは「違法な追跡だ」と提訴されたり、ノルウェーの消費者団体から批判されたりと、マイナスの評価を集めました。長年疑問視されていたデータ収集と消費者のプライバシーに関する倫理について、オンラインの出版社団体Digital Content Nextが、消費者たちがどのように感じているか調査を行いました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190410-google-privacy/ [カテゴリー]スマートフォン [投稿日時]2019-04-10 08:00:00
スラド
headless曰く、Microsoftは8日、ChromiumベースのMicrosoft Edgeプレビュービルドを正式に公開した。特設サイトで登録した人には電子メールで通知が送られている(ダウンロードページ、Windows Experience Blog、Microsoft Edge Blog、Microsoft Tech Community、OSDN Magazine)。 現在入手可能なのはWindows 10向けで、週1回更新されるDev Channelと毎日更新されるCanary Channelの2種類。タレコミ時点でのバージョンはDev Channelが74.1.96.24、Canary Channelは75.0.121.1だった。6週間ごとに更新されるBeta Channelは準備中となっている。Windows 7/8/8.1/macOS向けも準備中だが、Windows 7でWindows 10向けバージョンのインストールや実行がブロックされることはなかった。 ChromiumベースのMicrosoft EdgeではChromeと同様に設定の言語オプションでUIの表示言語を切り替えられるようになっているが、言語を追加しても表示言語に設定することはできなかった。タブのスクロールボタンや開いているすべてのタブを保存・復元するボタンは削除されており、タブを大量に開くと細くなっていくのはChromeと同様だ。 先日リークしたビルドで話題になったIEとの統合機能だが、該当するフラグは「Enable IE Integration」としてCanary版にのみ用意されている。有効にするとメニューの「More tools」に「Show this page using Internet Explorer」という項目が追加されるが、選択してもIEがMicrosoft Edgeとの統合をサポートしていないバージョンだと表示されるのみで、やはり現在のところ動作しないようだ。Windows 10 Insider Previewの最新ビルド(19H1/20H1)で試しても同様だった。このほかCanary版では「Enable enhanced hang resistance for IE Integration」というフラグも存在し、IEモードでのハング耐性を強化すると説明されている。 すべて読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ | インターネット | Chromium | デベロッパー | 関連ストーリー: ChromiumベースのMicrosoft Edge、IEタブの表示に対応か 2019年03月30日 ChromiumベースのEdgeブラウザがネットに流出 2019年03月27日 「MozillaはChromiumを採用すべき」とMicrosoftの幹部が個人的な立場で提案 2019年01月30日 Microsoft、特設サイト「Microsoft Edge Insider」をオープン 2018年12月23日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/04/10/0512237/ [カテゴリー]Tegra [投稿日時]2019-04-10 05:50:00