サイバーガジェット研究所は日々サイバーなガジェットを研究する機関です。

さいばーがじぇっと研究所はサイバーガジェット情報を公開しています。
Gram| 最新のニュース
OSDN オープンソースプロジェクトニュース一覧
Release 6.7.1 introduces new smart extraction to new folder, keeping the extra nesting level only if needed, and improves multiple archiving and extraction from a single instance. 7z backend is updated to 19.00 version. 188 file extensions are currently supported. PeaZip is a file manager and archive manager utility (compress and decompress files, backup data), focused on security and data protection, Free Software replacement for WinRar, WinZip, and similar applications. Create (compress to) 7Z, BZip2, GZip, PAQ, PEA, TAR, WIM, XZ (LZMA2), ZIP files, SFX self-extracting archives, and spanned archives (001 split files) Open, browse, decompress/extract RAR/RAR5, ACE, APPX, APK, ARJ, CAB, DMG, IPA, ISO, JAR, LHA, MSI, UDF, ZIPX files and more... Built-in archive conversion: convert or consolidate existing archives, from any read-supported to any write-supported type, e.g .rar to .zip or .7z conversion; repair FreeArc .arc archive format. The program provides strong encryption with optional two factor authentication (encrypt with password and keyfile), encrypted password manager, random password / keyfile generation, secure data deletion (files, folders, free disk space), hashing and checksum functions. Released as LGPLv3 software for Microsoft Windows (XP, Vista/7/8/10, 32 and 64 bit; ReactOS and Wine), GNU/Linux, and BSD systems - experimental Linux for ARM (ChromeOS, Android) version is available. DOWNLOADS PeaZip http://www.peazip.org PeaZip Add-ons and Plugins http://www.peazip.org/peazip-add-ons.html SUPPORT Online Tutorial http://www.peazip.org/peazip-help.html Frequently Asked Questions http://www.peazip.org/peazip-help-faq.html Change log http://www.peazip.org/changelog.html Facebook https://www.facebook.com/pages/PeaZip/21089924985 Twitter https://twitter.com/peazip_software RSS Feeds https://osdn.jp/projects/peazip/releases/rss Translations are available in 30 languages, help is welcome to translate the application to new languages and maintain current localizations, so please give a look to translations page https://github.com/giorgiotani/PeaZip-Translations/releases
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/peazip/news/25973 [カテゴリー]AndroidGram [投稿日時]2019-03-17 23:28:06
OSDN オープンソースプロジェクトニュース一覧
本日から Ring の開発で使用されているProgramming Without Coding Technology (PWCT) 1.9 のローカライズ(文字化けの修正、ユーザインタフェースの日本語化、ファイルパス処理の修正なと)を試みようとしましたが、入手の難しい Microsoft Visual FoxPro が必要なため、正式に断念させていただきます。 なお、唯一の正規入手方法である MSDN への加入は予算と通信環境の都合で困難です。また、諸事情によりオークションでの落札も考えていません。ご了解願います。 追記: PWCT 1.9 は日本国内ではほとんど知られていませんが、海外ではかなり有名な老舗のビジュアルプログラミング環境です(今でも月間で数千から数万ダウンロードされています)。設計上の問題で日本語環境では不具合が多いため、日本では全く普及していません。 Visual FoxPro のオープンソース化、あるいは PWCT 2.0 の公開を待つしかないようです。
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/ring-lang-081/news/25967 [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-16 20:50:36
Engadget Japanese
ここは北海道、ニセコ。世界有数のスノーリゾートです。さらさらとしたパウダースノーでスキー・スノボを楽しむため、世界各地から観光客がやってくるこの地で、Apple Watchを使ったスキーにトライしてみました。 ■便利なのは電車に乗るときだけじゃない 今回試したアプリ「snoww」は、スキーやスノーボードで滑走した記録を残せるほか、SNS機能も備わっていて仲間と楽しめるようになっています。 Apple Watchを使った記録は簡単。ゲレンデでスキーを始めるまえに、「記録スタート」のボタンを押すだけです(「Hey,Siri スキーをしよう」とSiriでも起動できます)。後はApple Watchをつけたまま滑っているだけで、自動で記録しつづけます。 優秀なのが、スキーの滑走本数を自動で識別してくれるところ。リフトで山の上まで上って、下まで滑走したのを1本として、滑走ごとの記録を表示できます。 ▲リフトに乗っている間などに「今の滑りはどうだった?」と振り返れます 普段はあまり運動せず、スキーも久しぶりの筆者でしたが、滑りやすいニセコの雪に挑んでいるうちに、なんとか勘を取り戻し、最後は難し目のコースにも挑戦しました。 滑走の記録はiPhoneに自動で同期され、詳細な内容を見ることができます。滑走した回数や速度、高度といった情報はもちろん、自分の身長と体重の情報をもとにした滑走時の消費カロリーなども表示されます。 ?????? また、Series 4なら滑走時の心拍数も常時取得されておあり、グラフとして表示できます。特に興味深かったのが地図上で経路を表示しつつ、そのときのスピードや心拍数を色で表示できる点。そのマップを見ているだけで「あの地点は狭くて急な道だったから特に注意していたな」とか「あの道は予想以上に凸凹していて焦ったな」といったように、滑った時の状況を自然とふり返っていました。 ただ「滑走の記録」ができるだけではない、というのもsnowwのポイント。snowwはスキー・スノーボードで滑った他のユーザーに公開できるコミュニティでもあるのです。 ▲snowwアプリ。滑走情報に写真をつけてシェアできます 滑走記録はInstagramのようなタイムラインで表示され、スキー場で撮った写真をつけることもできます。スキーの記録をつけて回数や速さを競ったり、スキー旅行の思い出として残したりといった風に使えます。 また、これはiPhoneアプリの機能ですが、フレンドに登録した人がsnowwを起動して滑っているとき、iPhoneのAR機能を使ってその人の方角と距離を表示する機能があります。はぐれてしまった時には便利ですね。 ■連絡ツールとして有能な「トランシーバー」 iPhoneにはなくてApple Watchだけに搭載されている、そんな機能がいくつかあります。その1つが「トランシーバー」。これは、押している間通話できるという、いわゆるPush-to-Talkアプリです。トランシーバーアプリの通話はFaceTimeとおなじ仕組みを使っており、iPhoneの連絡先に登録されたApple Watchユーザー同士で通話できます。 このトランシーバーアプリ、スキーで活用して特に便利だと感じたのは、1人乗りのリフトに乗っているとき。前後のリフトに乗っている同行者と会話して、「リフトを降りたら右側で待っていて」といった連絡を取ることができます。 スキー場のリフトではスマホを落下させると厄介なことになるため、気軽に出すことはできません。その点、Apple Watchだけで使えるトランシーバーアプリは特に適したシーンと言えそうです(ただし、Apple Watchを操作するために外したグローブを落とさないように注意!)。 ▲スマホを出すと落としそうなリフトでは特に便利 お詫びと訂正(2019/03/17 20:00) 初出時、トランシーバーで「グループ通話が可能」としていましたが、これは誤りです。1対1通話のみに対応し、同時に複数の人と話すことはできません。お詫びして訂正いたします。 ■つながってるけど、集中できる Apple Watchはスマートウォッチなので、iPhoneの通知ももちろん表示されます。この「スマホを出さなくても通知が表示される」というのは地味なメリットですが、意外と重要かもしれません。 筆者のスマホには仕事上のメッセージやプライベートのLINEなどいろいろな通知が表示されますが、Apple Watchがぶるっと震えたら一目見て「これは反応するべきだ」という通知が来たときだけiPhoneを取り出すといった動きをすれば無駄がありません。スキー中にスマホを出せるシーンは限られているので、これも便利な機能と言えます。スキー中まで仕事のメッセージに拘束されたくはありませんが、恋人からのメッセージはなるべく早く返したいですからね......! ▲最高速度更新の通知がくるとちょっとうれしい ■いつもの運動もスキーも活動記録に 運動の記録は、アップル純正の「アクティビティ」アプリでもまとめて確認できます。アクティビティアプリには「アクティビティリング」というゲージがあり、毎日の運動量の目標を意識できます。 アクティビティリングは毎日の活動を「ムーブ(動いているか)」「エクササイズ(運動しているか)」「スタンド(立っているか)」の3つの視点で円グラフ上で示したもので、日頃のウォーキングなどのスキー以外の活動も記録できます。 スキーで激しく運動したこの日には、「エクササイズ」のリングが9周回転する表示(=日頃の目標の9倍を達成)になりました。目標達成が視覚的に見え、「運動した感」も深まります。 ▲リングを眺めて「運動した!」と悦に入るのも良いもの ■他のスキーアプリも試してみた Apple Watchでスキー・スノボの記録を撮れるアプリはsnowwだけではありません。日本のスキー場コミュニティサイト「Snoway」も滑走記録アプリを提供しています。このアプリは日本のスキー場の情報を詳しく記録できるのが強みと言えそう。 ニセコには4つのスキー場がありますが、その中から実際に滑った「ニセコマウンテンリゾート グランヒラフ」というスキー場名をあわせて記録できます。なお、滑走開始時にスキー場を選択するため、Apple Watchでの滑走開始操作はsnowwよりもワンステップ多くなります。 ▲Snoway。日本製だけにスキー場を正確に記録できるほか、天候や雪質のメモ欄もあります ワークアウト記録アプリ「Zones」もApple Watchを使ったスキーの記録に対応します。こちらはスキー専用のアプリではなく、水泳や、ダンスやフェンシングに車いすランニングまでさまざまなアクティビティの記録に対応するアプリです。専用アプリでは無い分、その分記録される内容は薄めで、スキー場などの情報はなく、消費した活動量の記録が中心となります。ただし、「アクティビティ」を利用する他のアプリの(たとえばsnowwやSnoway)の記録も一覧で表示できるため、閲覧用に利用すると良さそうです。 ▲Zones。さまざまな活動の記録ができるアプリ。snowwなどの他アプリで記録した情報の閲覧に使うのも良さそうです??? ■スキーを記録する仕組み 先ほど紹介した3つのアプリ、snoww、Snoway、Zonesは、実はすべて同じ仕組みを使ってスキーの活動量を計測しています。iPhone/Apple Watchの活動量計測の仕組みは、Appleが開発し、アプリ開発者に利用しやすいAPIとして提供されています。 Apple Watchでは、サッカー、テニスといったメジャーなものから、水泳やヨガ、そしてスキーやスノボまで、さまざまな運動のデータを記録できます。その中でもウォーキング、ヨガ、スイミング、スキー、スノボといった運動はアルゴリズムで運動を検出し、消費カロリーなどの詳細なデータを計測できるようになっています。 ▲「スキーをしている」と判断するアルゴリズムはAppleが開発し、アプリ開発者に提供しています 加速度センサーの情報などから「今どんなアクティビティをしているか」を判別するわけですが、その判別アルゴリズムには、AI(この場合は機械学習)の技術を活用して作られています。Appleはその判別アルゴリズムを独自に協力者を募ってデータを収集したと公表しています。活動データも大切な個人情報なので、購入者のデータを使うようなことはしない、というわけです。 特にスキー・スノーボード用のAPIについては、Appleは、初心者からエキスパートなど様々なレベルのスキーヤー、スノーボーダーと250日分のデータを記録する研究を行い、1000滑走以上を分析して開発したといいます。 実のところ、筆者は今までスマートウォッチをあまり使いこなせていませんでした。Apple WatchではSuicaを登録して改札をピピっとできるのに便利さを感じていますが、おおよそ「デザインを変えられる時計」という認識でした。 しかし、実際に使ってみるとその印象は覆りました。最新のApple Watch Series 4はハードウェアこそ正統進化といえるものにとどまっていますが、ソフトウェアの飛躍的な進化により、一味違った時計になっていました。 普段はビジネスシーンでも使える時計ながら、バンドを付け替えればランニングやジムでのトレーニングから、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツまで活用できる。そうした万能さもApple Watchの魅力と言えそうです。 ??????▲Apple Watchがあれば、ウインタースポーツもさらに楽しくなりますね。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/15/apple-watch/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2019-03-16 12:00:00
スラド
Googleは13日、Android Q Beta 1およびプレビュー版SDKを公開した(Android Developers Blogの記事)。 Android Qでは折りたたみ型ディスプレイのサポートに必要なAPI変更や、アプリ内でシステム設定画面を表示可能なSettings Panels APIの追加、プライバシーやセキュリティの強化、メディア関連の強化などが行われる。 プライバシーやセキュリティの強化点としては、アプリにバックグラウンドでの位置情報取得を許可するかどうかをユーザーが選択可能になり、バックグラウンドからのアクティビティ開始はブロックされる。また、異なるWi-Fiアクセスポイント接続時のMACアドレスランダム化がデフォルトで有効になるほか、新しいWi-Fi標準規格のWPA3およびEnhanced Openがサポートされるとのこと。隠しAPIの使用制限も拡大されている。 メディア関連の強化点としては、JPEGイメージと深度メタデータを含むDynamic Depth Format(DDF)がサポートされるほか、AV1やOpusといったコーデックのサポート追加、HDR10+のサポート、C/C++コードでMIDIデバイスと通信するAndroid Native MIDI API(AMidi)の追加、Vulkanサポートの拡大などが挙げられている。 現在、Android Q BetaでサポートされるデバイスはPixelスマートフォン3世代のみ。これらのデバイスでAndroid Q Beta ProgramにエンロールすればOTAでAndroid Q Betaが配信される。システムイメージのダウンロードも可能だ。サポートされるデバイスを所有していない場合は、Android StudioのSDK Managerでエミュレーター用のシステムイメージをダウンロードすればテストできる。 すべて読む | ITセクション | アップグレード | デベロッパー | Android | 関連ストーリー: Android Pは「Pie」 2018年08月08日 Android P Beta 3の提供が始まる 2018年07月05日 Android P Beta 2、グリーンサラダの絵文字からゆで卵が消える 2018年06月09日 Android Pのベータプログラム、対応端末が大幅に増加 2018年05月12日 Android O Developer Preview 4に「Octopus」が出現 2017年07月29日 Android OのAPIがDeveloper Preview 3でファイナル版に、Google Playでのアプリ公開も可能となる 2017年06月11日 Android Oのパブリックベータ版とAndroid Studio 3.0のCanary版が公開 2017年05月20日 Google、Android Nougatのベータプログラムを終了し、Android「O」を準備 2017年05月10日 Android 「O」初の開発者向けプレビュー版が公開される 2017年03月23日 Google、次期Android「N」のDeveloper Previewをリリース 2016年03月12日
[記事元] https://it.srad.jp/story/19/03/16/0552259/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGram [投稿日時]2019-03-16 08:18:00
Engadget Japanese
2020年の米大統領選挙への立候補を表明している米民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が、GAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)を分割すると公約した件について、初来日したInstagram(Facebook傘下)の責任者、アダム・モッセーリ氏は『あまり不安視はしていない』とコメントしました。 ウォーレン上院議員は、巨大になりすぎたGAFAが、他のイノベーションを阻害していると問題視しています。 例えば、プラットフォームを提供する側でありながら、自社もそのプラットフォームを使ってビジネスを展開し、他社に比べて有利な条件で事業を展開している点。そして、FacebookがInstagramの買収によってSNSの寡占を招いていることなどが、業界の競争を違法に生じにくくしているとして、こうした状況をなくすための「GAFA分割」を公約として掲げています。 この流れについてアダム氏は『(大統領選に出馬を表明している候補者が)私達のプラットフォームであるInstagramとFacebookを分離するという主張をしているが、あまり不安視はしていない。大切なのは安全性。FacebookとInstagramは一体であるほうが安全である』とコメント。 Facebookでアカウントの悪用を検知すると、同じ会社であるInstagramでも連動して対処される点を挙げ、一緒だから安心安全なプラットフォームであり続ける可能性が高いと語りました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/15/gafa/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-15 17:10:00
Engadget Japanese
3月12日にオープンした「Galaxy Harajuku」。地下1階から6階までフロアがあり、Galaxy端末の体験の購入はもちろんのこと、GalaxyのカメラやVRなどテクノロジーを活用した体験ブースも楽しめます。早速Galaxy Harajukuの全フロアを回ってみたのですがめちゃくちゃ楽しかったです。ガジェットや写真が好きな人のために現れたテーマパークだと思います。 ■関連記事 Galaxy Foldが内側にたためるのは「ケータイだから当たり前」サムスンCEO DJ Koh氏インタビュー 「Galaxy Harajuku」グランドオープン、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」も展示中! 1000台のGalaxy Note9がビルを照らします Galaxy Harajukuの壁 Galaxy Note9が1000台貼ってあるんです!なんて高価な電飾なのでしょうか? pic.twitter.com/E8XnBcX4vS - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 各フロアの見どころを紹介していきますが、その前にお伝えしたいのが、デザイナー吉岡徳仁さんが手掛けた施設の外観。「Media Surfaceー浮遊する光のレイヤー」というコンセプトで1階から4階までのガラス窓に「Galaxy Note9」を1000台設置しており、ディスプレイの発色でGalaxy Harajukuを照らします。 かなり下衆な計算ですが、端末価格約12万円のGalaxy Note9が1000台ということは約1億2000万円です。原宿に来たならば施設内に入らなかったとしても、このとてつもなく高価な電飾を拝むべきだと思います。 ■地下1階 カスタマーサービス&月面旅行 このフロアでは店頭で試して気に入ったGalaxy端末を購入できます。受け付けているキャリアはドコモとauです。「Galaxy Watch」やGalaxyの純正ケースなども購入できます。 また、Galaxy端末の修理サービスも受け付けています。修理専門のスタッフが常駐しており、修理開始から1時間程度で修理完了するとのこと。現在はauかドコモで契約している端末のみです。 ■受付可能端末 S7Edge・S8・S8+・Note8・S9・S9+・Note9・Feel・Feel2 ▲Galaxy Harajukuオープンを記念してGalaxy S9・S9+・Note9のオリジナルカバーを無料で作成できる機械も設置されています ▲作成したオリジナルカバー!きゃわいい! 彼は月を歩いています Galaxy Harajukuの地下に行きましょう!あなたもアームストロング船長になれます pic.twitter.com/cffQg0NHw3 - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 フロア奥にある「Mission to Space」というブースでは、VRで月面を歩く体験ができます。映画「ファースト・マン」で月へのロマンが急上昇中の人におすすめです。 ■1階 限定グッズと折りたたみスマホ 1階ではGalaxy端末のタッチ&トライコーナーやグッズコーナーを展開。話題の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」も展示されています。実機に触れてディスプレイを曲げることはできませんが折り畳まれた端末の外観や7.3インチの有機ELディスプレイは十分堪能できます。 ▲Galaxy Harajuku限定のトートバック。2052円也! 限定グッズもあります pic.twitter.com/pVhBNRrdZg - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2019年3月12日 ▲Galaxy Fold ▲Galaxy Harajukuに展示されているGalaxy Fold ■2階 原宿に穴場カフェが降臨! 2階奥にあるカフェスペースは80席ありFREE Wi-Fiも完備。カラフルなエクレアや限定のドリンクを楽しめます。原宿のカフェとして考えると、ゆったりとした店舗設計のわりにエクレアは580円〜、コーヒーは420円〜とかなりリーズナブル! 人気のカフェになること間違いナシです。 ▲安定の「映え」を保証するカラフルなエクレアは全9種類 ▲椅子やテーブルの配置はかなりゆったりしています ▲2階には、スマホで操作するレゴのプログラミングロボット「マインドストーム」を体験できる「Kids Zone」もあります Galaxy Harajukuの二階ではLEGOの猫ちゃんの歌声を楽しめます?https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/qc9lyyPpeF - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 ■3階 オリンピック&サムスン端末の歴史に触れる 3階ではサムスンがこれまで製造してきたモバイル端末の歴史を振り返る展示コーナーがあります。さらに、長野オリッピックからつづくサムスンとオリッピックとの歩みをグッズやトーチなどと共に感じることができます。 Galaxy Harajuku三階。Galaxy 10までの歴史的な端末がずらりと揃っています! pic.twitter.com/KnbpN0jO2d - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 Galaxy Harajukuの三階ではオリンピックとサムスンの歩みを振り返れますhttps://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/RqEkTLJ6JF - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 ■4階 自分のインスタ垢に包まれる狂気の世界 私がGalaxy Harajukuで一番心揺さぶられたのが「Sosial Galaxy」というブース。自分がこれまでInstagramに投稿した写真とコメントが曲面のディスプレイウォールに表示されるアトラクションです。説明だけきくと「あ〜こんなこともあったなあ、懐かしいなあ」とつぶやきながらしじみじみと写真を見る体験かなと想像してしまいますが、実情はまったく違いました。 Galaxy Harajukuで一番ヤバかった空間がコチラ!!! 自分Instagram垢に投稿した写真とコメントが壁いっぱいに投影される部屋です?エヴァの最後らへんみたいな気分になりますう?ううう、、、https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/EyWrG1VmEn - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 SNSに投稿する際には、自分の本音とはまた違ったアングルで1種のキャラを作って演じている人も多いかと思います。私のInstagramのアカウントは自己顕示欲や承認欲求から来る友人との写真や食べ物投稿と、「皆が皆が皆が皆」をはじめとする自分的には愉快だと思う怪文書的なコメントが占めています。 そこで形成された本心とは違ったもう1つの自我が、情報の波となってド〜ッと自分に逆流するのです。加えて、無機的でいて心のノイズを具象化したような謎のアナウンスがフロア全体に響きわたる演出も体験の臨場感を高めます。このエクストリームな形式での自己との遭遇はGalaxy Harajukuに来たのならば絶対に体験してほしいです。 ■5階 リッチな常設VRランドが出現! 5階はHMDを被ってVRの世界を堪能できるアトラクションが2つあります。「Racing VR」では本格的なハンドルとアクセルを駆使してカーレースができます。操縦する車体の動きに合わせてシートがグワングワン揺れるので臨場感は抜群です。「4D Theater」は「Galaxy Gear VR」を装着して4D映画のワンシーンを切り取った映像体験を楽しめます。 VRでレーシング中! アクセルベタ踏みで無邪気な笑みが満開ですhttps://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/oaQYcNiL4O - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 24台ずらりと並んだVRコースター みーんな楽しそう?https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/CEGrqC99Hr - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 ■6階 最高のフォトスタジオでGalaxyの「映え」を体感 6階で注目で一番感動したのがGalaxy Note9のスロー撮影を体験するブース。Galaxy Note9の脇にあるタブレット操作で被写体を照らすライティングのカラーを変更でき、シャボン玉や風を流すことができます。リボンや風車、ボールなどを用意。それらと組み合わせてアクティブなスロー撮影を楽しめます。動きが細ければ細かいほど、スローで撮影した動画が楽しくなります。Galaxy Note9のカメラ機能を最大限に満喫するならココは外せないですね。 Galaxy Harajukuの6階 映えるスローモーション撮影ブース。シャボン玉がふわふわしてます!どんな動画になるのかしら?https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/90V8AgAuMz - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 Galaxy Harajukuの6階 スーパー・スローモ・ブースでは4つのパターンでライティングを設定できます!「映え」に対する意識の高さたるや?https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/jD52I9TAzR - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 スーパー・スローモ・ブースで撮影した動画がこちら!https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/Ihtl6n6Sem - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 そのほか、6階にはトランポリンやVRアトラクションもあります。 VRでウィンタースポーツ「スケルトン」を体験するお姉さんhttps://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/FO6TcTp7KH - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 Galaxy HarajukuのJumping Challenge トランポリンでジャンプしてカロリーを燃やします?https://t.co/o5Wpte9k9o pic.twitter.com/OsGtxZ70wM - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 スーパースローモーションで撮影したおもちゃのレース風景!迫力がスゴイ! pic.twitter.com/f85Tr7wHpb - 田沢梓門?EngadgetJP (@samebbq) 2019年3月12日 ここまでスクロールして頂きありがとうございます。「Galaxy Harajuku」地下1階〜6階までザッと紹介しましたが、如何に充実したガジェットテーマパークなのかがお伝えできたかなと思います。子供連れのファミリーやデート、ぼっち、、、、。これだけ巨大な施設なのでどんな状況で行ったとしても楽しめるブースがたくさんあるかと思います。 ■施設情報 Galaxy Harajuku  営業時間 11:00〜20:00(月〜日) 住所 東京都渋谷区神宮前1丁目8番9号原宿宝エステートビル 店舗URL https://www.galaxymobile.jp/explore/experience/galaxy-harajuku/
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/15/1-galaxy-harajuku/ [カテゴリー]ガジェットsurfaceGram [投稿日時]2019-03-15 17:00:00
GIGAZINE
日本時間の2019年3月14日にFacebook&Instagramでアクセス障害が発生し、AppleのiCloudでも大規模なシステム障害が発生しましたが、これらよりも一足先の3月13日に、Googleの企業向けGmailやGoogleドライブでシステム障害が発生していました。このシステム障害の原因をGoogleが解説しています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190315-google-cloud-storage-incident/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-15 14:00:00
Engadget Japanese
3月14日に、Facebookとその関連サービスで発生した世界規模の障害は、Facebookによるとサーバーの構成変更を実施した結果発生したとのこと。Faebookは「大変な不便をおかけして申し訳ありません。皆様の忍耐に感謝します」と述べています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/14/facebook-instagram-14/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-15 08:50:00
Engadget Japanese
日本時間3月14日未明より、FacebookやInstagram、Messenger、WhatsAppなどで不具合が発生しています。両サービスを運営する米Facebookは、障害の原因はDDoS攻撃ではないとしているものの、詳細はその後わかっていません。 障害発生当初は、画面にエラーメッセージが表示されたりしていたとの報告もあるものの、記事執筆時点でFacebookをPCブラウザーから確認したところでは、画面がまったく表示されなかったり、エラーは出ないもののヘッダー部分が表示されなかったりしています(症状は環境によって多少異なる可能性があります)。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/facebook-instagram-2019-3-14/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-14 11:10:00
GIGAZINE
Facebookがアクセス障害によりしばらく接続不能となっています。さらに、Facebook傘下のInstagramやWhatsAppも動作が不調となっているようです。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190314-facebook-instagram-down/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-14 10:28:00
スラド
maia曰く、 3月13日から14日にかけて、GmailやGoogle Driveで添付ファイル付きメールの送受信やファイルを開くといった操作が不安定になる障害が発生したり(Engadget日本版、ITmedia)、FacebookやInstagramでログインや投稿ができない不具合が発生していた(ITmedia)。TwitterとSRADは動いている。そんな一日。 GmailやGoogle Driveの障害については、13日午後3時13分付で問題が解決されたと報告されている。ビジネス向けのG Suiteでも障害が発生したことから「仕事にならない」との声も出ていたようだ。 すべて読む | ITセクション | Google | Facebook | インターネット | 関連ストーリー: niconicoで障害、復旧に7時間 2019年01月23日 ソフトバンクの通信網で大規模な通信障害、原因はEricssonの機器におけるソフトウェア障害 2018年12月07日 総務省 「平成29年度電気通信事故に関する検証報告」を公表 2018年10月02日 NTT東エリアでぷららが一時接続障害、DNSトラブルが原因? 2018年05月07日
[記事元] https://it.srad.jp/story/19/03/14/0516243/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2019-03-14 07:01:00
Engadget Japanese
Microsoft マイクロソフトはWindows 10 Insider Program参加者向けに「Your Phone」アプリのテスト版を配信開始し、Androidスマートフォンの画面をWindows 10 PCのディスプレイ上にミラーリングを可能としました。 本機能は、2018年10月にSurface製品発表会のなかで予告されていたもの。Windows 10 PCからAndroidスマートフォン上のメッセージや通知、写真などにアクセスできるアプリYour Phoneを拡張するかたちで、PC上からスマートフォンのアプリ画面をミラーリングで確認しつつ、直接操作できるようになります。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/13/windows-10-pc-android-insider/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidsurfaceGram [投稿日時]2019-03-13 13:20:00
Engadget Japanese
今年のソニーモバイルのフラッグシップモデル「Xperia 1」の前哨戦?として、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」を触ってみたところコレが実に良く。 筆者のまわりの反応をみても上々で、一年前(のXperia XZ2)はなんで駄目だったんだろうと思ってしまうほどです。 関連: ・約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー デザインは、奇をてらった様子もなくスダンダード。 ???? ひとまず有機ELではなく、液晶ディスプレイではあるものの、新しく採用された21:9というアスペクト比の画面は新鮮です。 「Xperia 10」は 約6.0インチ、「Xperia 10 Plus」は約6.5インチの画面サイズで、どちらも解像度は"フルHD+" フルHDというフレーズだけを切り取ると、今となってはたいした解像度ではないかと思いがちですが、正確には1080x2520。 横解像度は1080ドットを保ったまま、縦方向に600ドットぶんだけのびていると考えると得した気分になれます。 縦長イコール、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSのタイムラインを一度に表示して見られる範囲も広くなってかなり快適です。 スマホでやってることの大半がSNSだという人にとってはこれだけで元がとれたような気分なれるはず。 21:9のウルトラワイドなディスプレイは、Xperia XZ3に採用された18:9よりもさらに長辺方向に長いということになりますが、横持ちにしてみるとシネスコサイズ(2.35:1)とほぼ同じアスペクト比。 映画コンテンツがほぼ黒帯なしでディスプレイいっぱいに広がるこの迫力。 これは楽しい!の一言につきます。 もちろん都合よくたくさんあるわけではなく、16:9の動画や、静止画にいたっては3:2や1:1など様々ではあるので、どれが最適解というのは難しいのですが、一定方向に突き抜けてしまってる点では評価できます。 ちなみに、最近でもYou Tubeなどに21:9のコンテンツも増えてきています。 ここまでテンションが上がってガックリしたことは、「Xperia 10/ 10 Plus」ともにスピーカーが本体の底面にスピーカーが備わっているので、横持ちにすると片側からしか音が聞こえません。 しかもすっかり「Xperia XZ2シリーズ」から搭載されていたコンテンツに合わせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」もないので、急激に寂しく感じてしまいます。 いろいろと妥協点も見えてくるので、4K有機ELや、BRAVIAの高画質化技術「X1™ for mobile」、色設定「クリエイターモード」、Dolby Atmosなど、映像と音質にまでガッツリ手を入れた「Xperia 1」が余計に待ち遠しくなってしまいました。 2画面でアプリを同時に使う場合でも21:9へとのびたことでの恩恵は大きくなります。 16:9で2画面にすると、1つの画面が逼迫してしまって使いにくいという弱点がありましたが、21:9になるとそれも軽減されるので実用としてマルチウィンドウが使いやすくなります。 さわってちょっと面食らったのは、Xperiaの操作系(Xperiaホーム)が変わっていたこと。 いつも画面上部にあるはずのGoogleの検索バーが一番下にきて、ホームボタン以外の戻る・アプリ切り替えボタンがすっかりなくなっていることで気づきました。 Android 9.0 Pieの新しいUIで、アプリ切り替えは画面下から上に向けてスワイプ、ホームボタンを右にスワイプしてアプリ切り替え、マルチタスク画面から上にスワイプしてアプリ終了など。 Xperia XZ3のOSも、同じくAndroid 9.0 Pieでしたが基本操作系は今までどおりだったので、「Xperia 10/ 10 Plus」から新たに操作体系を変えてきたようです。 まぁ毎日使っていればすぐ慣れるでしょう。 そして、Xperia XZ3に搭載された「サイドセンス」も引き続き搭載。 この「サイドセンス」は、ディスプレイの左右のフチをダブルタップすると、時間や場所、使用頻度といったユーザーのライフスタイルに合わせて次に使いたいアプリを予測して9つ表示するというもの。 本体を掴んでそのまま指でタップできるので、XperiaのUI操作のひとつとして重宝します。 しかも、Xperia XZ3のものよりもさらに細かく設定できるように進化しました。 有効範囲は、両側もしくは左/右のいずれかなど、利き手や掴む好みによって選べるほか、サイドセンスバーの長さや位置、透明度の変化といった細かい設定ができるようになっています。 Android 9.0 Pieの新しいUIに最初はとまどいつつも、こういったときに「サイドセンス」があると操作を補完できてとてもありがたく感じます。 また、本体が縦に長いために指が届かないよ... という時にも安心な「片手操作」モードも搭載。縦長ディスプレイでは今まで以上に使える機能になったように思えます。縮小した画面の大きさは自由に変更したり自由に配置でき、好みのサイズに調整できるので、万が一にも手から滑って落とすことも防げそうです。 オマケに、「Xperia 10/ 10 Plus」ではイヤホンジャックが復活しました。 ワイヤレスが主流になっているとはいえ、有線派のユーザーもまだまだ多いはず。 サイドに指紋センサーがもどったことで、本体を掴んだ一連動作でスリープ解除できるのでこれはこれで快適。 ただし、電源ボタンと分離してしまったので、スリープにしたいときに間違って指紋センサーを何度も押してしまうという間違いは何度かやらかしました。 そして、デュアルカメラになった「Xperia 10/ 10 Plus」。 カメラについてはそれぞれ構成が異なり、「Xperia 10」には、約1300万画素 1/3インチセンサーとF2.0レンズと、約500万画素 1/4インチセンサーとF2.4レンズの組合わせです。 「Xperia 10 Plus」には、約1200万画素 1/2.8インチセンサーとF1.75レンズと、約800万画素 1/4インチセンサーとF2.4レンズの組合わせ。 遅れに遅れて、しかもフラッグシップモデルの「Xperia XZ2 Premium」にのみデュアルカメラを搭載した昨年と違って、今回はあっさりとミッドレンジモデルもデュアルカメラを搭載。 片側がモノクロセンサーでもなく、画像融合処理プロセッサ「AUBE(オーブ)」を載せているわけでもないので、高感度に強いといった機能はなく、シンプルに2眼化。 撮影できる静止画の画像サイズは、「Xperia 10」が、4:3(13MP)、16:9(10MP)、1:1(10MP)、21:9(8MP)。 「Xperia 10 Plus」が、4:3(12MP)、16:9(9MP)、1:1(9MP)、21:9(7MP)。 画素数では「Xperia 10」のほうが少し大きいのですが、センサーサイズからすると多少なりともノイズに対しては「Xperia 10 Plus」のほうが優位になります。目に見えての差異はほとんどないとは思いますが。 動画の画像サイズは「Xperia 10/ 10 Plus」共通で、4K(16:9)、4K(21:9)、フルHD、フルHD(60fps)、HD、VGA、MMS。 静止画も動画も、21:9のアスペクト比での記録ができるのが特徴です。 2眼カメラになった恩恵として、ぼけモードの利用ができるようになったので、1回のシャッターで背景にボケ感のある写真を撮ることができます。 「Xperia XZ3」の場合、シングルカメラのため2回撮影して擬似的にぼけを作る「ぼけエフェクト」という機能がありましたが、2回シャッターをきるうえでどうしても動いている被写体に対しては有効ではありませんでした。 そう考えると、気軽にボケ感のある写真を撮りやすくなりました。 また、「Xperia 10 Plus」に限っては、約800万画素のカメラを利用して光学2倍ズームが使えます。 やりかたは簡単で、【x1】、【x2】のアイコンをタップするだけでいつでも画角を変えることができます。 だいたいシングルカメラの場合は広角を優先するカメラの場合が多いので、風景や背景をいれた撮り方には便利なものの、もうちょっと被写体をクローズアップしたいというときには撮ったあとから加工するしかありませんでした。 光学2倍ズームがあれば、簡単に被写体に近づいた画角に変わるため、撮影時からイメージどおりの写真が撮りやすくなるので、あるとやっぱり嬉しいもの。 そういえば、Xperiaといえばのシャッターボタンはなくなってしまいましたが、設定からボリュームキーをシャッターボタンに割り振ることはできます。 どちらも使ってみるとそれぞれに良さがあります。 「Xperia 10 Plus」は、やはり疑似「Xperia 1」が体験できるというか、21:9アスペクト比の6.5インチという大画面を扱える楽しさ。 かつてファブレットとよばれたXperia Z Ultraのインチ数を越えています。 当然コンテンツによって見え方も違うため(まだ現時点では16:9比率以下のコンテンツなどが多い)、まだまだXperia Z Ultraで迫力を感じられることもありますが、余計なベゼルもなくなんとも手に持ちやすいサイズ感に収まっているというのは魅力ではないかと思います。 しかも、デュアルカメラでボケモードや光学2倍ズームを使って写真を撮れる楽しさもあります。 そうすると「Xperia 10」がいまいちなさそうに思えますが、同じく21:9アスペクト比をもちながら6.0インチになるだけでなんとも持ちやすい本体サイズ。 タテにはもちろん長いものの、横幅が68mmに抑えられていてほとんどCompactシリーズを握っている感覚と変わりません。 それでいて表示領域は「Xperia 10 Plus」と同等なので、SNS専用端末としては最高。 デュアルカメラのボケモードも使えるおまけ付き。 有線イヤホンをつかってのオーディオプレーヤー代わりとしても良さそうでこのサイズ感はアリです。 願わくば、「Xperia 1」のCompactバージョンも出して欲しいと思ってしまうほど。 良いところばかりではなく残念なところは、防水防塵機能がないこととワイヤレス充電Qiがないことです。 また、プロセスはミッドレンジ向けのものなので、いつもどおりのフラッグシップ系を使っている感覚で使っていると、負荷のかかるしょりでモタつくときにイラっとする可能性があります。 今回のラインナップでみれば、たくさんの欲求を満たしてくれるのは「Xperia 1」に違いないと思いつつも、価格的に半額以下?でこれだけの体験ができれば十分という人もかなりいるのではないかと思われます。 何度も言うようですが、国内でもぜひ「Xperia 10/ 10 Plus」を発売していただきたく。 そして結局は「Xperia 1」に対する期待値が俄然上がってしまって余計に待ち遠しくなりました。 関連: ・世界初「4K有機EL」だけじゃない──「Xperia 1」の進化、7つのポイント #MWC19
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/11/xperia-10-10-plus-xperia-1/ [カテゴリー]AndroidGram [投稿日時]2019-03-11 15:30:00
Engadget Japanese
Engadget 日本版 読者の方に日頃の感謝の意を込めてAmazonギフト券を毎日プレゼントする「毎日誰かに当たる!お題に答えてAmazonギフト券をゲットしようキャンペーン」。ご好評につき、まだまだ続けますよ。 こちらの企画は、Engadget 日本版 編集部のお題に正解した方の中から抽選で1名さまに1000円ぶんのAmazonギフト券をプレゼントするというもの。(だいたい)毎日お題を出題するので、当選のチャンスは(ほぼ)毎日です。 ※当選された方には1000円ぶんのAmazonギフトコードをTwitterのダイレクトメッセージでお送りします できるだけシンプルにご参加いただけるよう、解答の受付にはTwitterを利用しています。お題の答えをダイレクトメッセージで送信ください。 Twitterアカウントをお持ちであれば基本的にはどなたでも参加可能です。やり取りを円滑に行うため、Engadget 日本版のTwitterアカウントをフォローいただけるようお願いいたします。また、当選された方にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡を差し上げますので、ダイレクトメッセージが受信できるように設定しておいてくださいね。 回答の受付はお題の記事を掲載した時点からその記事が掲載された日の23:59まで。 さてさて、どんなお題が飛び出すのか。毎日お楽しみに! 2019年3月11日のお題: 今日のお題はこちら! #egjp 週末版156ではいくつかのトピックスが取り上げられていますが、その中のエリザベス女王がInstagramに初投稿したという話題からです。 Instagramに投稿されたのは、19世紀の数学者で世界初の「プログラミング可能な計算機」を考案したチャールズ・バベッジ氏が女王の曾祖父にあたるアルバート王子へ宛てた手紙の写真でした。 女王が自らInstagramに投稿したのはこれが初めてのことですが、女王自らが初めてツイートしたのは西暦何年だったでしょうか? 答えがわかった方は以下からどうぞ。ご応募お待ちしております。 毎日誰かに当たる!お題に答えてAmazonギフト券をゲットしようキャンペーン概要 応募条件 ・ご応募にあたっては当応募条件に同意の上ご応募ください。同意いただけない場合はご応募いただくことができません。ご応募をもって同意したとみなさせていただきます。 ・ご応募は、お一人様につき1日あたり1回限りとさせていただきます。 ・同一アカウントで複数回ダイレクトメッセージを送信しても応募は1回とさせていただきます。 ・Engadgetの運営会社の従業員および関係者の応募はご遠慮ください。 ・当選者には、『Engadget日本版』公式Twitterアカウント(@engadgetjp)よりTwitterのダイレクトメッセージにて、ツイートいただいたアカウント宛に当選通知をお送りいたします。 ・ご応募いただいたTwitterのアカウントを削除した場合は応募・当選の対象外となります。ご注意ください。 ※記入内容に不備、誤り、虚偽等があった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがございます。 ※当選された方と連絡が取れない場合、当選を無効とさせていただくことがございます。 ※当選発表は当選者の方のみにご連絡いたします。また、抽選・当選に関わるお問い合わせは一切お受けいたしかねますので、ご了承ください。 注意事項 •ご応募にはTwitterのアカウントが必要です。 •ご記入内容に不備がある場合は当選の権利が無効となることがあります。 •ご連絡が取れない場合は当選の権利が無効となることがあります。 •本キャンペーンの利用規約、Twitterが定める規約に反する不正な利用(架空、他者へのなりすまし、複数アカウントの所持など)があった場合、キャンペーン運営事務局にて予告なしに応募・当選を無効とさせていただくことがあります。 •抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。 •本キャンペーンの内容につきましてはキャンペーン運営事務局の都合により予告なく変更する場合があります。 •当選の権利は当選者様本人のみが行使できるものとし、第三者への譲渡(有償・無償を問わない)・換金を禁止させていただきます。キャンペーン運営事務局は譲渡・換金に関する一切の責任を負いません。 •本キャンペーンに関連して、ご応募いただいた方の個人情報を取得することはございませんが、その他データの取り扱いに関しては、下記リンク先ページをご覧ください。 個人情報保護方針 Oath利用規約
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/10/amazon-3-11/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2019-03-11 11:45:00
Engadget Japanese
ASSOCIATED PRESS 先日、米New York TimesはFacebookが傘下にある「Messenger」「Instagram」「WhatsApp」のメッセージングサービスを統合し、アプリを切り替えることなく相互にメッセージをやり取りできるようにすることを検討していると報じました。 さらにマーク・ザッカーバーグCEOが全てのアプリにエンドーツエンドの暗号化を組み込み、会話のプライバシー保護をするよう命じたことも伝えられています。 こうしたメッセージングサービスの統合により、いったいFacebookは何を狙っているのか。海外オンライン雑誌Slateは、同社がメッセージングプラットフォームにおいてもSNSと同様の支配を望み、アップルのiMessageと競合するようになると分析しています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/10/facebook-instagram-whatsapp-imessage/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-10 19:00:00
Engadget Japanese
SpaceXのCrew Dragon宇宙船が大西洋に無事着水し、民間企業による国際宇宙ステーション(ISS)との有人宇宙船のテスト運用に初めて成功した。これはSpaceXが年内に予定してるミッションのうちの一つで、Boeingもそれに続き宇宙船のデモ打ち上げ、そして有人でのテスト打ち上げを実施する。 Demo-1と名付けられたミッションでは、SpaceXはISSとの貨物輸送に定期的に用いられてきたDragon宇宙船の発展形となるCrew Dragonが、宇宙飛行士の輸送の準備ができていることを示した。 3月2日(米国東部時間)、地球を18周したCrew Dragonは最終的にISSへと接近し、新たなドッキング・アダプターへと自律的にドッキングした。400ポンド(約180kg)の物資がISSへと持ち込まれたが、Ripleyと名付けられたクラッシュテスト用のダミー人形は船内に取り残された。 (なお、Crew Dragonを打ち上げたFalcon 9の第1段もドローン船への自動着陸に成功している) Crew Dragonのドッキングから5日後、宇宙船はISSから分離し、大気圏への再突入を開始。スケジュールどおり、3月8日の8時45分に地球に帰還した。 これはNASAのCommercial Crew Program(商業有人計画)における大きな進展であり、またSpaceXにとっても計画の成功だけでなく、Boeingに先んじたという意味で価値がある。ただしこれはどちらがシェアを獲得するかという話ではなく、2社の健全な競争により、有人宇宙開発がより一般的になることを意味している。 今後、SpaceXとNASAによるミッションの詳細な報告や、宇宙船とダミー人形の検査結果が伝えられることだろう。 (文/塚本直樹 Twitter)
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/10/spacex-iss/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-10 14:00:00
Engadget Japanese
スペイン・バルセロナで開催されたMWC2019で、ソニーの新しいXperiaが発表されました。シリーズ名も一新されて、「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」に。 欲しい性能と機能をたっぷり搭載しているフラッグシップモデルの「Xperia 1」は当然買うとして、どうやら発売日は2019年夏とずいぶんと先な様子。 なぜ欲しいと思ったときに買わせてくれないの!と思っていたら、ミッドレンジモデルの「Xperia 10」、「Xperia 10 Plus」はすぐさま発売になっているという事を嗅ぎつけ、英国の販売サイトCloveで海外モデルを購入してみました。 価格はXperia 10が299ポンド(約4万5000円) Xperia 10 Plusが349ポンド(約5万1000円)です。 あくまでも「Xperia 1」が本命ということもあり、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」についてはまぁガジェットとして触ってみようくらいの軽い気持ちでしたが、実機を手にするとやはりテンションがあがります。 まず、箱を開けます。 と、その前にパッケージについて。当然「Xperia 10 Plus」のほうが大きいのですが、厚みはなぜか「Xperia 10」のほうが大きめ。これは本体が分厚いからとかではなくて、付属しているUSB typeCケーブルとイヤホンケーブルの取り回しの都合っぽいです。 入っているアクセサリーは全く同じでした。 さて、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の本体。 昨年のXperia XZシリーズのような背面がラウンドしたデザインとはまったく異なります。 どちらかというと以前のスタイルにもどったシンプルなデザイン。価格の安いミッドレンジながら、樹脂素材がアリアリとわかるような安っぽさもなく見た目には悪くありません。 そして、両モデルともアスペクト比21:9という長いディスプレイを搭載しているので、本体はずいぶんとタテに長くなっています。 サイズは「Xperia 10」が 約6.0インチ液晶で156 x 68 x 8.4 mm 約162g。「Xperia 10 Plus」が約6.5インチ液晶で167 x 73 x 8.3mm 約180gです。 発表時の画像を見た時にはタテに細長っ!!と感じたのですが、実物を手にしてみると横幅が抑えられていることもあって、非常に持ちやすいことに気づきます。 「Xperia 10 Plus」の6.5インチという画面サイズからは、反射的にXperia Z Ultraの大画面(6.4インチ フルHD)を想像してしまいますが、サイズ感はまるで違います。アスペクト比の違いと、ベゼルの太さの違いでこうまでもボディのサイズが違うとは驚きでした。 以前から『ベゼルが太い』と言い続けられて、最近モデルからようやく狭ベゼルが取り入れられたXperia。今回の「Xperia 10/ 10 Plus」ではディスプレイの左右と下がほぼベゼルレスに。上の前面カメラ部分は限界まで攻めてノッチを採用するメーカーも多い中、ここはストレートにベゼルを残している形です。 ディスプレイ解像度は、「Xperia 10/ 10 Plus」ともに1080x2520。21:9というアスペクト比のおかげでタテ解像度が高くなるので、TwitterやInstagramなどSNSの縦スクロールでの閲覧はより見やすくなります。 左右のサイド面に連携したユーザーインターフェースとして「サイドセンス」をXperia XZ3に引き続いて搭載。 ディスプレイの左右の端をダブルタップすると、触れた位置にアプリのランチャーを表示。 時間や場所、使用頻度などのユーザーのライフスタイルに合わせて次に使うアプリをAIが予測して、アプリアイコンやクイック設定項目が現れるというもの。 今回から大きくユーザーインターフェースが変わっていることもあわせて、この「サイドセンス」との併用がより便利に感じられます。 Xperia XZ2から背面に移行して物議を醸し出した指紋認証センサーの位置は、ついに元のサイドのポジションへと戻ってきました。個人的にも側面のほうが無理なく楽に感じます。 なお、以前とは異なり、電源ボタンと、指紋認証センサーは別々です。とはいえ、スリープで画面が真っ暗な状態から指紋センサーに指を触れるだけ、掴んだらそのままロック解除されて画面が現れるのでとてもスムーズです。 背面カメラはデュアルカメラを搭載。本体はフラットなぶん、カメラのセンサーのある部分のみ一段飛び出しています。 「Xperia 10」は背面に1300万画素と500万画素(望遠)、前面に500万画素のカメラを搭載。 「Xperia 10 Plus」は背面に1200万画素と800万画素(望遠)のデュアルカメラ、前面に800万画素のカメラを搭載。カメラについてはじっくり使って後日レビューします。 「Xperia 10/ 10 Plus」共通のインターフェースとして、本体下にUSB PD(Power Delievery)に対応したUSB type-C端子、上にイヤホン端子を搭載。まさかの消滅したと思われたイヤホン端子が復活して、有線のインナーイヤーヘッドホン派には朗報です。 ただし、ワイヤレス充電のQi(チー)は搭載されません。せっかく便利さを享受していたのにちょっと残念です。また、防水防塵機能もありません。 それぞれSIMカードトレイの入り口は異なっていました。 「Xperia 10」は、カバー兼SIMカードトレイと、MicroSDカード専用トレイの2段構えで、「Xperia 10 Plus」は、カバー兼SIMカードトレイまでは同じようで、MicroSDカードは本体に直接差し込む方式でした。 最後にスペックについて。 「Xperia 10」は、プロセッサーがSnapdragon 630 、メモリー(RAM)が3GB、ストレージが64GB。「Xperia 10 Plus」は、プロセッサーが Snapdragon 636 、メモリー(RAM)が4GB、ストレージが64GB。 メモリー(RAM)については、販売される地域により「Xperia 10」は4GB、「Xperia 10 Plus」は6GBっといった違いもあるようです。 OSは、Android 9.0(Pie)を搭載。 また、海外モデルということで、気になる技適をチェックしてみると、EU、USの2カ国のみ。 やはり海外モデルには、日本の技適マークはありませんでした。 ミッドレンジモデルでありながら、デュアルカメラを搭載して、指紋認証センサーは横位置に戻ったり、すっかりフラットなデザインになったボディだとか、昨年のXZシリーズは「なかったこと」になっているようにも感じます。価格も安く、可能ならば国内発売してほしいモデルです。 21:9のディスプレイの長さも違和感を感じるのは一番最初に見た時だけで、思っていた以上に持ちやすく使いやすいサイズ感で違和感なくすぐに馴染めました。 デュアルカメラや、縦長ディスプレイを活かした使い方、ユーザーインターフェースが今までとガッツリ変わっていたりなど新鮮な要素も多く、まだまだいじりがいのある機種なので、そのあたりを使い込んで引き続きレビューしてみたいと思います。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/06/5-xperia-10-10-plus/ [カテゴリー]ガジェットAndroidGramSnapdragon [投稿日時]2019-03-07 11:20:00
OSDN New Releases
Julia is a high-level general-purpose dynamic programming language whose designers intend it to address the needs of high-performance numerical analysis and computational science, without the need of separate compilation to be fast.It is also useful for low-level systems programming,as a specification language,with work being done on client and server web use. Distinctive aspects of Julia's design include a type system with parametric polymorphism and types in a fully dynamic programming language and multiple dispatch as its core programming paradigm. It allows concurrent, parallel and distributed computing, and direct calling of C and Fortran libraries without glue code. Julia is garbage-collected, uses eager evaluation, and includes efficient libraries for floating-point calculations, linear algebra, random number generation, and regular expression matching. Many libraries are available, including some (e.g., for fast Fourier transforms) that were previously bundled with Julia and are now separate.
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/julia/releases/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-03-07 09:05:55
Engadget Japanese
Googleが、画像検索の結果で表示される画像から買い物が可能になる「Shoppable Ads on Google Images」を発表しました。すでに一部の小売業者でテストを開始しているとのことです。 Instagramにも同様に、画像に映っている服や小物といったアイテムに商品名や価格が表示されるショッピング機能が提供されていますが、GoogleのShoppable Adsもこれに近いものです。 関連記事: Instagramが「ショッピング機能」日本でも開始、写真から服など購入 なお、買物が行えるのはスポンサー広告に限られており、画像が自動認識されて勝手に買い物タグが付与されるわけではありません。 インテリアのアイデアや小物を探すときに、すでに画像検索を利用している人も多いと思いますが、表示されている画像の中からカタログ的に買物が出来るのは確かに便利そうですし、小売店・ブランド側にとっても購入機会の増加に繋がりそうです。 現在はごく限られた範囲でテストをしている段階ですが、今後数か月でより多くの小売店やカテゴリーに展開していくとしています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/06/google-shoppable-ads/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2019-03-06 17:50:00
Engadget Japanese
各ジャンルに精通したライター陣が作成した超難易度の「Engadgetカルトクイズ」。第一弾はくんこくさんによるソニーのクイズを5問お届けします。 【問1】 代表画像のXperiaはつぎのうちどれでしょうか? A. Xperia X10 mini pro B. Xperia Pro C. Xperia X1 D. Xperia Play ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ■解説 「Xperia X1」は、2008年10月に発売された初代Xperiaです。中身は台湾HTC社製のODMでした。3インチ(800×480ドット)ディスプレイ、3.2万画素カメラ、そしてヨコにスライドして出てくるQWERTYキーボードを搭載していました。OSはAndoroidではなく、Windows Mobile 6.1でした。 「Xperia X10 mini pro」は、国内に初登場したXperia X10を小型化したモデルで手の中におさまるほどのコンパクトさ。2010年に登場し、2.55インチ(240×320ドット)という今思えば極小サイズながらもスライド式キーボードを搭載。OSにはAndroid 1.6を搭載していました。 「Xperia Pro 」は、スライド式キーボード搭載モデルとしては、ディスプレイは大きい部類の3.7インチ(480x853ドット)となり、ほんの少しキータイプしやすくなったモデル。2011年10月に発売。メインカメラは800万画素、OSはAndroid 2.3。 「Xperia Play」は、スライド式ながらもキーボードは搭載していません。かわりにゲームに特化した物理ボタンを備えてコントローラーのように操れるのが特徴でした。しかしながら、せっかくのコントローラーを搭載するも、対応ゲームソフトが非常に少なく、結局はディスプレイタッチを使わざるを得ないという悲しい逸品でもありました。 ■正解 A. Xperia X10 mini pro 【問2】 ソニーが2000年に発売したVAIO GTは、カメラを搭載して単体でパーソナルキャスティングできる特異な機種でした。 そこで、バイオGTが撮影する映像をライブで発信する際に、ソニーが運営する有料のパーソナルキャスティングサービスの名称は何でしょう? A. branco(ブランコ) B. eyeVio(アイビオ) C. PercasTV(パーキャスディービー) D. Portable TV(ポータブルゲームティービー) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ■解説 VAIO GTは、6.4インチディスプレイ、1.1kgと持ち運びを重視した小型のノートPCで、本体横に、光学10倍のズームレンズと1/4インチ68万画素CCDのカメラを搭載するというド変態PC。 ディスプレイは180度回転機構をそなえていたり、カメラには手ブレ補正機能からステレオマイク、三脚穴など撮影時にビデオカメラスタイルとして利用できるのが特徴。 VAIO GTのキモとなるのが"パーソナルキャスティング"で、インターネット上で映像配信する際には撮影から発信まで操作できます。 そしてソニーはわざわざ動画配信のためにネットワークサービスを立ち上げ、いったんハードディスク上に録り溜めた最大15分の動画共有できるデジタルイメージングサイト「イメージステーション」や、VAIO GTで撮影した画像を、ストリーミング配信する有料のパーソナルキャスティングサービス「PercasTV(パーキャスTV)」を用意していました。 パスワードのある人だけが視聴できる個人向けの「プライベートチャンネル」を15チャンネル、法人向けの「パブリックチャンネル」を5チャンネル、合計20チャンネル用意して動画配信することができました。 ライブ放送を楽しむことは今でこそ当たり前ですが、当時はあまりにも早すぎたため2003年にサービス終了となってしまいました。 ■正解 C. PercasTV(パーキャスディービー) 【3問】 ソニーのペットロボットといえばaiboですが、1999年に初めて発売されたのち2006年で一度姿を消してしまいました。その2006年最後まで販売されていたaiboの型番は何でしょう? A. ERS-310 B. ERS-7M3 C. ERS-1000 D. ERS-220 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ■解説 自律型エンタテインメントロボットAIBOは、「Artificial」、「Intelligence」、「roBOt」 の略。 1999年に登場した初めてのAIBOはビーグル犬に似た見た目の「ERS-110」で、インターネット販売されたものの20分で売り切れ。当時のインターネットは電話回線という細いネットワーク回線のなかでの戦いに勝ち抜くのは至難の業でした。 その後、子ライオンに似た「ERS-210」、クマイヌの「ERS-300」、パグ犬に似た「ERS-31L」、そして原点回帰となったビーグル犬をさらに丸みをもたせたデザインとなった「ERS-7シリーズ」と登場。 異質なデザインとして、マクロスのバルキリーなどのデザインで知られる河森正治氏によるヘッドライトやLEDを備えた宇宙探査ロボットをコンセプトにした「ERS-220」も登場しました。 2006年にAIBOの開発は終了され、サポートも終了するなどして、ロボットも死を迎えるなどと揶揄されたことも。 最終モデルの「ERS-7M3」から12年の歳月がたち、新ためてaibo「ERS-1000」が復活、より犬らしく表情のある今の姿となり、新色のチョコエディションなども登場し、ロボットペットとしてかわいがられています。 ■正解 B. ERS-7M3 【問4】 ソニーは、新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」(以下SAP)を推進していますが、クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたサイト「First Flight(ファースト・フライト)」で、日本におけるクラウドファンディング史上初の1億円以上の支援金額を達成したプロジェクトはどれでしょう? A. 沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト B. スマートウォッチ 「wena wrist」 C. トイプラットフォーム「toio」 D. Qlio スマートロック ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ■解説 2014年よりソニーの社内の起業プログラムとしてスタートした新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(通称SAP)」。 ソニーグループの日本やヨーロッパから生まれた数々の事業を立ち上げて、新しいものを生み出そうという姿勢がここにあります。 現在では、Eコマースのサービスを兼ね備えたサイト「First Flight(ファースト・フライト)」の利用を含めて、新規事業の加速支援サービスを企業やスタートアップにも提供しています。 「wena wrist」は、入社1年目の社員が提案して実現したプロジェクトで、日本クラウドファンディング史上初の1億円以上の支援金額を達成しました。 「ヌマヅノタカラプロジェクト」は、沼津市と舞台めぐりが実現した地域活性化プロジェクトであり、開始から約30時間で目標金額2217万円を達成しました。 トイ・プラットフォーム「toio」は、 玩具、ゲームの既成概念を覆した体感型のトイ・プラットフォーム。初回限定品、即日完売したのち、量産モデルの発売は延期したものの、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から正式に2019年3月20日に発売されます。 ■正解 B. スマートウォッチ 「wena wrist」 【問5】 デジタル一眼カメラαの強烈な機能といえば「瞳AF」ですが、この機能がAF-C(コンティニュアスAF)に初めて対応したのはどの機種からでしょう? A. α7 B. α7RII C. α7II D. α6000 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ■解説 2013年11月15日に世界初のフルサイズミラーレス機「α7」が発売されました。今でこそ各社からミラーレス一眼カメラが多数登場していますが、2013年に35mmフルサイズのミラーレス機を出したのは、α7が初となります。α7には、すでに「瞳AF」が搭載されていましたが、シングルAF(S-AF)のみだったため、動き回る子どもなどには対応しきれていませんでした。 その後「α7RII」では、シングルAFだけでなくコンティニュアスAFでも「瞳AF」が使えるようになり、被写体が動いていても連続撮影時でも、瞳にピントを合わせ続けて撮影が可能になりました。 さらに発売されたばかりの「α6400」や3月に行われるα9メジャーアップデートでは「瞳AF」専用に割り当てるボタンは必要なく、シャッターを半押しするだけで自動的に瞳にフォーカスを合わせ、左右の瞳も意図して変更できるようになっています。夏以降に予定されているバージョンアップでは、人物を飛び越えて、ついには動物の瞳にまで対応する勢いです。 ■正解 C. α7II みなさん、何問正解できましたか?感想などをSNSで投稿してみてくださいね!
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/05/xperia-engadget-by/ [カテゴリー]ガジェットスマートフォンAndroidHTCGram [投稿日時]2019-03-05 14:00:00
スラド
Googleは2月28日、Google Playで公開されるアプリのセキュリティを向上させるApplication Security Improvement Program (アプリセキュリティ向上プログラム)により修正されたアプリが累計100万本を超えたことを明らかにした(Android Developers Blogの記事、 VentureBeatの記事)。 Application Security Improvement ProgramはGoogle Playに送信されたアプリをスキャンし、脆弱性が見つかった場合には開発者に通知して修正を助けるというもの。その後も定期的なスキャンが行われ、新たに脆弱性が見つかれば通知される。脆弱性の種類によっては、修正が完了するまでアップデートは公開されなくなるが、公開済みのAPKには影響しない。 Googleは5年前にプログラムを開始してから、現在までに30万人以上の開発者による100万本以上のアプリの脆弱性修正を助けており、昨年1年間だけでも3万人以上の開発者による7万5千本以上のアプリが修正されたとのことだ。 すべて読む | セキュリティセクション | Google | セキュリティ | ソフトウェア | デベロッパー | Android | 関連ストーリー: Google Playで新規公開/更新するアプリのターゲットAPI最低要件、引き上げへ 2019年02月24日 Google、AndroidのプリインストールアプリをGoogleアカウントなしでも自動更新する計画 2019年02月20日 Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日 Google Playで公開するAndroidアプリの64ビット対応必須化、詳細が発表される 2019年01月19日 インド電気通信規制庁開発のiOS版スパム電話/SMS報告アプリ、ようやくApp Storeで公開 2018年12月02日 Google Playで発見されるマルウェア、インストール件数は水増しされている? 2018年11月25日 Google Playで配布されている無料アプリの約9割がサードパーティによるトラッキングを導入している 2018年10月31日 DMCA削除要請の対象になっていないアプリがDMCAに基づいてGoogle Playから削除されるトラブル 2018年10月24日 Google、オフラインで共有したAndroidアプリを安全にインストールする機能のベータ提供を開始 2018年10月22日 Google Playで公開されるアプリのAPKファイル、セキュリティ関連メタデータの追加が始まる 2018年06月23日 Google Playで新規公開/更新するアプリ、最新APIをターゲットにすることが必須に 2017年12月23日
[記事元] https://security.srad.jp/story/19/03/03/0452255/ [カテゴリー]AndroidGram [投稿日時]2019-03-03 08:25:00
Engadget Japanese
先日、渋谷にあるフリューさんのオフィスを訪問して、最新のプリ機を使って今どき女子高生の遊び方を伝授していただきました!! 驚きがたくさんあったので、この連載で共有したいと思います!(?ˆ-ˆ?) 最新のプリ機の名前は「#アオハル」 ハッシュタグがついているところも今風ですよね! ■関連記事 カメラを自由に動かせて22人で撮影できる最新プリ機「#アオハル」はアトラクション型写真スタジオだ 2月から全国のゲームセンターなどで順次設置されています。プレイ料金は1回400円です。 中に入ってみてまず驚いたのがこの広さ! 15人でも余裕で入るんだそうです! そして、このプリ機のもうひとつの特徴が、カメラを自由に動かせる「アオハルFREEカメラ」! カメラの両脇にあるハンドルを持って、高さや角度、向きまで自由に決められます。 下から撮って脚を長くみせたり、上から撮って目を大きくみせたりできます。ほんとうに細かく調整できるので、自分が最も盛れる角度で撮影できるんだとか。 さらに、この広さでこのカメラだからこそ出来るポージングを楽しめます! カメラをタテに回転させて撮ったり、 こんなに遠近感が出せたりします。 イスに座ったポーズも映える!(?ˆ ˆ?) とにかくバリエーションが出せるので、何度撮っても飽きないかも...! ただ、困ったことにシャッターが切れるのが早すぎるんです??(笑) 自分のタイミングでシャッターを押せるボタンがあるのですが、ある程度時間が経つと勝手にシャッターが切れるんですね。 それがとんでもなく早いんですよ!全然待ってくれない。 ポーズに迷っているとあたふたした写真ばかり撮れてしまいます( ̄▽ ̄;)!! セルフシャッターボタンは正直いらないと思いましたね(笑) ベテラン女子高生はいるのかな......。私は時間延長ボタンがほしいですw 今どきの女子高生たちは、研究に研究を重ねて映えるプリクラを撮り、Instagramにアップする子が多いんだとか。。 #アオハルはとにかく研究のし甲斐がありそうなので、そんな女子高生には特に人気が出そうです。 そして撮影を終えたあとに意外だったのが、落書きのスタンプがシンプルで種類が極めて少ないということ。 私がプリクラをよく撮っていた約10年前は、コロコロスタンプなんかでとにかくデコる!キラキラさせる!というのが定番だったように思うのですが、今は違うらしいのです。 というのも、インスタ映えを意識したオシャレな写真が好まれるようになったこと、 さらに、最近はプリクラ機では落書きをせず、データをスマートフォンに送ってからスマホアプリで加工する人が多いからなのだそうです! なるほど! その方が時間制限もなく、それぞれ自分の好みの雰囲気に加工できちゃいますもんね!( *?◯?* ) ということで、私も実際にやってみました(笑) こちらは「ビューティープラス」で加工。 ↑プリ機で加工された写真をこのようにさらに加工する人も少なくないそうです?笑 こちらは「スノー」で加工しました。 どうですか? ん〜、ちょっと年齢的に照れます?笑 ちょっとふざけてやりすぎちゃいました?? (広報の門脇さん、いっしょに写っていただいたうえに勝手に加工してごめんなさい??) 一通り体験してみた感想としてはとても楽しかったです!? このプリ機でしか実現できない写真が撮れるので、レア感もあってわくわくします(.^-^.) 今回いちばん驚いたのは、フリューの中年男性の広報さん。取材中、映え!映え!映え!と連呼するのが新鮮でした!(笑)とにかく、この#アオハルは「映え!」を意識して開発したそうです。 最新のプリ機を作る際には実際に女子高生の生の声を聞いて、彼女たちが今どんなことに興味があるのかを徹底的に調査しています。そこから、女子高生の目線になって考えているとのこと。 それもあってか、口調から考え方まで中身が女子高生なんですよね。 ここまで情熱を注いで新機種を生み出していると思うと、若干引きつつも(笑)、感動してしまいました。 久しぶりにプリ機で撮影してみて、プリ機でいかに盛れるかを研究する時間があるのなら、日常で可愛く見られるようにメイクの研究をしたほうがいいのでは?とふと思ったりもしましたが......? でも、日常を楽しむためのひとつのアトラクションとして捉えるならば、アリだと思いました! 写真は思い出として残りますし、このようなアトラクションをどんどん進化させて人を楽しませることができるってステキですよね。 今後のフリューさんの最新機種にも期待が高まります!!(?ˆ_ˆ?) 今回お邪魔したフリューの1階フロア、最新のプリ機がズラリと並んでいます。 今回のイラストは、探偵(?)チェスくん。 チェスくんも、インスタ映えを意識して服選びには余念がありません(?ˆ_ˆ?)??笑
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/02/jk-it/ [カテゴリー]スマートフォンGram [投稿日時]2019-03-02 17:38:00
Engadget Japanese
2月25日〜28日(現地時間)の4日間、スペインのバルセロナで開催されたMWC 2019。Engadgetでも多くの関連記事が掲載されています。2月28日(木)に開催したイベント「Engadget meetup 2019.02」では、現地スペインでMWCの取材を行っている編集者やライターの方々と中継で結び、現地から生の声が届けられました。 イベントではMWC会場からの中継に加え、ガジェットマニアが多いであろうEngadget読者でさえ苦戦する「Engadgetカルトクイズ」も。また、Zoffの超軽量眼鏡Zoff SMARTや、同じくZoffによるスター・ウォーズ プレミアムラインの展示、LGの超軽量ノートgramシリーズのタッチアンドトライなども行われました。そんな盛りだくさんのイベント「Engadget meetup 2019.02」の模様をお届けしましょう。 超難問Engadgetカルトクイズ イベントは、Engadgetのライター陣が製作した超難問「Engadgetカルトクイズ」からスタート。 問題は全部で15問。イベント後半で答え合わせがあったのですが、最高得点者でも7点という難問ぞろいでした。そんな問題の一部を紹介します。 ▲「(初代)iPhone発表時のスティーブ・ジョブズはどれでしょうか?」 クイズというより、ほぼ勘頼りです ▲「次の映画のうち、Macが登場していない映画はどれでしょうか?」問題製作のため、映画をチェックし直したのだとか...... ▲「Windowsのセキュリティ更新プログラム公開予定は基本的に決まっていますが、それはいつでしょうか?(日本時間)」 これは知っているという方も多かったようです 問題とその正解は、後日公開予定とのことなのでお楽しみに。 MWC 2019会場から中継 続いて、バルセロナのMWC 2019会場との中継に。まずはEngadget 日本版編集部の石井さん。 5G関連のトピックを中心に取材をしているとのことですが、単語はそこかしこに見られるものの、実際に動く端末などはほとんどなく、まだ普及までは時間がかかりそうな印象だそうです。 また、その端末については、当面は宅内ルーターでの利用がメインになるのではないかとのこと。ルーターまでを5Gで繋ぎ、その先(宅内)ではWi-Fiを利用するわけです。 そのほか、気になった発表としては、MicrosoftのHololens 2を挙げていました。初代HololensがWindows 10のイベントで発表されたように、Microsoftはこれまで自社製品をCESやMWCなどではなく、基本的には自社開催のイベントで発表していました。しかし、Hololens 2はMWC 2019での発表となり、これについて、より一般向けを意識している表れではないかと感じたそうです。 関連記事: Microsoft HoloLens 2発表、3500ドル。視野角から画素密度、視線+ハンドトラッキングまで徹底改良 #MWC19 続いては、山根博士とITジャーナリストAyano*さん。MWC会場では、やはり折り畳み端末が注目されているとのこと。ただし、SamsungのGalaxy FoldもHUAWEIのMate Xも、ケースに収められ実際に手にする機会はないのだそうです。 折り畳みではありませんが腕に巻けるスマートフォンNubia αにも注目しているそう。UIがよく考えられているほか、指先を使ったタッチレス操作にも対応。同様のタッチレス操作はLG G8 ThinQも採用しますが、それよりも使いやすとのことでした。 関連記事: Nubia、4インチの縦長ディスプレイ搭載の腕時計型スマートフォン「Nubia α」を発表 #MWC19 Engadget上でのMWC 2019の記事はタグ「MWC2019」でまとめられているので、合わせてご確認ください。 カルトクイズ答え合わせ。優勝者には折り畳みスマホプレゼント! 中継の後は、最初に行ったカルトクイズの答え合わせ。先にも書きましたが問題が難しすぎたため、最高でも15問中7問の正解に留まりました。そこに6問正解者も加えて計5名でサドンデスクイズを実施。 見事優勝した方には、話題の折り畳みスマートフォンがプレゼントされました。 ▲2013年に発売された折り畳みスマートフォン ZoffのメガネとLG gramのプレゼンも 続いては、約6gと超軽量なメガネのZoff SMARTや、PC用のブルーライトカットメガネ、スター・ウォーズコラボ製品を展示していたZoffのプレゼンテーション。 ブルーライトカットメガネというと、どうしてもレンズに色が付き、サングラスのようになってしまいますが、Zoff PC ULTRAではブルーライトのカット率50%を誇りながら、過去に類をみない透明化を実現したと言います。 ▲蛍光灯の青い光を反射しているのがわかります そして注目は、スター・ウォーズとのコラボ製品「STAR WARS COLLECTION Premium Line Complete Box」。5本セットで9万円ですが、1本1万8000円でのバラ売りもしているとのこと。 コラボの対象が旧三部作(エピソード4〜6)というのもマニア心をくすぐります。 ▲5本セットでSTAR WARSのロゴが完成します 続いてのプレゼンは超軽量ノートPCのLG gram。実際に手にしてみましたが、びっくりするほどと軽いです。17インチで約1.3Kgあるのですが、重量バランスなのか、見た目とのギャップのためなのか、とにかく軽く感じます。 この軽さながら、バッテリー持ちは20時間以上、MIL-STD-810G準拠の堅牢製も持ち合わせているとのこと。気軽に持ち運べる軽量性と、大画面・ハイスペックな点をあわせ、「モバイルデスクトップ」という考えの製品だとしていました。 関連記事: 指でつまんで持てる17インチ超軽量モバイルノートPC「LG gram」実機レビュー ▲余談ですが、LG gramの紹介で使われていた重量と駆動時間の分布図がとても分かり易かったので、どこかでマネをしたいと思います 最後は参加者の皆さんで懇親会。Zoffからは、Zoff PCが10名に当たる抽選会も実施されました。 なお、当日の様子はハッシュタグ「#engadgetmeetup」でも投稿されているので、そちらもあわせてご覧ください。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/03/02/mwc-engadget-meetup-2019-02/ [カテゴリー]ガジェットスマートフォンiPhoneGramHoloLens [投稿日時]2019-03-02 15:30:00
スラド
あるAnonymous Coward曰く、昨年1月に「Spectre」などと呼ばれるCPUの脆弱性の存在が報じられた。その後、これらと同様の手法を使った攻撃手法が次々と見つかっているが、Googleの研究者らが2月15日付けで発表した論文によると、これらの脆弱性は修正が難しいという(I Programmer)。 論文では、Spectre脆弱性は投機実行機能を持つすべてのCPUに存在する、プロセス分離という概念は滅びた、個々のソフトウェア実装どころかプログラミング言語でもハードウェアでも解決できない、という事実を改めて明らかにしたうえで、まずサイドチャネル攻撃を模擬して分析できるCPUの状態モデルを作り、その状態モデルを操作できるようにするところから始めないと、脆弱性の解消どころか研究すら手が付けられないとしている。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 関連ストーリー: CPUのSMT機能に関連した脆弱性が見つかる、SSL秘密鍵を盗む実証コードも公開 2018年11月07日 次期Windows 10大型アップデートでは新たなSpectre対策が導入される予定 2018年10月23日 MeltdownやSpectre脆弱性を性能低下無しに回避する手法が考案される 2018年10月22日 本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 2018年01月04日
[記事元] https://security.srad.jp/story/19/02/28/0853224/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-28 09:27:00
Engadget Japanese
Googleが、クラウド型生産性向上グループウェア「G Suite」に含まれるGoogle Docsで、AIによる文法チェック機能「Grammar Suggestions in Docs」の正式提供を発表しました。 一般的なスペルチェックはすでに提供されていますが、Grammar Suggestionsは読んで字のごとく文法の誤りをチェックし修正候補を提案します。たとえば、affectとeffect、thereとtheirなど、単語としては正しくとも文法上その使用が誤りなら、青い下線でミスを指摘し、修正候補を提示します。 2018年7月にG Suiteのアーリーアダプタプログラムで提供されていたもので、3月5日からはG Suite Basic/Business/Enterprise、G Suite for Educationのユーザーが利用可能になるとのことです。 関連記事: Google、AIで文法をチェックするGrammar Suggestionsを発表 辞書と照らし合わせれば正誤がはっきりする単語と違い、文法が正しいかどうかの判断は難しいものです。Googleによれば、プロの言語学者でさえ4回に1回は修正内容の意見が一致しないとのことです。 この問題を解決するため、Googleは機械翻訳を利用しています。言語学者と密接に協力して正しい文法の文章をAIに学習させ、そのモデルを利用してユーザーの書いた文章を正しい文法の文章に翻訳するわけです。 仕組み的には英語以外にも対応できそうですが、他言語への適用は今のところ不明。また、G Suite以外の一般ユーザーへの提供についても情報はありません。 こういった技術が発展していく先には、やはりAIによる自動作文が待っているのかもしれません。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/02/27/google-ai-g-suite-3/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-27 16:50:00
Engadget Japanese
新生活に向けた準備が進むこの時期は、ガジェット買い替えシーズンの一つ。とくに持ち歩きが楽な軽量モバイルノートPCは、新入学の学生や新社会人を中心にニーズが大きく高まる時期だ。 そうした軽量ノートPCの中でジワジワと人気が高まっているのが、LGエレクトロニクスの『LG gram』(エルジー・グラム)シリーズ。人気の秘密は、モバイルノートPCに必要な軽さや処理速度といった要素を高い水準で兼ね備えることだ。 ともすれば相反する軽さと長時間バッテリー駆動、さらには手頃な価格などが揃ったモデルとして、日本でもヘビーユーザーを中心に評判となっている。 この2月にシリーズを一新した2019年モデルのラインナップには、新たに17インチの大画面モデルが登場。17インチの広い画面ながらわずか1.34kgと軽く、「本当に持ち運べる大画面」モデルだ。また13/14/15インチモデルでは、さらなるバッテリー駆動時間の延長やセキュリティの強化が図られている。 今回は新サイズとなる17インチモデルを中心に、新生活用PCにもってこいな2019年版LG gramについて見ていこう。 本来難しい「軽さと長時間のバッテリー」を最新技術で両立 まずはLG gramシリーズに共通する大きな特徴を紹介したい。2019年版は、画面の大きさが4種類(13.3インチ、14インチ、15.6インチ、17インチ)。本体カラーの差などを含めると合計11モデルで構成されるが、大きな特徴はシリーズに共通したものだ。 1つ目は、モバイルノートPCで重要となる「軽さ」。とくに13インチでは約965g、14インチでも約995gと、双方ともに1kg以下となる。そして15インチも約1099g(タッチパネルモデルは約1109g)と、こちらも画面サイズに対して非常に軽くなっている。 また今回加わった17インチモデルは、ギネス世界記録に「世界最軽量の17インチノートPC」として認定された。 つまり「実際の重さは画面サイズによって異なるが、どのモデルを選んでも大きさに対して非常に軽い」仕上がりになっているのだ。 ここはぜひ店頭などで試してほしいのだが、どのモデルでも実際に持ってみると、最初は「本当に中身が入っているの?」という驚きがある。そして軽さというアドバンテージが、モバイルノートPCでどれだけ重要なのかは、実際に持ち歩く方々にとっては言うまでもないだろう。 ▲天面のマーキングはシリーズ共通で「gram」ロゴを採用。従来モデルと同じく、サイズは小さめだ 2つ目は、バッテリー駆動時間の長さだ。こちらもモバイルノートPCにおいてはとても重要。いかに軽いノートPCでも、バッテリーに余裕がなければ実用的とは言えない。 本来は長時間バッテリーを搭載すると本体は重くなるのだが、LG gramはカーボンナノチューブを採用するなど、重量対容量を増した最新世代バッテリーの搭載や、液晶パネルをはじめとする各部パーツの省電力化により、「軽いのに長時間駆動」を実現している。 公称データ(JEITA 2.0測定法)では、17インチモデルでは約22時間と、仕事や授業で1日中使っても十分なもの。詳細は後述するが、実際に測定してもWebブラウザとWi-Fi通信を行なった状態で、14時間を超えて動作するという、安心のバッテリー持ちを実現している。 画面の小さいモデルではさらに長くなり、15インチでは約24時間(タッチパネルモデルのみ約20時間)、14インチでは約27時間、そして最長となる13インチモデルではなんと約28時間の動作が可能だ。 豊富な拡張端子や高い堅牢性など、使い勝手にもこだわり ▲本体左側(写真1枚目)と右側(2枚目)の拡張端子。まだまだ使用頻度の高いUSB Type-Aが3基、左右の双方に配置されるのがポイントだ 3つ目は、種類の豊富な拡張端子だ。LG gramはシリーズ共通で、USB Type-C(一部モデルではより高速なThunderbolt 3兼用となる)に加え、USB Type-AやHDMI出力、そしてマイクロSDカードスロットなどを本体に内蔵する。 軽量ノートPCのライバル機などでは、軽量化の面も相まって拡張端子をUSB Type-Cに集約したモデルもあるが、そうしたトレンドに逆行するかのような構成になっているのだ。 これはLG gramシリーズが持つ「頻繁に使う端子は本体に直接搭載されているべきだ」というポリシーに基づいたもの。実際に使うユーザーの使い勝手を考えた仕様の一つなのである。 ▲本体付属のACアダプタと、USB Type-C to Ethernet(有線LAN)変換アダプタ。後者が付属するモバイルノートは昨今では珍しい 中でも特筆したいのが、電源(ACアダプタ)入力。本体に付属するアダプタは専用の端子を使うが、本体側はこれに加えて、USB Type-C(USB PD)対応のACアダプタも使える仕様だ。細かな出力に関しては、30Wでは電力不足の警告が表示されるが給電できる状態となり、45W以上であれば警告なしで使える。 昨今ではノートPC用のUSB Type-C版ACアダプタや30W以上の出力を持ったモバイルバッテリーも出回りが良くなりつつあり、また将来的に製品数は増加するため、利便性でのメリットは非常に大きなものとなる。 LG gramは実際に使ってみると、様々な箇所で使い勝手を上げるこだわりを感じさせるのだが、こうした拡張端子の豊富さはそうしたこだわりが強く発揮されるポイントでもあるわけだ。 4つ目は、使う際の安心感を支える堅牢性に関して。軽くて長時間駆動が可能でも、持ち運び時の衝撃などですぐに故障してしまうぐらいでは意味がない。実はLG gramは、この点でもユーザーからの評価が高い。 まず本体素材には、軽くて剛性もあるマグネシウム合金を採用。さらに本体内部の各所に効果的な補強を入れることで、実使用時での剛性を増している。 さらに安心感を高めてくれるのが、米国国防総省制定するMIL規格「MIL-STD 810」テストの7項目をクリアする点だ。衝撃および運送時(梱包された状態)での落下テスト、砂塵の中や低圧(高度)状態、高温や低温といった厳しい環境でのテスト、さらには振動を掛けての状態や塩水を噴霧してのテストなど、非常に厳しい検査となっている。 モバイルノートは常に持ち歩くアイテムだけに、こうした厳しいテストをパスしているというのは、実際に使う際の安心感に繋がる。「軽くても頑丈」という、昨今のモバイルノートPCのトレンドもしっかりとカバーしているのである。 アップグレードサービスを含めたお買い得度も大きな魅力 ▲17インチモデルを閉じた状態。外観の基本デザインは従来機と共通する、シンプルなものだ そして5つ目となるのが、モバイルノートPCとして購入しやすい価格だ。Microsoft Office 非搭載という点には留意が必要だが、13.3インチの最廉価モデル(といっても、4コアのインテルCore i5にメモリ8GB、ストレージ256GBという、充実装備モデルだ)の想定実売価格は14万6680円前後(税別)と、1kgを切るモバイルノートPCとしてはむしろ廉価な設定だ。 14インチは15万2880円前後から、15.6インチは16万2880円前後からと、こちらもかなりお得感の高い設定となっている。さらに注目の17インチモデルは、18万4480円前後。他に類を見ない大画面モバイルノートPCがこの価格というのは、間違いなく大きなポイントとなる。 そしてコストパフォーマンスという点で紹介したいのが、ユニークな「LG gramアップグレードサービス」だ。これは軽量ノートPCとしては類を見ない、メモリやストレージの増設をメーカーサービス扱いで可能にするというもの。作業はLGエレクトロニクスのカスタマーセンターでの作業となるため、PCの増設作業などに慣れていないユーザーでも安心して受けられる。 実際の価格も、メモリの8GB増設が送料込みで1万5000円、SSDの512GB増設は3万円とお得感が高い(2018年モデルの場合)。なお、2019年モデルも、製品の内部には増設用メモリスロットとSSDスロットが用意されている。 このようにLG gramシリーズは、モバイルノートPCで求められる、軽さとバッテリー駆動時間、耐久性といった要素を満たし、さらにお買い得感も高いというバランスの良さが魅力。こうしたバランスの良さは従来モデルのユーザーから定評が高かった点だが、2019年版でもこうした美点は継承されているのである。 映画館感覚の大画面をどこでも楽しめる17インチ ▲キーボードは日本語配列。17インチと15インチにはテンキー部も搭載される さて、2019年版のLG gramで注目機種となるのが、新しく加わった17インチモデル『17Z990』だ。最大の特徴はここまで紹介した通り、17インチの大画面を1.34kgで持ち運べること。この重量は、他社では比較的軽量な13インチノートPC程度の重さであり、実際に持ってみると数値以上に軽く感じるものだ。 従来の「17インチノートPC」は大きく重く、デスクトップの置き換えとして据え置きで使う前提の製品が一般的だったが、LG gramは画面の縁(ベゼル)を限りなく細くするナローベゼルデザインにより本体サイズも小型化。ベゼルが太い従来の15.6インチノートとほとんど同じ本体サイズのまま、17インチの広い画面を収めることに成功している。 ▲面積が大きいため、画面設定で拡大率を100%に設定しても文字の大きさは十分見やすい。解像度の高さを最大限に活かせるためヘビーユーザーにお勧めしたい また画面に関しては、大きさに加えてもう一つのポイントがある。それは解像度も2560×1600と高い点。シリーズの他モデルではフルHD(1920×1080)だが、それに比べると解像度の差は歴然だ。総画素数は従来モデルに比べて約2倍となっているため、たとえば表計算アプリなどでは作業領域が広くなる。 さらに縦横比も16:10と、13/14/15インチ(これらは16:9)と比べて縦に長い。Webブラウザなど、縦にスクロールする頻度の高い用途では、見やすさの差が効いてくる。 ▲タイピング位置から画面を見ると、視野面積の多くが画面を占める映画館的なビューに。これはぜひ自身で体験してほしい 今回は17インチの上位モデル『17Z990-VA76J』を試用してみたが、まず驚いたのは、大画面ならではの快適さ。 ノートPCはキーボードを備えているため、実際に使う際、目から画面の距離はほぼ一定になるのだが、本機をこの定位置で使うと、17インチという画面の大きさから視界の多くが画面に覆われて、高い没入感が得られるのだ。 この感覚に関しては、まさに「百聞は一見にしかず」と呼ぶにふさわしいもの。数値的な大きさを超えて、テレビの画面と映画館のスクリーンの違いを連想させるほど、画面の魅力が際立っている。可能であれば、ぜひ取り扱い店頭などで体験してほしい。 さて、こうした画面の迫力を支えるのが、画面周囲の縁を狭めたナローベゼル設計。画面の周りに余計な装飾が少ないため、画面の内容に集中できる。ナローベゼル自体はシリーズ共通で、コンパクト化(底面積縮小)にも貢献している。本機の場合も、一般的な15インチノートPC級の底面積に収まっているのがポイントだ。 また忘れてはならないのが軽さ。こちらも数値上では1.3kg超えとなるが、実際に持ってみると取り回しは数値以上に楽なのである。本体が大きいこともあり、最初に持ってみた感覚は「中身が入っているのか?」という疑問だったほど。これはシリーズに共通するものだが、体感的には17インチのほうが他より強く感じられたのは面白いところだ。 そして強烈な印象を残したのは、バッテリー駆動時間の長さ。今回は海人氏作のバッテリー測定アプリ「BBench」を使って、常時Webブラウジングをした状態で、画面輝度50%(本機の場合、室内では十分な明るさとなる)で測定してみた。 その結果は14時間5分と、非常に優秀なもの。公称値と比べると短かい数値となるのだが(これは公称値の測定法がWi-Fiをオフにしていることなどから)、Webブラウジングだけとはいえ、本来バッテリー駆動時間では不利な高解像度の大画面で、実測でも14時間以上をキープするというのは驚いた。 実際に使ってみてもこのバッテリーの持ちの良さは実感できるもの。Web閲覧や文書作成程度では、1日中充電なしで実用的に使える、と断言してよい。これは正直なところ、実際に使ってみて本当に驚いたところ。 もちろん本体の大きさから狭い箇所では使いにくいが、17インチでも「モバイル」はできるのだ、という体験ができるのは、一種の衝撃とも呼べる体験だった。 ▲CPU速度を測るベンチマークアプリ「CINEBENCH R15」での記録は「553」、同じく「GeekBench 4」ではシングルコアが「5171」、マルチコアが「12764」。このあたりはモバイルノートとして水準のレベルだ また速度の点でも、今回計測したモデルはインテルの4コアCPU『Core i7-8565U』を搭載するため、モバイルノートPCとしては水準以上。簡単な写真の現像処理や画像編集にも使ってみたが、画面の大きさと相まって非常に快適だった。 そのほかの基本性能も、RAMは8GB(速度はDDR4-2400)で、SSDはシリアルATA接続の512GB、そしてUSB Type-C端子は5Kディスプレイや外付けGPUなどが接続できるThunderbolt 3兼用タイプと、モバイルノートPCとして十分な水準。 特徴で紹介した豊富な拡張端子と合わせて、モバイルを抜きにした「1台目のノートPC」としても、十二分に使えるだけの資質が備わっている。 LG側は本機を称して、ノートPCの枠を超えた大画面で作業できる点から「モバイルデスクトップ」と呼んでいるが、17インチの画面を実用的に持ち出せるという気持ちよさを味わうと、このキャッチフレーズは誇張ではないと実感できるものだ。 13/14/15インチも順当に強化。より完成度の高いモデルへ ▲指紋センサーは電源ボタン一体型。電源オンのあとに指をしばらく置いておけば、ワンアクションでログオンまでが行える。認証速度も速い なお、13/14/15インチモデルも、モデルチェンジによって機能が大幅に強化されている。冒頭で紹介したバッテリー駆動時間の延長に加えて、2018年モデルでは上位機種のみだった電源ボタン兼用の指紋認証センサーを全機種に搭載。セキュリティと使い勝手が向上している。 ▲上位モデルではThunderbolt 3を搭載。搭載モデルには2018年モデルと同じく、ステッカーが貼られる さらに2018年モデルと同じく、上位機にはThunderbolt 3端子を採用。USB Type-Cより高速な、最高40Gbpsという超高速データ転送が可能なため、外付けの4K解像度液晶×2台や5K液晶の接続も可能な点が特徴。 加えて廉価機に搭載されたUSB Type-C(専用)端子では、最高10Gbpsに速度が向上している点もポイントだ(2018年モデルまでは最高5Gbps)。 このように2019年版LG gramは、細かな弱点の強化により、モバイルノートPCとして一層完成度を高めている。それにより、従来機でも美点だった「実際に使ってみると元に戻れない」タイプの魅力がますます輝く仕上がりとなった、堂々と推せるシリーズだ。その完成度の高さを、そして17インチ画面の驚きを、ぜひ店頭などで確認してみてほしい。 またLGは「LG gramers レビューキャンペーン」と題して、抽選で10名にLG gram 17インチモデル 17Z990 を試用してもらうキャンペーンも実施している。こちらもあわせて検討してほしい。 LG gramers レビューキャンペーン ■ LG gramersとは? LG gramのアンバサダーである"LG gramers"! このレビューキャンペーンでLG gramの魅力を発信するLG gramersになってください! ■募集要項 LGエレクトロニクスの2019年ノートパソコン「LG gram 17Z990」を約1~2週間ご使用いただき、 ソーシャルチャンネルやブログなどにレビューを投稿していただきます! 製品は製品をそのままご使用いただけます。 ■募集人数(応募多数の場合は抽選となります) 10名「LG gram 17Z990」 20名「Amazon ギフト券 10,000円」 ■登録期間 2019年2月25日(月)〜2019年3月9日(土)23:59ご登録受付分まで より詳しい情報は応募フォームをチェック! LG gramスペシャルサイトもチェック! 皆様奮ってご応募ください!
[記事元] https://japanese.engadget.com/pr/lg-gram-17/ [カテゴリー]SSDガジェットGram [投稿日時]2019-02-27 13:00:00
GIGAZINE
LGエレクトロニクスのノートPC「LG gram」のラインナップに2019年2月15日から、「17Z990-VA76J」が加わっています。13.3インチ、14.0インチ、15.6インチという3サイズだった旧モデルから、新たに登場した17.0インチモデルは、解像度2560×1600ピクセルというデスクトップPCと見まごう大画面でありながら重さが約1300グラムと、「世界最軽量の17型ノートPC」としてギネス世界記録にも認定されたとのこと。今回、「17Z990-VA76J」の実物を入手できたので、その軽さと使い勝手を実際に使って試してみました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190224-lg-gram/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-24 15:00:00
GIGAZINE
LGエレクトロニクスのノートPC「LG gram」のラインナップに2019年2月15日から、「17Z990-VA76J」が加わっています。13.3インチ、14.0インチ、15.6インチという3サイズだった旧モデルから、新たに登場した17.0インチモデルは、解像度2560×1600ピクセルというデスクトップPCと見まごう大画面でありながら重さが約1300グラムと、「世界最軽量の17型ノートPC」としてギネス世界記録にも認定されたとのこと。今回、「17Z990-VA76J」の実物を入手できたので、その軽さと使い勝手を実際に使って試してみました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190224-lg-gram/?utm_source=rss [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-24 15:00:00
Engadget Japanese
LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は2月20日、総務省がソフトバンクのゼロレーティング(動画SNS放題)を一部規制する方針を固めたとする朝日新聞の報道に言及しました。 ソフトバンクは「動画SNS放題」という名称で、一部SNSや動画サービスのデータ通信をノーカウントにしています。こうしたプランは「ゼロレーティング」と呼ばれ、ノーカウントの対象外となったサービスが不利となることから、サービス間の公正な競争を妨げると問題視する声もあります。 一方、LINEモバイルも、SNSや音楽配信を中心に、TwitterやInstagram・FaceBook・LINE MUSICなどの通信をカウントしない「データフリー」を導入しています。今回のゼロレーティングに関する報道を受け、動向に注目が集まっていました。 「総務省のガイドラインを見てから検討」 嘉戸社長は『今は総務省から正式なガイドラインは出ていないので、出てからどうするか検討していきたい。ただ、データフリーに関しては"通信の秘密"と"ネットワークの中立性"の2つが問題になると認識しているが、1つ目は個別具体的な合意をユーザーにとっている。2つ目については、総務省のガイドラインを見ながら決めていくことだと認識している』とコメントしました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/02/19/line-sns/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-20 12:38:00
スラド
Microsoftは14日、Windows 10 Insider Preview初の20H1ビルドとなるビルド18836をWindows Insider Programの設定で「スキップ」を選択したユーザーに19H2ビルドをスキップして提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。 20H1は来年上半期にリリース予定のバージョン。より長い準備期間が必要なため、この段階で提供開始したとのこと。これまでの開発ブランチ初期のビルドと同様に現在のリリースブランチで最新のビルド18334(19H1)と大きな違いはなく、変更点は修正または改善のみとなっている。バージョンも1903のままだ。なお、最近数ビルドはアップグレード所要時間が大幅に短縮されていたが、本ビルドでは再び長くなっているようだ。 19H2ビルドに関しては、今春の19H1が完成に近付いた段階で提供開始するという。ただし、どのリングを選択したユーザーに提供されるのかについては説明されていない。また、19H1が完成に近付いたら「Release Preview」リングで19H1のドライバーや品質アップデートのテストを行うとのこと。19H1ビルドは「スロー」リングにまだ一度も提供されていないが、これに関する言及はない。 すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー | 関連ストーリー: Windows Insider Program、Skip Aheadの受付を再開 2019年02月02日 Windows 10 Insider Preview 19H1、初のリリースブランチビルドが提供開始 2019年01月30日 Windows 10 バージョン1809、段階的なロールアウトを開始 2019年01月19日 Windows 10 バージョン1809、上級ユーザー向けの提供を全面的に開始 2018年12月21日 Windows 10 October 2018 Update再リリース、問題も増加 2018年11月17日 Windows 10 October 2018 Update、一般提供が再開されないまま11月に入る 2018年11月03日 Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止 2018年10月06日 Windows 10 Insider Preview、初の19H1(RS6)ビルドが提供開始 2018年07月28日 Windows Insider Program、「スロー」リングに意味はあるのか 2018年06月24日 Windows 10 Insider Preview、初のRS5ビルドが提供開始 2018年02月17日 Windows 10 Insider Preview、3日間で2本の新ビルドがリリース 2017年08月27日 Windows Insider Program、Fall Creators Updateを飛ばして次の開発ビルドを受け取る新オプションが追加される 2017年07月29日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/02/15/2355241/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-16 06:25:00
スラド
headless曰く、現在は定員に達して新規参加できないが、MicrosoftがWindows Insider Program参加者に対し、ゲームのテストを要請している(Xbox Wire、Windows Experience Blog、4Gamer)。 テストに参加するにはaccount.xbox.comにMicrosoftアカウントでログインしてゲーマータグを作成し、Xbox Insider Hubアプリをインストールする必要がある。Microsoftはゲーマータグを使用してXbox Insider Hubにサインインすると説明しているが、サインインにはMicrosoftアカウントが使われ、ゲーマータグを入力する場面はなかった。 あとは「Insiderコンテンツ」から対象となる「State of Decay: Year One」を選択して参加すればいい。上述の通り現在は定員いっぱいで参加できないが、定員は今後数週間かけて拡大していくとのこと。ゲーム自体は期間限定で無料提供される。テストの内容としてはインストールと起動に関するもので、プレイに関するものではないようだ。問題があればフィードバックHubで報告するよう求めている。 なお、このタイトルはWindows 10 Insider Previewビルド18329(19H1)以降がインストールされていなければ表示されない。ただし、昨年12月以降の19H1ビルドは最新のビルド18334を含め、人気ゲームで使われているBattleEyeソフトウェアが正常に動作しないとのことなので注意が必要だ。 すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | ゲーム | デベロッパー | 関連ストーリー: Windows Insider Program、Skip Aheadの受付を再開 2019年02月02日 Windows 10 Insider Preview 19H1、初のリリースブランチビルドが提供開始 2019年01月30日 Windows 10 Insider Preview、Cortanaと検索が分離 2019年01月19日 Microsoft、Windows 10 バージョン1903で導入予定の「予約済み記憶域」機能を解説 2019年01月12日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/02/15/0639253/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-15 08:27:00
OSDN オープンソースプロジェクトニュース一覧
Release 6.7.0 introduces several improvements and fixes. A more streamlined GUI was implemented for archiving and extraction, now multiple tasks are performed in a single instance (easier to hide, move or resize) providing information and progress bars for current task and for overall process. 7z backend is updated to 18.06 version. 188 file extensions are currently supported. PeaZip is a file manager and archive manager utility (compress and decompress files, backup data), focused on security and data protection, Free Software replacement for WinRar, WinZip, and similar applications. Create (compress to) 7Z, BZip2, GZip, PAQ, PEA, TAR, WIM, XZ (LZMA2), ZIP files, SFX self-extracting archives, and spanned archives (001 split files) Open, browse, decompress/extract RAR/RAR5, ACE, APPX, APK, ARJ, CAB, DMG, IPA, ISO, JAR, LHA, MSI, UDF, ZIPX files and more... Built-in archive conversion: convert or consolidate existing archives, from any read-supported to any write-supported type, e.g .rar to .zip or .7z conversion; repair FreeArc .arc archive format. The program provides strong encryption with optional two factor authentication (encrypt with password and keyfile), encrypted password manager, random password / keyfile generation, secure data deletion (files, folders, free disk space), hashing and checksum functions. Released as LGPLv3 software for Microsoft Windows (XP, Vista/7/8/10, 32 and 64 bit; ReactOS and Wine), GNU/Linux, and BSD systems - experimental Linux for ARM (ChromeOS, Android) version is available. DOWNLOADS PeaZip http://www.peazip.org PeaZip Add-ons and Plugins http://www.peazip.org/peazip-add-ons.html SUPPORT Online Tutorial http://www.peazip.org/peazip-help.html Frequently Asked Questions http://www.peazip.org/peazip-help-faq.html Change log http://www.peazip.org/changelog.html Facebook https://www.facebook.com/pages/PeaZip/21089924985 Twitter https://twitter.com/peazip_software RSS Feeds https://osdn.jp/projects/peazip/releases/rss Translations are available in 30 languages, help is welcome to translate the application to new languages and maintain current localizations, so please give a look to translations page https://github.com/giorgiotani/PeaZip-Translations/releases
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/peazip/news/25945 [カテゴリー]AndroidGram [投稿日時]2019-02-10 22:08:34
スラド: IT
Googleは5日、任意のWebサイトへログインする際、過去に流出したユーザー名とパスワードの組み合わせを使用していないかどうか確認するChrome拡張機能「Password Checkup」をChromeウェブストアで公開した(Google Security Blogの記事、 Googleアカウントヘルプ、 The Keywordブログの記事、 Ars Technicaの記事)。 Mozillaは任意のブラウザーで利用可能な個人情報流出を通知するサービス「Firefox Monitor」や、個人情報が流出したWebサイトにアクセスすると通知するデスクトップ版Firefox限定機能の「Firefox Monitor Notification」でHave I Been Pwned?のデータを使用しているが、Googleは独自に収集したデータを使用しているそうだ。 Googleはデータ侵害により流出したユーザー名とパスワードを発見すると、ハッシュ化したうえで暗号化し、ハッシュの先頭2バイト分(プリフィックス)とともに保存しているという。Password Checkupはユーザーが任意のWebサイトにログインする際、ユーザー名とパスワードをハッシュ化してからユーザー側の暗号鍵で暗号化し、ハッシュのプリフィックスと暗号文をGoogleへの問い合わせに使用する仕組みだ。 問い合わせを実行するとプリフィックスが一致するデータに加え、暗号文をGoogleの暗号鍵でさらに暗号化した暗号文が返される。この暗号文をユーザー側の暗号鍵で復号すれば、Google側の暗号鍵のみで暗号化された状態となる。これによりGoogleにユーザー名やパスワードを知らせることなく、ローカルでGoogleのデータとの照合を実行可能になるとのこと。 現在公開されているのは最初のバージョンであり、今後数か月の間にさらなる改善が行われるとのことだ。 すべて読む | セキュリティセクション | Chrome | セキュリティ | 情報漏洩 | 関連ストーリー: 「宅ふぁいる便」のユーザー情報漏洩、漏洩したパスワードは暗号化されていなかった 2019年01月30日 宅ふぁいる便、ユーザーのメールアドレスやパスワードなど約480万件が漏洩 2019年01月26日 どこかで流出した電子メールアドレスとパスワードの組み合わせ27億行近くを含むデータ、古いものが大半 2019年01月20日 Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日 Mozilla、デスクトップ版FirefoxでWebサイトの情報漏洩を通知する機能の追加を発表 2018年11月20日 Mozilla、既知の個人情報流出の影響を通知するサービス「Firefox Monitor」を開始 2018年09月28日
[記事元] https://security.srad.jp/story/19/02/08/222216/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-09 04:32:00
Engadget Japanese
CES 2019では数多くのノートPCが発表されていましたがそのなかでも筆者が特に惹かれたのが、17インチの大型ディスプレイを搭載しながら、約1340gの軽量ボディーを実現した「LG gram 17Z990シリーズ(以下17Z990)」。ワタシは以前17インチMacBook Proを使っていましたが、Late 2011の重量は2.99kg。本製品はその半分以下の重量なのだから驚きです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/02/04/17-pc-lg-gram/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-05 13:34:00
スラド
SNSへの投稿管理ツールなどを提供しているHootsuiteが、デジタル技術に関する使用状況を調査した結果を「The Global State of Digital in 2019 Report」として公開している(@itomonari氏のTweet、we are social)。 この調査ではモバイル端末やインターネット、ソーシャルメディアなどを使っている人の数および割合などがまとめられている。例えば全世界人口のうち、モバイル端末を使っている人の割合は67%、インターネットユーザーの割合は57%、ソーシャルメディアをアクティブに使っている人の割合は45%、モバイル向けのソーシャルメディアを使っている人の割合は42%となっている。 日本での状況を見ると、日本におけるインターネット利用者は人口の94%と世界平均と比べて高い一方、一日あたりの平均インターネット使用時間は3時間45分と、世界平均の6時間42分と比べて少ない。また、モバイル端末でのインターネット利用時間については世界平均は3時間14分なのに対し日本平均は1時間25分、コンピュータでのインターネット利用時間については世界平均は3時間28分なのに対し日本平均は2時間20分となっている。 日本におけるソーシャルメディアのアクティブユーザー数については、人口比で61%と世界平均よりも多い一方、一日あたりの利用時間は36分と、世界平均の2時間16分と比べて大幅に少ない。 そのほか、この調査では国別の平均インターネット接続速度や音声による端末操作の利用割合、広告ブロッカーの利用割合、FacebookやInstagramといったサービス別の利用状況についてもまとめられている。 すべて読む | ITセクション | IT | SNS | 関連ストーリー: スマホやタブレットの使い過ぎは子供に悪影響? 2018年12月26日 2019年に世界のインターネット利用時間はテレビ接触時間を超えるとの予想 2018年06月18日 2016年度の 青少年のネットリテラシ調査結果が発表される 2017年04月11日
[記事元] https://it.srad.jp/story/19/02/05/0517242/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-05 05:26:00
Engadget Japanese
ベビーカーで地下鉄の改札を通るとき、Suicaを取り出すためにモタモタして後ろが気まずい。赤ちゃんを抱っこしていると、買い物だってひと苦労です。そんなわたしを救ってくれたのがApple Watch。電子決済でどこでもピッ! とスイスイ会計できるようになりました。 そんな便利生活にすっかり慣れてしまったが故に、財布を忘れてしまうことも......。大手チェーン店なら困ることはあまりないのですが、ちょっといつもと行動経路を変えた日は大変! そりゃ財布を忘れないように気をつけるしかないのですが、どうしたものかと悩んでおりました。 そんな時に出会ったのが、ajew(エジュー)のスマホケース「cadena zipphone case」です。 以前からInstagramで話題となっており、おしゃれな人の間で流行していたそう。重厚感あるレザーのケースに、小さなポーチがくっついているんです。 パッケージはこんな感じ。プレゼントにもよさそうです。 ちょっと重いかなー? 不便じゃない? と思っていましたが、使ってみるととても便利。わたしは鍵と小銭、もしもの時用に万札を入れておくことにしました。 わたしが使っているのはiPhone Xなのでやや小さめですが、Plus用ならもっと入りそう。リップクリームを入れてもいいかもしれません。 ボタンを外せば自立します。これは便利。横向きの状態で立てられないのはちょっと残念です。 レザーケースだと手に持って操作するには重いかな? と思いきや、リングがついているので、ホールド感もばっちりです。 そもそも財布を忘れるな! ですが、心理的には安心。近所だったらこれひとつで外出できるようになります。わたしは別注コラボモデルのシルバーを購入しましたが、ほかにもブラックやカーキなど、性別問わず使えるカラー展開も魅力。おすすめですよ。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/02/04/ajew/ [カテゴリー]ガジェットiPhoneGram [投稿日時]2019-02-04 17:00:00
スラド
Windows Insider Programで1月31日、Skip Aheadの受付が再開された。秋の大型アップデートに向けたWindows 10 Insider Previewの19H2ビルドも近く提供開始されるとみられる(Windows Insiderのツイート)。 2017年夏に追加されたSkip AheadはWindows 10 Insider Previewのビルドがリリースブランチに移行して以降、さらに次のバージョンに向けた開発ブランチのビルドを引き続き受け取るためのオプションだ。これまではリリースブランチのビルド提供開始と同時にSkip Aheadで開発ブランチのビルドが提供されていた。Windows 10 バージョン1809のリリース以降Skip Aheadは閉鎖されていたが、先日リリースブランチのビルド18323(19H1)の提供が始まったため、Skip Aheadの再開も近いとみられていた。 先日までビルド18323ではInsiderの設定に表示される選択肢は「スロー (推奨)」「ファスト」「Release Preview」の3つだったが、現在は「Skip ahead」が追加されている。ビルド18290ではこれまで通り、「スキップして、次回のWindowsリリースを利用」を選択すると「Skip Aheadは現在閉鎖されています。このオプションを選択すると、今後、Windows Insider Programの設定が戻されます」と表示されるが、選択が「ファースト」に戻されることはなかった。 すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー | 関連ストーリー: Windows 10 Insider Preview 19H1、初のリリースブランチビルドが提供開始 2019年01月30日 Windows 10 Insider Preview、初の19H1(RS6)ビルドが提供開始 2018年07月28日 Windows Insider Program、「スロー」リングに意味はあるのか 2018年06月24日 Windows 10 Insider Preview、初のRS5ビルドが提供開始 2018年02月17日 Windows 10 Insider Preview、3日間で2本の新ビルドがリリース 2017年08月27日 Windows Insider Program、Fall Creators Updateを飛ばして次の開発ビルドを受け取る新オプションが追加される 2017年07月29日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/02/01/2144256/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-02-02 10:11:00
Engadget Japanese
今週はじめ、FacebookがiPhoneの使用履歴など個人情報を吸い上げるアプリを(ユーザーの承諾を得て)配布していたことがわかり、アップルはFacebookの企業証明書を無効化する措置を講じました。ここで問題とされたのは、このようなアプリはApp Storeの審査基準を満たさないため、あえて社内アプリの体で制作したアプリをApp Storeを回避してユーザーに配布していたことでした。 アップルがFacebookの企業証明書を無効化したことで、Facebookでは"本当の社内向けアプリ"もブロックされることとなり、MessengerやInstagramその他アプリの開発版も動作が不可能になったと報じられていました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/31/google-iphone/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2019-02-01 13:30:00
GIGAZINE
iOSでアプリを配信するには公式のApp Storeを使用するのが一般的な手順ですが、社内で開発したアプリを社内でだけ使ってもらいたいというケースも往々にしてあります。AppleのApple Developer Enterprise Programに登録すれば、App Storeを経由せずに社内向けアプリを配信することが可能になるのですが、Facebookがこの機能を悪用したとしてAppleから社内向けアプリの配信をブロックされるという事態が発生しています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190131-apple-blocks-facebook-internal-apps/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-31 10:31:00
スラド
headless曰く、iPhoneなどで利用できるビデオ通話機能「グループFaceTime」で通話相手が応答しなくてもマイクからの音声を聞いたり、カメラからの映像を見たりできるバグが発見されたそうだ(9to5Macの記事1、記事2、Mac Rumors、Axios)。 Appleは既にグループFaceTimeのサービスを一時停止しているが、バグの再現方法としては、FaceTimeでビデオ通話の呼び出し中に自分の電話番号をグループに追加するというものだ。これにより、双方の端末で互いの音声が聞こえるようになる。さらに着信側がiPhoneの場合、電源ボタンやボリュームボタンを押すと音声はミュートされるものの、着信側カメラの映像が発信側に表示されるという。発信側が2台の端末を使って着信側カメラの映像を見る方法も発見されている。 グループFaceTimeの機能はiOS 12.1以降およびmacOS Mojaveで利用できる。Appleはこの問題を修正したアップデートを今週中に提供するとのことだ。 すべて読む | アップルセクション | MacOSX | バグ | アップル | iOS | IT | プライバシ | 関連ストーリー: iOSでは大化以降すべての元号が収録されている 2019年01月22日 Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日 運転中にビデオチャットアプリを使用していたドライバーによる交通事故、被害者がAppleを提訴 2017年01月11日 「iPhoneを探す」で実際の所在地とは別の場所が現在位置として表示される問題 2016年01月26日
[記事元] https://apple.srad.jp/story/19/01/31/0320201/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2019-01-31 03:47:00
Engadget Japanese
LGエレクトロニクス・ジャパンは、Windows 10 Home搭載のモバイルノートPC「LG gram」の2019年モデルを2月15日に発売します。4つの画面サイズで11モデルの構成をラインナップし、価格は最下位構成の13.3インチ・Core-i5プロセッサー搭載モデルで14万6880円前後(税抜、以下同)、最上位の17インチ・Core i7プロセッサー搭載モデルで21万5880円となっています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/29/lg-gram-2-15-1340/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-30 11:00:00
スラド
25日、ファイルアップローダサービス「宅ふぁいる便」でユーザー情報が漏洩していたことが発覚したが(過去記事)、漏洩した情報には「暗号化されていない」パスワードが含まれていたという(宅ふぁいる便による「お知らせ」)。 これによると、「流出したログインパスワードは、暗号化されておりませんでした」とのこと。なお、1月29日17時時点で復旧の目処は立っておらず、また復旧するまで登録しているアドレス帳の内容や退会手続き、領収書の発行などが行えない状況だという。 FNN PRIMEの記事によると、同サービスは開始当初からパスワードを暗号化していなかったとのこと。この仕様が問題だという認識はあったようだが、具体的な対応はまだ行われていなかったという。また、アップロードされたファイルについては漏洩は確認されていないようだ。 すべて読む | ITセクション | セキュリティ | IT | 関連ストーリー: 宅ふぁいる便、ユーザーのメールアドレスやパスワードなど約480万件が漏洩 2019年01月26日 Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日 Twitter、パスワードが平文でログに記録されていたことを発見、全ユーザーにパスワードの変更を促す 2018年05月04日 T-Mobile Austria、ユーザーのパスワードを平文で保存しているとツイートして騒動に 2018年04月12日 パスワード変更不可な米長距離バス会社のWebサービス 2017年05月07日
[記事元] https://it.srad.jp/story/19/01/30/0840258/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-30 09:36:00
Engadget Japanese
坂本ラチ?ヲは1月29日、フ?ラント?「GRAMAS COLORS」から2種類のPUレサ?ーをワンカラーにまとめたiPhone用シェル型ケースを発売しました。 クロコタ?イルとリサ?ート?2種類のPUレサ?ーを使用。大きなPUレザーをそれぞれ裁断して張り合わせており、革の模様はケース1つ1つそれぞれ違います。カラバリはBlack、Green、Red、Pink、Blueの5色をラインナップ。価格はiPhone XS/X用、iPhone XS Max用ともに税込み3800円。直販限定製品となっており、GRAMASの製品サイトから購入できます。 ■製品サイト GRAMAS COLORS "AMAZON" PU Leather Case for iPhone XS/X https://www.gramas.jp/products/616 GRAMAS COLORS "AMAZON" PU Leather Case for iPhone XS Max https://www.gramas.jp/products/617 ▲上部はリザードを採用 ▲下部はクロコダイルを採用 ▲側面はこんな感じです。革のグラデーションが美しいですね ▲ 手に持ってPUレサ?ーだと気づくほど雰囲気や見た目はクロコダイルとリザードそのものです ▲ディスプレーの内側には食い込まない形状なので、液晶保護フィルムには干渉しません PUレザーとは思えないようなクロコダイルとリザードのインパクトは抜群。ビビットなカラーリングも相まって、装着するだけで1目置かれること間違いないiPhoneケースですね。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/29/pu-iphone-3800-gramas/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2019-01-29 19:17:00
OSDN New Releases
nicovideo-dl is a small command-line program to download videos from www.nicovideo.jp. It is implemented by Python. It is platform-independent and should work on Unix/Windows/Mac.
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/nicovideo-dl/releases/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-26 08:05:53
Engadget Japanese
Appleが、iPhoneで撮影した写真を投稿するキャンペーン「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。期間は2月8日16時59分(日本時間)まで。 Shot on iPhone ChallengeはiPhoneで撮影した写真をInstagram、Twitter、Weibo、あるいはEメールで直接投稿するだけ応募可能なキャンペーンです。審査員が世界中から応募された作品の中から10点を選び、2月中に入賞作品の発表が行われます。 入賞しても、とくに賞金や賞品があるわけではありませんが、入賞作品はApple直営店やオンライン広告、野外広告などに使用されるとのことです。 写真はiPhoneで撮影したものなら、サードパーティ製アプリで編集しても構わないとのこと。ただし、撮影したiPhoneの機種名や編集に使ったアプリ名は記載する必要があります。なお、応募資格は18歳以上となっているので注意してください。 そして、この手のキャンペーンで話題になる、応募作品の権利関係については下記のとおり。 応募された写真の権利は応募者に帰属します。ただし、応募することによって、応募者はAppleに対し、Apple Newsroom、apple.com、AppleのTwitter、Apple Instagram (@Apple)、Apple直営店内、Apple Weibo、Apple WeChat、Appleの屋外広告など、そしてAppleの社内展示会において、応募写真を利用、変更、発表、展示、配布、応募写真の派生作品を制作し、応募写真を複製するためのロイヤルティーフリーの、全世界的な、取り消し不能の、非排他的ライセンスを1年間与えることになります。これらの使用目的で複製された写真にはフォトグラファーのクレジットが付きます。あなたの写真が入選した場合は、当該写真の排他的商用利用権をライセンス期間中Appleに提供することに同意するものとします。 そのほか、詳細な応募条件などは、公式サイトで確認をお願いします。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/23/apple-iphone-shot-on-iphone-challenge/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2019-01-23 18:50:00
GIGAZINE
文章を読むのが人間であれば、入力にミスがあっても簡単に気付いて正しく読むことができますが、コンピューターにはそうした柔軟性がないため、プログラミングを行う際には一言一句正確に文字を入力する必要があります。この時に問題になってくるのが「O(オー)と0(ゼロ)」や「I(アイ)とl(エル)」など「人間には同じに見えるのに内部的には違う」文字で、これらの打ち間違いを目で探すのは至難の業。そんな紛らわしい文字をパッと見分けやすくしたプログラミング用のフリーフォントが「Programming Fonts」にまとまっていたので、どんなものがあるのか確かめてみました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190123-programming-fonts/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-23 09:00:00
スラド
nemui4 曰く、 人気店の商品名や店名を勝手に商標登録し、その商標を使ってフランチャイズビジネスを展開していたという企業が炎上している(市況かぶ全力2階建、リアルライブ)。 シンガポールで有名な「ティラミスヒーロー」を名前ロゴから商品まで丸パクリしたらしいお店が日本で先に商標を抑えて開店したとかで炎上開始っぽい。他国の有名商標とかのパクリ商法は時々ありますね。 事の発端は、シンガポールで瓶入りのティラミスを販売する「The Tiramisu Hero」が、「2012年にシンガポールでつくった私達のオリジナルブランドロゴがコピーされ、只今日本で使用できなくなってしまいました」との告知を行ったこと(同社の告知)。日本で無関係の別の企業が「ティラミスヒーロー」という商標を取得したため、日本で同ブランドが利用できなくなったという。 同社は「ティラミスヒーローの名称にてフランチャイズや代理店の募集が、ネット等でなされておりますが、シンガポール本店「The Tiramisu Hero」並び、当社(日本支店)とは一切関係ありません。シンガポール本店並び、当社(日本支店)ではフランチャイズなどの募集は一切行っておりません」とし、日本では「アントニオヒーロー」「ティラミススター」という別のブランドで展開することを決めたとしている。 現在「ティラミスヒーロー」という商標はgramという名の企業が保有しているが、同社はほかの人気店の商品名も商標として登録・申請しており、さらに同社の「gram」という名前についても、そもそもは無関係な大阪の人気パンケーキ店の店名を勝手に商標登録していたものではないかとの疑惑が出ている。これを受けてSNSなどではgramを批判する声が相次いでいるほか、Wikipediaに作成された同社社長の項目(荒らしとして削除予定)では「日本の恥さらし」などと荒らされる状態になっている。さらに、飲食店の商標だけ得なく特許でも同様の行為を行っているのではないかという疑惑も出ている(@mimichanchan32氏のTweet)。 この騒動を受けて、gramはロゴ使用権をTiramisu Hero側に「お渡しする」と発表した(ITmedia)。ただ、この発表は商標自体の譲渡ではなく単に使用権を渡すだけのようにも読めるとの指摘もある(弁護士・福井健策氏のTweet)。 すべて読む | YROセクション | パテント | 関連ストーリー: 突然現れた「日本ワードプレス協会」とこの協会によるWordPressの認定資格が話題に 2018年07月03日 第三者による大量の商標登録出願問題、法改正で対処される 2018年06月14日 特許庁、無関係の商標出願に対策。今後は先願の却下を待たずに審査 2017年06月22日 千葉県の地層由来の時代「チバニアン」、すでに商標登録されていた 2017年06月05日 「青空文庫」が商標出願されていた 2016年11月10日
[記事元] https://yro.srad.jp/story/19/01/23/0630212/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-23 07:28:00
Engadget Japanese
リリース概要 ● レーザーで刻印されたブラックのトップカバーにダークレッドのヒンジが大胆な中にも上品さを演出 ● 高性能テクノロジー搭載でスムーズかつパワフルなゲーミングを実現 ● NitroSense で最高のゲーミング環境をリアルタイムで完全コントロール ● 色鮮やかで迫力のある映像が楽しめるIPS 対応フルHD15.6 型液晶パネル搭載 ● ゲーミングの質を向上させるパワフルでクリアなサウンド ● 高速無線LAN 接続でスムーズで安定したゲーミングや動画配信が楽しめる 日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:? 國良(ボブ・セン))は、ゲーミングブラ ンドAcer Nitro(エイサーニトロ)シリーズより、高速起動・高速読込みでスムーズかつパワフルなゲーミングを 実現するゲーミングノートPC Acer Nitro 5 「AN515-52-F76Z」を1 月31 日(木)より発売いたします。                  Acer Nitro 5 シリーズ「AN515-52-F76Z」 レーザーで刻印されたブラックのトップカバーにダークレッドのヒンジが大胆な中にも上品さを演出 ブラックのトップカバー表面にレーザーで刻印されたテクスチャー模様に、ダークレッドのヒンジがアクセントとなり、大胆なビジュアル効果の中にも上品さを演出します。大きめなサイズのキーストローク1.6 mm のチクレットキーボードは、バックライト機能も搭載し暗い場所でも快適なゲーム操作を可能にします。 高性能テクノロジー搭載でスムーズかつパワフルなゲーミングを実現 先進のGPUアーキテクチャを採用したNVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1050Ti搭載で高精細、高品位のグラフィックスで最高のゲーム体験を実現します。高性能プロセッサー第8世代インテル(R) Core™ i7 プロセッサー搭載で高解像度で人気の最新eSportsゲームタイトルに最適です。さらにメモリは16GB低消費電力かつ超高速のDDR4、ストレージには高速起動が可能な256GB SSD、大容量2TB HDDを搭載。ゲーム起動時間、読み込み時間を短縮し、ライバルよりも圧倒的なスピードでゲーミングフィールドに到達できます。 NitroSenseで最高のゲーミング環境をリアルタイムで完全コントロール NitroSenseは、システムの設定状態をリアルタイムで簡単に一元管理できるツールです。Coolboosterモードを使えば、CPU/GPUを監視し、最高ファン速度(10%スピードアップ)や冷却性能の向上(CPU/GPUの温度が3℃ 4%低下)を実現します。PC内部の温度の上昇を抑え、不安定な動作や熱によるパフォーマンス低下を防ぎ、本体を常に最適なゲーミング環境に維持します。 色鮮やかで迫力のある映像が楽しめるIPS対応フルHD15.6型液晶パネル搭載 15.6型の大画面に鮮明な映像を最大170°という広視野角で表示。IPS対応フルHD液晶パネル採用で、どの角度から見ても、ムラのない鮮やかなカラーでゲームの世界を映し出します。複数人で画面を囲んだ時もプレーヤーと同じようにリアルな映像を楽しめます。 ゲーミングの質を向上させるパワフルでクリアなサウンド Dolby™ Audio PremiumとAcer TrueHarmony™の2基のスピーカーを採用。迫力の戦闘シーンでは大音量でパワフルなサウンドを体感できます。またクリアでメリハリのあるサウンドが全方位から聞こえるサラウンドサウンドは、敵の足音や銃声も聞き逃すことなく、ゲームの中にいるような臨場感で戦闘を有利に進めます。 高速無線LAN接続でスムーズで安定したゲーミングや動画配信が楽しめる 最新の2×2 802.11ac 160MHz Gigabit Wi-Fiによって、2×2 802.11ac 80MHzの最大2倍、従来802.11n 1×1の最大12倍のスピードでのデータ通信を実現しました。エフェクトの多いゲームシーンのプレイはもちろん、ゲームプレイ動画配信も安定した環境で楽しめます。 ※実際の速度は、距離範囲、転送レート、サイト状態、ネットワークの規模、その他により変動します。 製品ページURL https://acerjapan.com/notebook/nitro/nitro5/AN515-52-F76Z リリースページ https://acerjapan.com/news/2019/480354 Acerについて 1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは世界トップ5のPCカンパニーとして、現在、全世界で7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。 詳細はhttps://www.acer-group.com (英語版)をご覧ください。 日本エイサー株式会社について 社名 :日本エイサー株式会社 所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F 代表者:代表取締役社長 ボブ・セン URL :https://acerjapan.com 公式facebook:https://www.facebook.com/AcerJapan 公式Twitter :https://twitter.com/AcerJapan 公式Instagram:https://www.instagram.com/acer_japan/ 公式YouTube:https://www.youtube.com/user/AcerJapanChannel (C) 2019 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。 (C) 2019 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels. 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/22/15-6-acer-nitro-5-an515-52-f76z-1-31/ [カテゴリー]SSDスマートフォンGram [投稿日時]2019-01-22 21:17:00
OSDN New Releases
PC Equalizer is a Graphical User Interface for "Equalizer APO" which is a parametric / graphic equalizer for Windows. Designed for those who are looking for fixed frequencies equalizer, offering a quick and easy audio filtering with ability to control left-right channels (Stereo, Mono, Swap, Invert, Balance...etc), Expand or contract Stereo using Pan\Expand processing feature. You can create effects using Multi-Delays feature e.g. Echoes, Delays, Reverb & many others. Also you can assign a preset to a program such as (Rock preset with Winamp, Classic preset with Windows Media Player, or Pop preset with PotPlayer...etc). If you want to help me continue improving this app, donate through paypal! https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=KGA38R69W6J
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/pc-equalizer/releases/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-21 07:33:25
スラド
Microsoftは16日、Windows 10 Insider Preview ビルド18317をファーストリング向けに提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。 本ビルドでは、タスクバーの検索とCortanaが分離しており、タスクバーには「検索」と「Cortana」を個別に表示できるようになった。「設定」アプリでも独立した設定項目が用意されている。この機能は数ビルド前からWindows Insider Program参加者の一部に提供されていたが、本ビルドでは全員が利用できるようになった。 このほか本ビルドではスタートメニューの信頼性を高めるために独立したホスティングプロセス(StartMenuExperienceHost.exe)が割り当てられており、「設定」アプリではフォント設定ページの改善やWindows Insider Program設定ページの簡素化が行われた。また、Windows Consoleも改善されている。 すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー | 関連ストーリー: Windows 10 Insider Preview、OOBEのCortanaがデフォルト無効に 2019年01月05日 サンタ追跡2018 2018年12月24日 新生児の名前に対するバーチャルアシスタントの影響は? 2018年05月20日 Cortana、音楽の識別能力を失う 2018年01月06日 Cortana大合唱 2017年12月14日 Cortanaが通知領域に移動する可能性 2017年06月11日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/01/18/2245204/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-19 04:32:00
GIGAZINE
Facebookが、FacebookやInstagram上で不審な行動を行っていた500を超えるロシア関係のページ・グループ・アカウントを削除したことを発表しました。これらのアカウントは、ロシアを起点として、ウクライナ、バルト諸国、中央アジア、コーカサス、東ヨーロッパ、中央ヨーロッパでの不正な情報発信のため利用されていたとFacebookは述べています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190118-facebook-stop-russia-link/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-18 10:21:00
スラド
headless曰く、Windowsのビルド番号情報サイトBuildFeedが閉鎖を発表した(公式サイトのアナウンス、BuildFeedのツイート、On MSFT、BetaNews)。 当初の発表で創始者のThomas Hounsell氏は最近2年間日々の運営にかかわっていなかったとし、内部からの圧力とMicrosoftを含む外部からの圧力により、自身がBuildFeedを開始当初の基本理念に基づいて運営できなくなったと述べていた。 ただし、追記によればサイト閉鎖や情報提供者の開示など、Microsoftから具体的な働きかけが行われたことはなかったとのこと。最終的な決断を下した理由はHounsell氏の過去のいくつかの失敗による内部からの圧力が高まったことだといい、閉鎖は時間の問題だったそうだ。 最近BuildFeedには興味深いビルド文字列が多数投稿されて話題となっていたが、これらはMicrosoftの従業員が投稿したものだという。具体的には書かれていないが、ここ数日の出来事により心の整理がついたとのことだ。 なお、BuildFeedのソースコードはGitLabで公開されており、これまでのビルド情報データはJSONファイルとしてダウンロードできる。Hounsell氏はBuildFeedの後継者が出現することを望んでいるようだ。 すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー | 関連ストーリー: Windows 10 April 2018 Update、一般向けにリリース 2018年05月02日 Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日提供開始 2017年09月02日 「Fall Creators Update」よりもいい名前、何かある? 2017年08月06日 Windows Insider Program、Fall Creators Updateを飛ばして次の開発ビルドを受け取る新オプションが追加される 2017年07月29日
[記事元] https://developers.srad.jp/story/19/01/18/0444201/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-18 04:45:00
Engadget Japanese
軽さは正義です。米国・ラスベガスで開催されたCES 2019で、LGが新型ノートPC「Gram 17」を展示。実機に触れたところ、その軽さに驚きました。 LG gramシリーズは、マグネシウム合金の採用により、大画面と高性能・そして超軽量を両立させたノートPCです。その新モデル「Gram 17」(2019)は、17インチの大画面ながら重量は1.33kg。これは13インチMacBook Pro(2018)の1.37kgよりも軽量というから、驚きです。 とはいえ、17インチはかなりの大画面で、持ち運びには向かない印象。ただノートPCは、ソファーで気楽に使ったり、はたまた机に置いてじっくり作業したりと、家の中でも動かして使うもの。そんなときにこの軽さは便利ではないでしょうか。 大画面なのに軽量ということはスペックを犠牲にしているのか、というと、決してそんなことはありません。中核となるパーツは、インテル最新の第8世代Core i7プロセッサ・最大16GB RAM・512GBのSSDを搭載。ポート類もUSB-A x 3、USB-C x 2、HDMI x1、microSDリーダー x1と充実しています。 LG Gram 17は日本でも今春発売予定。基本は家で使うけど、たまに外出先に持ち運ぶといったユースケースでも、この軽さは威力を発揮しそうです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/17/13-macbook-pro-17-pc-lg-gram/ [カテゴリー]SSDGram [投稿日時]2019-01-17 15:00:00
Engadget Japanese
9to5Mac 2018年9月から11月にかけてリリースされた、様々な新型iOSデバイス。これまでのモデルにない解像度へのモバイルアプリの対応が、着々と進んでいることが報じられています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/15/instagram-iphone-xr-xs-max-youtube-ipad-pro/ [カテゴリー]iPhoneiPadGram [投稿日時]2019-01-16 12:50:00
GIGAZINE
日本では前澤友作氏が2019年1月5日に100万円のお年玉ツイートを投稿し、Twitter日本記録を更新したとして話題になりましたが、Instagram上では何の特徴もなく、メリットもなさそうな卵の画像が過去記録を塗りかえる「いいね!」数となり話題となっています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20190115-egg-picture-beats-kylie-jenner/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-15 12:30:00
Engadget Japanese
(※ 最後まで読んでも何の納得も教訓もないニュースです。) Instagram への投稿1枚目で、史上最高記録を大幅に更新する「いいね!」数を獲得したアカウントが現れました。写真はなんの変哲もないように見えるタマゴひとつ。 この写真への「いいね!」数は執筆時点で約2800万を超え、アカウント EGG GANG (world_record_egg) のフォロワーは1枚目にして300万人に迫る勢いです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/14/1-2800-like-290/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-14 22:58:00
Engadget Japanese
ソフトバンクは1月9日、スマホ向けの料金サービス「ウルトラギガモンスター+」にて、「ギガノーカウント」で使い放題の対象となるサービスにTwitterとTikTokを追加しました。 ウルトラギガモンスター+は、月50GBの容量に加えて対象の動画サービスやSNSの利用時にデータ容量を消費しないのが特長です。今回、TwitterとTikTokが追加されたことで適用しているサービスは以下の10になりました。 YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE、Instagram、Facebook、Twitter、TikTok さらに、ウルトラギガモンスター+ではデータ容量を消費することなく全てのデータ通信が使い放題となる「ギガ使い放題キャンペーン」を4月7日まで実施しています。ギガ使い放題キャンペーン終了後でも、対象サービスであればデータ容量は消費されません。 ■関連記事 ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」きょう開始 SNS・動画の通信カウントせず 分離プラン「ウルトラギガモンスター+」は「4割値下げ」に対するソフトバンクの回答か(石川温)
[記事元] https://japanese.engadget.com/2019/01/09/twitter-tiktok/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-09 15:40:00
OSDN Magazine
 欧州連合(EU)が1月7日より、フリー/オープンソースソフトウェアのバグ発見に対して報酬を払うバグ発見報酬プログラムを開始する。Filezilla、Apache Kafkaなど15のプロジェクトが対象で、EU以外の人も参加できる。 ニュース オープンソース デベロッパー 末岡洋子 関連記事米国土安全保障省がFOSSのバグ除去に向けた研究に注力 Mozilla、オープンソースのセキュリティ問題に取り組む「Secure Open Source」プログラムを発表 Mozillaがオープンソースプロジェクト報奨制度「Open Source Support Program」を発表、100万ドルを投資
[記事元] https://mag.osdn.jp/19/01/07/163000 [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-07 16:30:00
スラド
政府が電力会社の発電システムや新幹線の運行情報といったインフラに関する重要な電子データについて、国内のサーバーで保存するよう各社に要請するという(読売新聞)。 海外サーバーでこういったデータが管理されていた場合、回線が遮断されることでデータにアクセスできなくなる恐れがあるほか、サイバー攻撃などの問題が発生した場合に日本の警察や政府による対応が難しくなるといった懸念が出ている。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ | 関連ストーリー: マカフィーが2018年10大セキュリティ事件を発表 2018年12月13日 セキュリティ人材は足りている? 2018年08月30日 Telegramを禁じたイラン政府、国産アプリを公認メッセンジャーアプリに認定 2018年05月04日 サイバー攻撃グループ、ターゲットを米国機関からアジアや日本のインフラに切り替えた? 2016年03月01日
[記事元] https://hardware.srad.jp/story/19/01/03/0626240/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2019-01-03 08:50:00
OSDN New Releases
VPP is a high-level C++ rendering and GPU computation API based on Vulkan. Vulkan is the new API for 3D graphics rendering and GPU computation developed by Khronos Group. VPP adds high-level, object-oriented C++ interface over Vulkan. The goal is to make Vulkan programming easier and more intuitive. VPP provides the following features: - Intuitive, object-oriented abstractions over Vulkan concepts: devices, queues, render passes, pipelines, shader resources, synchronization objects and others. - Isolation from the C-style interface of Vulkan. - Easy, conceptual design of render passes and pipelines. - Unique ability to write all shader code directly in C++ (as class methods), without any need to use GLSL or other intermediate language. No separate compiler passes required. Any C++ 14 compliant compiler should work. No compiler extensions required. No hardware vendor or OS dependencies. All types of shaders supported. - C++ shaders are automatically integrated into a pipeline and can access shader resources in straghtforward, object-oriented manner. Bindings and locations are automatically generated. Entire Vulkan shader interface is supported. Shaders may easily access: vertex inputs, uniform buffers, all kinds of image resources, attachments, push constants, builtin variables, inter-shader communication variables. - C++ shaders can be subject to advanced C++ programming and design techniques: parametrization, templating, macros, modularization, OO design. - Support for multithreading and automatic host synchronization of objects where Vulkan requires it. - Compile-time detection of some Vulkan usage errors. - Integration with third party libraries (currently GLM). Current project status: pre-beta. All core features implemented. However, currently tested only on Windows/Visual Studio platform (CL and clang compilers). Other compilers and Linux / Android platform support in plans.
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/vpp/releases/ [カテゴリー]AndroidS31HTTegraGram [投稿日時]2018-12-26 15:24:59
Engadget Japanese
Microsoftが、Officeユーザー向けのポータルアプリ「Office」の提供を、Windows Insider ProgramのFastリング加入者向けに開始しました。機能的にはタイトル画面のように、Officeアプリや作業中のファイルが並ぶ、まさにポータルとなる作り。既存のOffice 365に含まれる「My Office」を置き換える形になります。 Microsoftは2017年に、Officeユーザー向けのポータルサイトOffice.comを改修しましたが、それにより、多くのユーザーがOffice.comを起点に作業を行うようになったとのこと。この成功体験をネイティブアプリに持ち込むのが、この新Officeアプリの狙いのようです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/12/20/win-10-office-insider/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-20 16:40:00
スラド
headless曰く、やや旧聞となるが、12月7日にリリースされたBrave 0.57ではユーザーインターフェイスがChromiumベースに変更されている(Braveによる告知、The Next Web、Computerworld)。 Braveは以前からBlinkレンダリングエンジンとV8 JavaScriptエンジンを使用していたが、ユーザーインターフェイスはElectronをフォークしたMuonが使われていた。Muon版では拡張機能がプリセットされており、ユーザーは有効/無効を切り替えることしかできなかったが、新Braveではユーザーがインストール可能になっている。また、Muon版と比べてWebページの読み込みが平均22%速くなったという。 新BraveはGoogleアカウント関連やテレメトリーデータ送信などの機能は削除されているが、ユーザーインターフェイスは基本的にChromeそっくりだ。Windows用の64ビット版が32ビットアプリ用のProgram Files(x86)以下にインストールされるところもChromeと同様だ。拡張機能の入手先は「Braveウェブストア」と記載されているが、リンクをクリックするとChromeウェブストアが表示された。 すべて読む | ITセクション | インターネット | Chromium | デベロッパー | IT | 関連ストーリー: Google、GDPRに違反しているとのBraveの主張に反論 2018年09月16日 Webブラウザー「Brave」、プライベートタブにTorを統合 2018年07月02日 Webブラウザ「Brave」の広告収入分配計画、米パブリッシャー17社が中止を求める 2016年04月11日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/12/19/0648215/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-19 21:00:00
GIGAZINE
InstagramやFacebookで時計を「0円」で販売する広告を出す「Folsom & Co」は、「無料」という人の心を刺激する言葉を利用して運営を行っている通販サイト。「Folsom & Co」は詐欺まがいだとして購入者から非難されていますが、厳密には詐欺ではなく、不正を行っていないため、犯罪行為として取り締まることができないとのこと。Folsom & Coはテクノロジーの進歩によって、これまでは大手ブランドしかできなかったストーリーテリング戦略を誰でも行えるようになった例だとして、ライターのJenny Odell氏がFolsom & Coの実態をまとめています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181219-free-watch-branding/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-19 09:00:00
スラド
最近の若者は「URL」を知らない、もしくは使わないのではないかという仮説が出ている(AbemaTIMES、ITmedia)。 最近ではSNSやチャットアプリでの情報共有の際、目的の情報が掲載されているWebページのURLではなくそのページを表示したスクリーンショットを送るということがあるそうだ。そこから「若者がURLを知らない」という仮説が生まれたようだ。 すべて読む | ITセクション | インターネット | IT | 関連ストーリー: Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日 URLに変わる新しい仕組みを模索するGoogle Chrome開発者ら 2018年09月11日 10代の若者はGoogleよりもTwitterで情報収集をしている 2017年05月15日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/12/17/093251/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-17 09:21:00
スラド
vitaminwater(グラソー ビタミンウォーター)が「vitaminwater scroll free for a year contest」と題し、スマートフォン(タブレット含む)の使用を1年間やめる場合の時間の使い方を募集している(vitaminwaterのツイート、 vitaminwaterのInstagram投稿、 SlashGearの記事、 募集要項)。 応募資格は18歳以上の合法的な米国在住者で、コンテスト開始前からスマートフォンを所有して毎日使用している人に限られる。仕事などでスマートフォンの使用が必須の人は応募できない。締め切りは2019年1月8日。TwitterかInstagramでハッシュタグ#NoPhoneforaYearをつけてスマートフォンなしの1年間をどのように使うかを投稿すればいい。 審査では独創性やブランドとの関連性、ユーモアなどが評価される。優勝者には1996年当時の携帯電話が月額プラン付きで贈られ、実際にスマートフォンなしの1年間に挑戦できる。スマートフォンやタブレットを一切使用せずに1年間過ごすことができれば賞金10万ドル、1年未満で挑戦に失敗すると賞金は減額され、6か月の場合は1万ドルとなる。 なお、他の人が所有するスマートフォン・タブレットの使用も禁じられ、1年後には嘘発見器を使用した検査も行われるとのこと。ノートPCやデスクトップPC、スマートスピーカーなどの使用は認められる。 日本在住者はコンテストに応募できないが、スラドの皆さんがこのような条件で1年間過ごすとしたら、どのように時間を使うだろうか。 すべて読む | モバイルセクション | モバイル | idle | スラドに聞け! | 関連ストーリー: ベゼルレス+ノッチレスのスマートフォン、どう思う? 2018年12月02日 スマートフォンに搭載された10GBのRAM、何に使う? 2018年10月21日 Pixelユーザーの75%以上がAndroid 9 Pieに移行済み、あとの25%は何してる? 2018年10月20日 スマートフォンの設定で不満な点、何かある? 2018年03月03日 HMD Global、KaiOSベースのフィーチャーフォンOSを搭載した新Nokia 8110を発表 2018年03月01日 シンガポール、マクドナルドの店内に携帯電話用ロッカーを設置して家族の時間を過ごせるようにする試み 2017年10月20日 保護者によるスマートフォンの使用制限を守るとギフトカードがもらえるアプリ 2017年05月05日 0歳児の71%がスマホ使用経験あり 2016年01月26日 フランス、労働協約で勤務時間外のメールや電話による労働者への連絡を禁止 2014年04月12日 愛知県刈谷市の小中学校、「21時以降の携帯電話の利用禁止」を求める 2014年03月19日 ヤフーがパソコン禁止の「スマホフライデー」を実施 2012年12月30日
[記事元] https://mobile.srad.jp/story/18/12/15/081245/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGram [投稿日時]2018-12-15 10:11:00
スラド
headless曰く、 パスワードマネージャーサービスのDashlaneは12日、パスワードを正しく使用していない人・団体のランキング「Worst Password Offenders」2018年版を発表した(Dashlane Blog、BetaNews)。 ランキング1位はミュージシャンのカニエ・ウェスト。彼はホワイトハウスでトランプ大統領と会談した際、「0」を連打してiPhoneのロックを解除している。この様子を取材に集まっていたTVカメラがとらえ、パスコードが「000000」だと全世界に知られることになった。 ランキング2位は米国防総省。米会計検査院(GAO)が国防総省を監査した際、システムにさまざまな脆弱性が見つかっただけでなく、監査チームが9秒で管理者パスワードを当てたという。さらに、複数の兵器システムのソフトウェアのパスワードがデフォルトのままになっていたとのこと。国防総省は昨年の4位から2ランク上昇している。 3位〜10位は以下の通り。 (3位)暗号通貨所有者: スラドでは昨年末に話題となったが、パスワードを忘れて使用できなくなるというトラブルが相次いでいる (4位)Nutella:World Password Dayに投稿したツイート で、パスワードに「Nutella」を設定するよう推奨(5位)英法律事務所:上位500社の企業メールアドレスとパスワードの組み合わせが100万件以上ダークウェブに流出。多くは平文で保存されていたという(6位)米テキサス州:1,400万人以上の有権者情報を保存したサーバーにパスワードを設定せず、インターネットで公開状態になっていた(7位)米ホワイトハウス職員:暗号メールサービスProtonmailのメールアドレスとパスワードをホワイトハウスのメモ用紙にメモし、他の文書と一緒にバス停に置き忘れる(8位)Google:YouTubeの放送衛星とYouTube TVの管理者ページに空のユーザー名とパスワードでログインできる状態だったことが見つかる(9位)国連:TrelloやJira、Google Docsなどでパスワードを設定せずに非公開情報も含むデータを共有していたため、Googleの検索結果からアクセス可能な状態だった(10位)ケンブリッジ大学:Facebookアプリで収集した300万人分以上の個人情報へアクセスするためのパスワードを平文でGitHubに保存していた すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | idle | 関連ストーリー: 「大文字小文字が必須です」はパスワードを脆弱にする 2018年12月07日 Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日 フィットネスアプリ企業、パスワード無しのサーバーで数百万の個人情報を管理 2018年10月16日 ビットコイン長者の悲劇、「パスワード忘れ」 2017年12月30日
[記事元] https://security.srad.jp/story/18/12/14/0843216/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2018-12-14 09:21:00
GIGAZINE
Instagramが若い女性に与えるネガティブな影響が顕著であることがこれまでの研究で示されていますが、女性だけではなく、若い男性も同様に理想とされる肉体イメージに苦しめられていることがハーバード大学とノルウェー科学技術大学の研究で示されました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181209-dark-side-of-muscularity/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-09 12:00:00
スラド
taraiok曰く、イランの通貨リアルの価値が今年に入って急落しているが、メッセージングアプリでやり取りされた「偽ニュース」がこれに大きく影響しているという話があるようだ(ForeignPolicy、Slashdot)。 リアルは2018年5月に米国がイランとの核合意から離脱した後に下落が加速したとされる。しかしForeignPolicyの記事によると、イランの通貨が大幅に下落したのは、米国の制裁やイラン経済が根本的な原因ではなく、イランの通貨業者や仲介業者たちがTelegramを使用して偽のニュースを流し、相場をコントロールしていたためだとしている。 イランでは200万人以上のTelegram利用者がいるとされている。Telegramは暗号化により匿名性が高いことで知られ、「Channel」機能を用いることで個人でも情報発信がしやすい。また匿名性の高さからイラン政府の検閲もないメディアとなっている。こうした背景からTelegramはイラン人にとって最も信頼できるニュースソースの一つになっているという。 今年の初めに米国による制裁の報道が流れ出したとき、通貨業者は何百ものChannelを作り、即座にドル価格の変動を発表した。Channelによる情報拠点を手に入れた通貨業者は、歪んだ経済ニュースを流し、彼ら自身が為替レートに影響を与える力となっているとしている。 2017年に行われたイランの大統領選挙で、現ハッサン・ロウハニ大統領はメッセージングアプリである「Telegram」を用いた広報戦略によって当選することができたとされる。しかし今度は、Telegramがロウハニ大統領を陥れる結果になるかもしれない。 すべて読む | ITセクション | ニュース | インターネット | 関連ストーリー: インドでメッセージングアプリが発端のリンチ殺人事件が多数発生 2018年09月14日 ウガンダが「SNS税」を導入、しかし多くのユーザーはVPNを使って税支払いを回避 2018年07月06日 メッセンジャーアプリ「Signal」が検閲回避に使っていた手法、GoogleとAmazonの方針によって利用不可に 2018年05月10日 ロシア、当局への暗号鍵提出を拒否したメッセージングアプリ運営者に対するブロッキングを実行 2018年04月20日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/12/03/0835227/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-12-03 22:00:00
スラド
任天堂が11月29日、「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を発表した。個人がゲームなどの映像やスクリーンショットを共有サイトに投稿したり、そこから収益を得る行為について、このガイドラインに従うかぎり著作権侵害を主張しないという内容となっている(ITmedia、4gamer、ファミ通.com)。 ガイドラインの対象は「個人」かつ「営利を目的としない投稿」となっている。また、Facebookやニコニコ動画、YouTube、OPENREC.tv、Twich、Twitterのプラットフォームを使って投稿を収益化する行為についても認めている。 いっぽうで、「お客様の創作性やコメントが含まれない投稿や任天堂のゲーム著作物のコピーに過ぎない投稿はご遠慮ください」とあり、単にプレイ映像をそのまま投稿するような行為はNGのようだ。 任天堂はYouTubeに投稿した「任天堂の著作物が含まれる動画」に対し、広告などでその動画から得られた収益を投稿者と任天堂の間で分配する「Nintendo Creator Program」を展開していたが(過去記事)、これを廃止することも発表された。 すべて読む | 任天堂 | ゲーム | 関連ストーリー: Nintendo Switch、本体アップデートで対応タイトルでの最大30秒の動画撮影が可能に 2017年10月20日 任天堂作品、ニコニコ動画の「クリエイター奨励プログラム」対象に 2014年11月19日 任天堂、ユーザーがYouTubeにアップロードしたゲームのプレイ動画から広告収入を得る 2013年05月19日
[記事元] https://srad.jp/story/18/11/30/0628223/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-30 06:57:00
Engadget Japanese
任天堂が11月29日、公式サイトに「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を掲載しました。 その主な内容は「ゲームからキャプチャした動画や静止画等をネットで収益化しても、公式ガイドラインに従う限り、任天堂は著作権侵害を主張しない」というもの。かなり緩やかな約束事のもとで、ゲーム実況動画などが解禁されることになります。 これに伴って、同社のコンテンツを収益化するために必要だった「Nintendo Creators Program」のサービス終了も公式サイトにて告知されています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/11/29/nintendo/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-29 15:00:00
OSDN Magazine
 Linux推進団体のThe Linux FoundationとRISC-V Foundationは11月27日(米国時間)、ロイヤリティーフリーのCPU命令セット「RISC-V」の開発と受け入れを加速することを目指し協業することを発表した。 ニュース オープンソース デベロッパー 末岡洋子 関連記事Linuxカーネル4.15リリース、Meltdown/Spectreへの対処が組み込まれる 「FreeBSD 11.0-RELEASE」がリリース、ARMサポートを強化 Linux Foundation、分散ストレージCephコミュニティの母体となる「Ceph Foundation」を立ち上げ Linux Foundation、「2018 Open Source Program Management Survey」を発表。企業の7割がオープンソースを利用
[記事元] https://mag.osdn.jp/18/11/28/153000 [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-28 15:30:10
Engadget Japanese
モデルチェンジが頻繁にあり、トレンドにも左右されやすいデジタルガジェットの世界で、同じ製品をたくさん買うなんてことはほとんどないわけですが、例外的に9個(正確には9本かな?)も買った製品があります。 もちろん、高価な製品ではありません。ハイテクとも言い難いでしょう。どちらかと言うと女性的な製品ではありますが、実は半分以上は男性が買い求めているそうです。自分だけではなく、誰か大切な人にも使って欲しい。贈られた相手もあまり重くとらえずに、手軽に受けとって楽しめる。 それがソニーのAROMASTIC。 アロマディフューザーというジャンルの製品ですが、もう一言加えて、"パーソナル・アロマディフューザー"と言った方が、この製品をうまく表現できるでしょう。 関連記事: 「香りをエンタメに昇華したい」ソニー、5種類の香りを持ち運べる携帯型アロマディフューザーAROMASTICを正式販売 昨年は4本、今年は6本 このAROMASTICは、ソニー前社長(現会長)の平井一夫氏がはじめたSeed Accelaration Program(SAP)という枠組みで開発された、"自分だけの香り"を楽しむための道具です。 SAPは、ソニーが販売する製品やサービスの枠組みにはない、新しいジャンルを開拓するため、"ソニー社員がソニー社内で起業する"仕組み。最終的にはソニーの製品として販売されますが、既存のソニー製品の流通とは別の顧客に向けた製品であるため、販路やマーケティングで苦戦することも多いようです。 そんな枠組みから生まれたこのAROMASTICも、いつでもどこでも手軽に自分だけに対し、アロマテラピーの効果が得られるという、ソニー製品のイメージからは遠い位置にある製品です。あるときSAPの商品を集めた体験会で知ってからというもの、AROMASTICが手放せなくなりました。 1本目は自分のため。 でもすぐに妻の誕生日のプレゼントとして購入し、その後も友人、知人などにプレゼントを買うとき「この人なら気に入ってくれるかなぁ」と選ぶことが多くなり、7人にAROMASTICを贈ってきました。 なぜそれほど気に入ったのか? ひとつは価格がちょうどいいことから。2016年10月の発売直後に8980円(税別)だった価格が、1年後には3980円(税別)へ改訂。5種類の精油をセットにしたアロマカートリッジも価格こそ変わっていない(2780円・税別)のですが、香りが持続する期間が1か月から2か月に伸びてランニングコストが下がりました。 そんなわけで、5種類の精油が浸潤されたアロマカートリッジをセットにしても税込で7300円程度。比較的気軽にプレゼントできる価格帯に降りてきたわけですが、この製品を積極的にプレゼントしている理由は別にあります。 男子がプレゼントに選ぶとイイ感じだと思う理由 アロマテラピー系の製品の扱いは女性向け店舗が圧倒的に多く、電子ガジェット大好き属性のワタクシのような人間は、ふだん行くお店で見かけることはないでしょう。視野にすら入ってこないかも。 でも、AROMASTICに関しては男女問わず、ガジェヲタだろうが、オシャレさんだろうが、俺こそ普通人と自覚していようが、誰でも使ってみると"あっ、いいかも?"と実感できる良さがあります。 なぜかと言うとそれは、"自分だけの香り"だから。 AROMASTICを商品化するための"キモ"の部分は、カートリッジの生産と流通にあるのですが、スティックそのものはとてもシンプルな構造。USBで充電できる本体に空気を送るポンプが内蔵されていて、カートリッジを通過する際に精油の香りを伴って、使用者の方向に放出される......。メカニズムはめっちゃ簡単です。 が、自分だけに放出されるため、他の人にはほとんど気付かれません。実はここがとても大切。安価で手軽なアロマディフューザーは多数ありますが。ディフューザーを中心に周囲に香りが拡がっていくため、香りを望んでいない人にまで届いてしまいます。 それがAROMASTICならば、誰にも迷惑をかけず自分だけがリフレッシュできる。これが他のアロマディフューザーにはない大きな特徴というわけです。 たとえば職場や移動中、ちょっとしたストレスを緩和したい。カフェで少し仕事をしなきゃなんてときにやる気を出したい。長時間の飛行機や鉄道で、リラックスしながら居眠りしたい。そんなときに使っても、周りを気遣う必要がありません。 ▲もっは?ら僕の使い方はコレ。原稿か?進まなかったときにシュッ! 僕の場合、原稿を書き始めるとき、眠りに就く前、混雑した電車を降りた直後などによく使ってますね。 ......さて、AROMASTICを積極的にプレゼントにしているもうひとつの理由ですが、それはカートリッジの選び方で"ほんのりと"相手へのメッセージ性を加えることができること。 たとえば異性へのプレゼント。僕なんかは結構、気を使います。なるべくセクシャリティを感じさせるものは選びたくない場合には、"フレッシュネス"や"ビジネス"、"スタディー"といった、利用シーンがテーマになったカートリッジを選ぶようにしています。 あるいは、大好きな女性に対してならば"ビューティー"といったカートリッジもいいですね。"ベーシック"なんていう基本的な香りをセットしているものなら、メッセージ性をゼロにすることもできます。 使い方がシンプルで、誰にでも使いこなせるうえ、"なんだよこれ?"と邪魔にされない軽量コンパクトさ。充電の必要はありますが、毎日使っても2か月はバッテリーが持続します。 ということで、すっかりヘビーユーザーとなっていたワタクシ。 AROMASTICは家電店でも扱われているのですが、実はお店ごとに売り場がまちまちでわかりにくく(美容用品売り場にあることが多いみたいです)、僕は(カートリッジに使う精油の供給で協力関係にある)ニールズヤード レメディーズ(Neal's Yard Remedies)という英国のオーガニックコスメブランドの専門店で購入してます。 買い足すカートリッジを購入することも多いので、メンバーズカードを持っているぐらい利用しています。男子的にはなかなか入りづらいお店かもしれませんが、精油の知識が豊富な店員さんも多いので、ニールズヤード レメディーズでの購入、オススメですよ。 そして待望のカスタムカートリッジ登場! と、2年も前に発売されたこの製品について今のタイミングで書いている理由は、新たに「AROMASTIC専用カスタムカートリッジ」が1800円(税別・2個入りセット)で登場し、その体験会に参加してきたからです。 ▲カスタムカートリッシ?制作体験中。発表会に参加した男性フ?レスは僕た?けて?したか?、ユーサ?ーの54%は男性なのだとか 関連記事: ソニーの「AROMASTIC」自分好みの香りで作れる新カートリッジ登場 AROMASTICにはこれまで6種類のカートリッジが用意されており、それぞれに5種類の精油が組み合わせられています。中には1瓶が2万円もするようなローズ系の香りが入れられているものがあるなど、精油をよく知っている人にとってはお得なカートリッジばかりなのですが、組み合わせを選ぶことはできません。 たとえば、ペパーミントで気分を上げて原稿作成に勤しみ、休憩時間にはベルガモット(アールグレイにも使われている香り)でリラックスを得たい。なんてことも考えても、その組み合わせのカートリッジはありません。 簡単にカートリッジ交換ができるAROMASTICですが、一度開封すると2か月で香りが弱くなってくるため、複数のカートリッジを運用するとランニングコストが上がってしまう。 ▲カスタムカートリッシ?の仕組み カスタムカートリッジは、2種類という制約はあるものの、購入した精油が使え、カートリッジを自分で作成できるというものです。使用する精油は1種類ごとに2滴ほど垂らせば充分。持続期間は2か月とこれまでのカートリッジと変わらないため、目的がハッキリしている場合であれば2個セット1800円の新製品はとってもお得です。 ▲マイ・カートリッシ?の制作中。Aには仕事を始めるときに使いたいレモンク?ラスを選択 アロマディフューザーを使っている方ならばよく解ると思いますが、高品位な精油は小さな5ミリリットルのボトルでも1000円から3000円程度、高価なローズ系の場合は2.5ミリリットルで1万円を超えることもざらではありません。 そんな精油の香りをディフューザーで部屋中に満たそうとするのは無理がありますが、たった2滴で2か月間楽しめるのがコイツのいいところです。 ▲今回制作したカスタムカートリッシ?。2種類た?け?と思うかもしれないて?すか?、使ってみると充分 僕はリフレッシュ/集中力強化とリラックスの両方を狙って、レモングラスとラバンディンの精油を組み合わせ、カスタムカートリッジを1個作ってみました。 ▲カスタムカートリッシ?の体験会て?は、いくつかの精油を試しなか?ら好みの2つを選は?せてもらえました プレゼントする相手が、とても大切な人ならば、幅広い精油が揃っているニールズヤード レメディーズの店頭で、店員さんに相談をしながら、贈る相手のための精油を2つ選び、本体+カスタムカートリッジのセットと共にプレゼントするといいかもしれません。 で、本当に効果あるの? 以前からこの製品のユーザーだったわけで、僕個人としては、自宅、出張先、移動時など、あらゆるところに携帯して使っていました。 朝、原稿を書くとき、自分にスイッチを入れたい。風呂上がり、就寝前までの時間に読書でもしながらゆっくり過ごしたい。移動時や閉鎖空間で、不意にタバコの臭いに出くわした(オープンスペースの喫煙所が歩道沿いに結構ありますからね)、など。 そんなとき、シュッと軽く香りを感じると、それだけで気持ちがリフレッシュするだけでなく、集中力が上がったり、気持ちがほぐれたりする印象がありました。 もっとも、それは体感であって、なんらかのエビデンスではありません。AROMASTICを開発した藤田さんには、スタートアップ界隈のイベントなどで出くわすと、いつも「何かエビデンスはないのかな?」と尋ねていたのですが......。ついに今回の取材では、彼が外部のいろいろな組織と調査した、アロマテラピーの効果について数字を出してくれました。 ▲あくまて?ソニー調へ?とのことて?すか?、禁煙への効果は僕の周囲て?もよく耳にします まずはソニー側の「弊社調べ」から。20名の喫煙者を対象にタバコを吸えない環境下でAROMASTICを使ってもらうと、吸いたい気持ちを抑えることができ、6割にあたる12人が「以前よりも喫煙本数が減った」といいます。また、1日の喫煙本数も平均10.2本だったのが7.6本まで減少したそうです。 ▲ク?ラフのスケールか?ちょっとアレて?すか?、計算速度向上の結果。正答率には変化なした?そうて?すか?...... また、第三者による共同研究では、科学専門誌でAROMASTICを使うことで応答速度が向上したという論文が発表されたそうです。もっとわかりやすい例では、学習塾「やる気スイッチ」がAROMASTICを用いて行った計算速度向上に関する実験。一定時間に計算を行う試験を行ったところ、回答数が91.7から96.6に増加したのだとか。このときはレモングラスの香りでテストを行ったそうです(ただし正答率に変化はなかったとのこと)。 ▲ストレス緩和には確かに良いて?しょうね。大人数か?いるコールセンターにおいて、自分た?けの香りて?気分を落ち着かせることか?て?きる価値は高いかと ストレス緩和という点では、ナースステーションやコールセンターでのモニター試験結果もあります。ストレス緩和のためにAROMASTICを配付したところ、ストレス度の高い電話に応答すると半分以上の人がAROMASTICを使ったといいます。 ▲か?ん患者への取材をしたことか?ありますか?、治療そのものの辛さに加え、明日と?うなっているのかという不安か?常に心の中にあるとか。彼らにとって香りは心強い味方のようて?す さらにストレス緩和では、ソニー・オーストラリア財団が展開する若年がん患者の心のケアを行う"You Can"プログラムにAROMASTICが組み入れられ、12人の若年がん患者に使ってもらうというテストも。すると、強いストレスを感じるがん治療の前後には100%の患者が「よく使う」と答えたそうです。 ニールズヤード レメディーズ講師オススメの香り もっとも僕らのようなテクノロジ世界の人間は「香りで何か変わるもの?」と思うのですが、アロマテラピーの世界では香りが身体に直接的な影響を与えることは常識。香りの成分は嗅覚だけでなく、呼吸器、皮膚からも吸収され、それぞれが身体的に影響を与えるメカニズムが異なります。 AROMASTICの場合、嗅覚を刺激し、脳の扁桃体や海馬に対して影響を与え、集中力の向上や感情抑制、吐き気対策や体調改善などの効果をもたらすとされています。歴史的には約40年程前からさまざまなことが研究されているようです。 ▲ニールス?ヤート?講師の鎮西さん(左)と、AROMASTICを企画・開発した藤田さん(右) ニールズヤード レメディーズでアロマテラピー講師を担当してくれた鎮西美枝子さんによると、「たとえばビジネス向けならば、レモングラス(集中)とベルガモット(リラックス)といった組み合わせがいいでしょう。ペパーミント(ブタクサの花粉症などにもいい)とライム(パワフルなシトラスの香りでエネルギッシュ)は乗り物酔いを和らげる効果が期待できます」とのこと。 世界でもっともよく知られている精油ブランドと言っても過言ではないニールズヤード レメディーズには、花、葉、果皮、種子、樹皮、樹脂などから作られた天然素材に由来する精油が多数取り揃えられています。鎮西さんのような専門家に尋ねながら、大切な誰か、あるいは自分のための精油を選び、クリスマスプレゼントにしてみてはいかがでしょう?
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/11/27/aromastic-2-9/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2018-11-28 11:50:00
スラド: セキュリティ
nemui4曰く、 Instagramにて、ユーザーデータをダウンロードするためのURLとしてそのユーザーアカウントのパスワードが含まれるURLを生成して提示してしまうというトラブルが発生していたそうだ(GIGAZINE、ギズモード・ジャパン、iPhone Mania)。 ここまでくるとわざとやってるとしか思えない。POSTとか経由でパスワード平文を受け渡してたのかな、雑すぎ。っていうかパスワード平文で保存して利用してるってことは、そのファイルアクセスできる人全員で覗き放題か。 問題が発生していたのは、Instagramに登録している自身のユーザー情報をJSON形式でダウンロードする機能。WebやiOS/Androidアプリからデータダウンロードを申し込むと、ダウンロードのためのURLが生成される。このURLにアクセスするにはログインパスワードが必要なのだが、一部のユーザーにはこのログインパスワードが平文で含まれたURLが生成されていたという。 このURLは基本的には一般公開されるようなものではないが、共有端末などで利用していた場合、URLがブラウザの履歴として残される可能性がある。また、Webブラウザの履歴を外部に送信するようなツールが実行されていた場合、パスワードが外部に流出することになる。 すべて読む | ITセクション | セキュリティ | SNS | 関連ストーリー: Twitter、パスワードが平文でログに記録されていたことを発見、全ユーザーにパスワードの変更を促す 2018年05月04日 T-Mobile Austria、ユーザーのパスワードを平文で保存しているとツイートして騒動に 2018年04月12日 macOS High Sierraで外部APFS暗号化ボリュームのパスワードが平文でログに記録される問題 2018年03月31日 Twitterアカウント情報3300万件が流出、もっとも多かったパスワードは「123456」 2016年06月13日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/11/21/062203/ [カテゴリー]iPhoneAndroidGram [投稿日時]2018-11-21 08:02:00
GIGAZINE
Instagramがユーザーのパスワードを、URL内に平文で表示するという痛恨のミスを犯し、ユーザーのパスワードが第三者に閲覧可能な状態だったことが明らかになりました。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181120-instagram-password-plaintext/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-20 10:26:00
Engadget Japanese
数あるスマートフォンのなかでも、カメラは最も日常的に使われる機能のひとつです。Instagramを始めとしたSNSの普及はさらにカメラの利用を促進し、事あるごとに目の前のものを撮影する人も見受けられます。カメラロールのなかには「絶対に誰にも見せられない写真」などもあったりするはずです。 もし、その誰にも見せられない写真を "削除したあとでも" 誰かに覗き見られることがあるとしたら、あなたはどう思うでしょうか?11月13〜14日に東京で開催されたイベントMobile Pwn2Own Tokyo 2018では、iPhone Xから消したはずの写真を、外部からのハッキングで取り出すことに成功したハッカー2人組が現れました。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/11/16/iphone-2/ [カテゴリー]スマートフォンiPhoneGram [投稿日時]2018-11-16 16:30:00
Engadget Japanese
Instagramは11月15日(米国時間)、Instagram上の投稿から商品購入までをシームレスに繋げる「ショッピング機能」で、3つのアップデートを発表しました。 ショッピング機能は、投稿した写真に表示される商品へ、商品名や価格が記載されるタグを付けられるビジネスツールです。タグをタップして価格や商品の詳細を確認し、リンクから外部ECサイトでの商品購入に誘導できます。日本国内でも今年6月に提供開始されました。今回発表された新しい機能は以下の3つです。 欲しい商品にブックマークを付けれる フィードやストーリーズの投稿で欲しいアイテムを発見した際、「ショッピングコレクション」に商品を保存できます。代表画像のように、商品画像の右下にあるブックマークアイコンをタップすることでショッピングコレクションに保存できます。保存された商品は、プロフィール画面の「保存済み」タブから確認可能です。 動画投稿もショッピング機能に対応 動画投稿にもショッピングタグを付けれるようになりました。投稿の左下に表示されるショッピングバッグのアイコンをタップすると、動画にタグづけされた商品を確認できます。 ビジネスプロフィールにショッピングボタン追加 ショッピング機能を利用したフィード投稿が9件以上ある場合、ビジネスプロフィール上に「ショップ」ボタンが表示されます。ボタンをタップした後のページをより見やすくするため、デザイン変更を試験的に導入されます。テスト中のデザインでは、ショッピング機能を利用して投稿された商品が一覧で表示され、商品名や値段をまとめて見られます。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/11/15/instagram-3/ [カテゴリー]ガジェットGram [投稿日時]2018-11-16 12:15:00
スラド
2016年に、熊本地震で被害にあった動物園からライオンが逃げ出して街中に放たれたというデマがあった(Togetterまとめ)。このデマは街中にライオンがいる写真とともにTwitterに投稿されてその後拡散されたのだが、その後このデマの投稿者は偽計業務妨害の疑いで逮捕されている(産経新聞)。withnewsによると、このデマで使われた写真は南アフリカ・ヨハネスブルグでの映画撮影時に撮られInstagramに投稿されていたものだったそうだ。 なお、ヨハネスブルグというと治安が悪いことが知られるが、それでもライオンが街中を歩くということはないという。このライオンはヨハネスブルクから1時間ほどのサファリパークで飼われていたもので、CMや映画などに出演されるよう訓練されているという。ただ、当初から映画撮影中の一コマだとは気づかず、南アフリカでは街中にライオンがいると勘違いする人もいたそうだ。 すべて読む | ITセクション | インターネット | IT | 関連ストーリー: 「トリチウムは容易に有機結合し食物連鎖で高度に生物濃縮される」というデマ 2018年08月13日 「熱波で原子力発電所が使えなくなる」という噂の真相 2018年08月09日 無関係の企業や個人に対し、東名高速での事故に関わっていたというデマを流していた11人が書類送検される 2018年06月22日 SNSで拡散されるデマ、翻弄されて注意喚起を行う自治体も 2018年06月20日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/11/12/045234/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-12 04:52:00
Engadget Japanese
ペンシルバニア大学の心理学者Melissa G. Huntが、SNSと幸福感についての因果関係に関する調査結果を発表しました。それによると、SNSの使用を制限することで孤独感が大幅に減少したとのことです。 Instagramを筆頭に、LINEなどのソーシャルメディアは若者に広く浸透し、無くてはならないものになっている一方、SNS上でのいじめや、いわゆる「SNS疲れ」なども問題視されています。しかし実際には、これまでSNSの利用と孤独感についての因果関係は証明されていなかったため、今回調査を行うに至ったようです。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/11/10/sns/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-10 20:00:00
GIGAZINE
ハロウィンの仮装は100年以上前から行われてきたものですが、コスプレの流行と共にか、その仮装のクオリティも格段に進歩しています。写真共有アプリのInstagram上で公開された少女のハロウィンコスプレが驚がくのクオリティだということで、話題になっています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181110-headless-little-girl-costume/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-10 18:00:00
スラド
Microsoftは10月30日、Windows Insiderのスローリングおよびリリースプレビューリングに対し、Windows 10 October 2018 Update ビルド17763.107(KB4464455)の提供を開始した(Windows Experience Blogの記事)。 本ビルドではZIPファイルの「すべて展開」またはドラッグ&ドロップによる展開時に既存ファイルの上書き確認が表示されず、上書きできない問題が修正されている。また、ローミングプロファイルが正常に機能しない問題も修正されたとのこと。なお、タスクマネージャーの表示に関する問題は10月16日にスローリングとリリースプレビューリングに提供開始されたビルド17763.104で修正されている。 一方、ファーストリング向けにはWindows Insider Preview ビルド18272(19H1)の提供が10月31日に開始されており、ISOイメージのダウンロード(Windows Insider Programに登録したアカウントでのサインインが必要)も可能となっている。このビルドでは、Ctrl+マウスホイールによるコンソールウィンドウ(Cmd/PowerShell/WSL)の拡大縮小機能が追加された。ただし、このビルドでWSLは動作しないとのこと。 10月2日に一般向けの提供が始まったOctober 2018 Updateだが、アップグレード時にユーザーのファイルが消失する問題が報告され、Microsoftは10月6日にロールアウトを一時停止している。ファイル消失の問題は10月9日提供開始のビルド17763.17で修正されているが、ロールアウトは停止したまま既に11月となってしまった。October 2018 Updateの一般提供再開はいつになるだろうか。 すべて読む | ITセクション | スラッシュバック | バグ | Windows | IT | 関連ストーリー: Windows 10 October UpdateでZIPファイル展開時に確認ダイアログが表示されない不具合 2018年10月23日 Microsoft、ファイル消失問題を修正したWindows 10 Insider Previewビルドをテスト中 2018年10月13日 Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止 2018年10月06日 Windows 10 October 2018 Update、一般提供開始 2018年10月04日 Windows 10 バージョン1809で削除される機能、開発を終了した機能 2018年09月20日 Windows 10、今秋の大型アップデートは「October 2018 Update」 2018年09月02日
[記事元] https://it.srad.jp/story/18/11/03/0721233/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-03 10:11:00
OSDN Magazine
 米Facebookは10月30日、同社によるLinux関連のオープンソースコンポーネント開発に関する取り組みを発表した。同社はBPFやBtrfsといったLinuxのコンポーネントを活用し、開発にも関わっているという。 エンタープライズ オープンソース Linux 末岡洋子 関連記事オープンソースの優良プロジェクトを選ぶ「Bossies 2018」発表 Linux Foundation、「2018 Open Source Program Management Survey」を発表。企業の7割がオープンソースを利用 Linux Foundationが「2018 Open Source Jobs Report」を公開。企業が欲しいスキルはLinux、コンテナも急浮上 米Facebook、ネットワークロードバランサー「Katran」をオープンソースに
[記事元] https://mag.osdn.jp/18/11/02/164500 [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-11-02 16:45:36
Engadget Japanese
2018年も10月に入り、そろそろ早くも年末の準備に入る時期。本紙読者には、冬のボーナスでPCを新調しようという方も多いのではないだろうか。 なかでも、今期はモバイルPCの「当たり年」ゆえ買い替えを狙っている......という方に注目してほしい機種が、LGエレクトロニクスの『LG gram』(エルジー・グラム)シリーズ。 モバイルPCに求められる軽さと高性能、堅牢性を備えたうえコストパフォーマンスも高く、さらには軽量モバイルPCでは珍しいメモリとストレージのアップグレードサービスなどから、ライトユーザーからヘビーなモバイルPCユーザーまで幅広い支持を受け、日本でも人気上昇中のモデルだ。 この9月には、15.6インチと13.3インチモデルに最上位機種が追加された。既存機種に対する大きな改良点は3つ。拡張端子に、現在注目の高速規格『Thunderbolt 3』(サンダーボルト・スリー)端子を搭載した点、指紋認証に対応した点、さらに15.6インチモデルでは画面がタッチ対応になった点だ。
[記事元] https://japanese.engadget.com/pr/lg-gram-thunderbolt-3/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-31 11:00:00
スラド
headless曰く、Microsoftは10月26日、Windows 10のWindows Defenderウイルス対策をサンドボックス内で実行できるようになったことを発表した(Microsoft Secure、Neowin、On MSFT)。 Windows Defenderウイルス対策は高い特権で実行されるため、攻撃の標的になりやすい。実際に、細工したファイルをスキャンさせることでリモートからの任意コード実行が可能になる脆弱性などが過去に発見されている。このような脆弱性を狙った攻撃に対しては、Windows Defenderウイルス対策のサンドボックス内実行が有効な防御策となる。 Microsoftでは現在、Windows Insider Program参加者を対象にサンドボックス内実行を順次有効化しており、フィードバック内容を分析して実装を改善していくという。ほかのユーザーもWindows 10バージョン1703以降ではシステム環境変数「MP_FORCE_USE_SANDBOX」を追加して値に「1」をセットしてから再起動すれば、サンドボックス内実行を有効化できる。サンドボックス内実行が有効になった状態では、「MsMpEng.exe」とともに「MsMpEngCP.exe」が実行されるようになる。これらのプロセスの実行状態を確認するには、Process Explorerを使用すればいい。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | Windows | 関連ストーリー: Windowsのゼロデイ脆弱性が再びTwitterで公表される 2018年10月28日 Microsoft、無害なファイルがマルウェアと誤検知されるのを避けるための対策を紹介 2018年08月22日 Microsoft、Google Chromeユーザーを悪意あるWebサイトから守る拡張機能を公開 2018年04月21日 ウイルス対策ソフト、エンタープライズ環境のWindows 10では50%以上がWindows Defenderを採用 2018年04月10日 Windowsのマルウェア対策エンジンのバグ、2日で修正されたバグ以外のバグも報告されていた 2017年06月01日 Googleが発見したWindowsのマルウェア対策エンジンのバグ、Microsoftが2日で修正 2017年05月13日
[記事元] https://security.srad.jp/story/18/10/31/0525257/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-31 06:54:00
OSDN オープンソースプロジェクトニュース一覧
Release 6.6.1 introduces various improvements and fixes, it is now possible to force batch extraction of unsupported file types with PeaZip (or other custom executable), and to set a custom directory as working path. UPX backend is updated to 3.95 version. 188 file extensions are currently supported. PeaZip is a file manager and archive manager utility (compress and decompress files, backup data), focused on security and data protection, Free Software replacement for WinRar, WinZip, and similar applications. Create (compress to) 7Z, BZip2, GZip, PAQ, PEA, TAR, WIM, XZ (LZMA2), ZIP files, SFX self-extracting archives, and spanned archives (001 split files) Open, browse, decompress/extract RAR / RAR5, ACE, APPX, APK, ARJ, CAB, DMG, IPA, ISO, JAR, LHA, MSI, UDF, ZIPX files and more... Built-in archive conversion: convert or consolidate existing archives, from any read-supported to any write-supported type, e.g .rar to .zip or .7z conversion; repair FreeArc .arc archive format. The program provides strong encryption with optional two factor authentication (encrypt with password and keyfile), encrypted password manager, random password / keyfile generation, secure data deletion (files, folders, free disk space), hashing and checksum functions. Released as LGPLv3 software for Microsoft Windows (XP, Vista/7/8/10, 32 and 64 bit; ReactOS and Wine), GNU/Linux, and BSD systems - experimental Linux for ARM (ChromeOS, Android) version is available. DOWNLOADS PeaZip http://www.peazip.org PeaZip Add-ons and Plugins http://www.peazip.org/peazip-add-ons.html SUPPORT Online Tutorial http://www.peazip.org/peazip-help.html Frequently Asked Questions http://www.peazip.org/peazip-help-faq.html Change log http://www.peazip.org/changelog.html Facebook https://www.facebook.com/pages/PeaZip/21089924985 Twitter https://twitter.com/peazip_software RSS Feeds https://osdn.jp/projects/peazip/releases/rss Translations are available in 30 languages, help is welcome to translate the application to new languages and maintain current localizations, so please give a look to translations page https://github.com/giorgiotani/PeaZip-Translations/releases
[記事元] https://ja.osdn.net/projects/peazip/news/25884 [カテゴリー]AndroidGram [投稿日時]2018-10-28 19:39:53
スラド
macOS 10.14(Mojave)ではMac App Store以外から入手したアプリケーションの初回実行時に新たに「認証」のチェックを行う機能が実装された(Appleの開発者向けページ)。macOS 10.14では認証のないアプリケーションでも実行できるものの、今後リリースされるmacOSでは認証のないアプリケーションの実行がブロックされるようになる可能性もあるようだ。そのため、Appleは開発者に対し認証を取得するよう呼びかけている。 AAPL Ch.がこの問題をまとめているが、この認証システムはMac App Store外で配布されるアプリケーションを対象としており、開発者は作成したアプリケーションをAppleに送信して審査をクリアすることで認証を取得できる。macOS 10.14ではApp Store外からダウンロードしたソフトウェアの初回実行時に認証の有無がチェックされ、認証がある場合は「悪質なソフトウェアが含まれていない」との旨を表示する。 認証を取得するための審査は自動化されており、現時点では単にセキュリティチェックが行われるだけのようだが、審査にはAppleに開発者登録を行なって開発者IDを取得しなければならない。Appleはこれについて、マルウェア対策のためと理由を説明している。 懸念されるのは、今後認証の取得時にApple Developer Programの有料プラン(現時点では年間1万1,1800円)の登録が必要になる可能性だ。現時点では特にAppleへの登録などを行わずとも、App Store以外でアプリケーションを配布し、利用者は自由にそれをインストールすることができた。もし認証の取得に有償登録が必要になった場合、macOS向けアプリケーションの配布のハードルが大きく高くなってしまう。また、認証のための審査でAppleの意に沿わないアプリケーションが排除されてしまう可能性もある。 すべて読む | アップルセクション | セキュリティ | MacOSX | アップル | 関連ストーリー: トレンドマイクロの各種アプリ、iOS向けApp Storeから削除される 2018年09月12日 Mac App Store、不正な処理を行っていたアプリについて通報後も1か月放置 2018年09月13日 App Store、新規公開または更新するすべてのアプリでプライバシーポリシーが必要に 2018年09月03日 Gatekeeperの脆弱性に対するAppleの修正、根本的な修正はされていなかったことが判明 2016年01月17日
[記事元] https://apple.srad.jp/story/18/10/25/0434229/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-25 04:35:00
Engadget Japanese
Oculusの共同創業者で前CEOのBrendan Iribeは今日、Facebookを退社すると発表した。TechCrunchはこの件について確認した。 詳しい関係筋がTechCrunchに明らかにしたところによると、IribeのFacebook退社は同社の次世代PCベースバーチャル・リアリティヘッドセット"Rift 2"の開発が中止となるなど、社内のバーチャル・リアリティ部門刷新によるものとのことだ。IribeはRift 2の開発を率いていた。 IribeとFacebookの役員チームは、"成長が見られなかったOculusの将来について根本的に異なった考え"を持っていた。そして、Iribeはパフォーマンスという点で"底辺への競争"には関心がなかったとされる。 Iribeは退社を今日のFacebookへの投稿で発表した。 我々が2012年7月にOculusを立ち上げてから本当に多くのことがあった。こんなに多くのことを成し遂げ、ここまでくるとは思わなかった。信じられないような6年がすぎた今、私は次に移る。 これまで我々が共に成し遂げたことを大いに誇りに思い、また感謝している。我々は史上最も素晴らしい研究・エンジニアリングチームの一つをつくりあげ、Oculus RiftとTouchで真のバーチャルプレゼンスへの最初の一歩を築き、完全に新たな産業をおこした。我々が描くこともできなかった方法で世界を変えるという革命をおこした。 我々は遠くにきたが、しかし旅はまだ始まったばかりだ。Michael Abrashは正しかった:"これらは、古き良き日々"。そしていま、次の素晴らしいコンピューティングプラットフォームと媒体の基礎を開拓するときだー最先端のものをさらに推し進めるときなのだ。 VRとARの全ての部分、特にハードウェアと基幹テクノロジーを改善する必要があるが、Oculusは世界でもベストなチームを抱えている。我々が夢みている魔法のスマートメガネを届けるにはまだ程遠いが、手の届くところにはきている。 Oculusで多くの才能ある人たちと働くことができ、Facebookでの経験は私のキャリアの中でも最も変革的なものだった。賛辞を送ったり感謝の意を述べたりするときの格言があるー"チームの努力の賜物"だ。Oculusの成功は並外れたチームの努力なしには成し得なかった。ここに私は、素晴らしい道のりを支えてくれた全ての人に心からの感謝の気持ちを伝えたい。特にMarkにはこのチーム、そしてVRとARの将来を信じてくれたことを感謝したい。 私事になるが、20年間ずっと走り続けてきて今回が初の本当の休憩となる。充電し、それを反映し、プロダクティブになるときだ。次なる章を楽しみにしている。 PCベースの次世代バーチャルリアリティプロダクト "Rift 2"のキャンセルは、Facebook幹部の関心がいかに外部PCや携帯電話への接続を必要としないオールインワン型のヘッドセットに集中しているかを物語っている。5月にOculusは199ドルのOculus Goヘッドセットをリリースし、来春ごろ399ドルのOculus Questヘッドセットのリリースを計画していた。Facebookの広報はTechCrunchに対し、PC VRはFacebookの未来のプロダクトロードマップの一部であり、Iribeのチームがこれまで取り組んできたことの多くが未来のプロダクトにはっきりと表れるだろうと述べている。 Iribeの退社は、Facebookが買収した知名度の高いスタートアップのかなりの創業者がFacebookを去るのと重なっている。1カ月足らず前にInstagramの共同創業者のKevin SystromとMike KriegerがFacebookを去ると発表した。TechCrunchの情報では、この2人の退社は少なからず緊張が高まった結果とのことだ。WhatsAppの共同創業者Jan Koumも今年初めにFacebookを離れた。Iribeの仲間で共同創業者のPalmer Luckeyは2017年初めにFacebookをやめている。この決定については彼が下した決定ではなかった、とLuckeyは最近詳細を語っている。 Iribeは、彼が創業しCEOを務めていたOculus VRが2014年に20億ドルで買収されたあとにFacebookに移ってきた。2016年後半に行われたFacebookの組織再編で、IribeはCEO職からFacebookのPC VR部門の責任者というポジションに移されていた。 Oculus VRを共同創業する前、Iribeはソニーが2012年に3億8000万ドルで買収したGaikaiというクラウドゲーミングのスタートアップで最高製品責任者だった:その前は、2011年に3600万ドルでAutodeskに買収されたScaleformというゲーミングユーザーインターフェースツールのスタートアップを共同創業し、率いていた。 我々はIribeにコメントを求めている。 [原文へ] (翻訳:Mizoguchi)
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/22/rift-2-oculus-facebook/ [カテゴリー]TouchGram [投稿日時]2018-10-23 11:00:00
Engadget Japanese
REDのホログラフィックスマートフォン「Hydrogen One」のほぼ完全なスペックが記載されたインフォグラフィックが、映像関係者により投稿されました。画像からは、これまで謎に包まれていたディスプレイ仕様の詳細がなど確認できます。 ロサンゼルスベースの映像ディレクターのphilhollandphfx氏がInstagramに投稿した、今回の画像。画像からは、Leia製の5.7インチ/2560x1440ドット/515ppiディスプレイが採用されていることがわかります。このディスプレイでは、3Dによるホログラフィックこと「H4V」表示が可能となっています。 カメラシステムとしては830万画素/3840x2160ドットのステレオフロントカメラと、1230万画素/4056x3040ドットのステレオリアカメラを搭載。以前のレポートでは、このカメラで物体を三次元的に撮影することが可能だと伝えられています。さらに、ディスプレイの上部には大型のフロントスピーカーを配置し、空間的な音楽再生も可能です。 本体スペックとしてはRAMが6GBで内蔵ストレージが128GB、バッテリー容量は4500mAhと大容量。デュアルSIM仕様でmicroSDカードスロット、USB Type-Cコネクタ、イヤホンジャックを搭載し、本体背面にはモジュール式の拡張デバイス用ポートが存在します。 Hydrogen Oneは発売時期の延期が相次いでおり、現時点ではアルミバージョンが10月に、チタンバージョンは2019年以降の出荷が予定されています。ホログラフィックという新たな概念をスマートフォンに持ち込む同端末は、どれだけ衝撃を与えることになるのでしょうか。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/22/hydrogen-one/ [カテゴリー]スマートフォンGram [投稿日時]2018-10-22 16:00:00
GIGAZINE
普通のコインと同じ見た目ながら、コイン上の彫刻の剣を抜くことが可能になっており、それを穴に差し込むとあるギミックが発動するというものをロシア人アーティストのRoman Booteenさんが作成しています。このギミック満載のコインのムービーをBooteenさんが自身のInstagram上で公開したところ、公開から2日で約10万回も再生され、大きな反響を呼んでいます。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181019-custom-engraved-sword-coin/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-19 13:00:00
Engadget Japanese
ソニーモバイルの最新モデル「Xperia XZ3」が11月上旬以降にドコモから発売されます。同社の冬春スマホで唯一上りCA(キャリアアグリゲーション)に対応し、送信時最大131.3Mbpsの上り通信に対応します。(下りはほぼ1Gbpsの988Mbps、写真はグローバルモデル) 「Xperia XZ3」は、OSにAndroid 9 Pieを搭載したスマートフォンです。内部スペックは先代Xperia XZ2と共通で、Snapdragon 845、4GBのRAM、背面指紋センサー、ワイヤレス充電機能などを搭載します。 大きく変わったのはディスプレイです。シリーズ初となる有機EL(OLED)ディスプレイは、両サイドがカーブした曲面形状を採用。正面からの見た目はGalaxy S9に似ています。また、画面サイズ自体も「XZ2」の5.7インチから0.3インチ大型化した6.0インチとなり、解像度もフルHD+(2160 x 1080)からQHD+(2880 x 1440)へと高精細化を果たしています。 この有機ELディスプレイは、ソニービジュアルプロダクツとの協業により、ソニーのテレビ「BRAVIA」の4K OLEDモデルと同等の表示品質が確保されているとのこと。担当者はXperia XZ3について『手乗りサイズのOLEDブラビア』とも表現します。 また、先代の「XZ2」で賛否のあった「厚さ」も改善。側面フレームの最薄部は約3mmとなり、「XZ2」から進化したスタイリッシュな見た目を実現しています。 流行りのAIも取り入れます。新搭載の「サイドセンス」は、ホーム画面でもアプリ起動中でも『ユーザーが次に起動したいアプリ』を推定して一覧表示する機能。端末のサイドをダブルタップして呼び出すことができます。 このアプリの推定には、『Instagramを見たあとに、Facebookをよく見るよね』といったアプリ同士の関連性のほか、曜日や時刻・位置情報(職場 or 通勤中 or 自宅)などを活用。これらをAIが解析することで、ユーザーが次に起動したいアプリをレコメンドするとのこと。 映像やゲームのサウンドに合わせて本体がズンズンと振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」もXperia XZ2から引き続き搭載。なお、イヤホンジャックは非搭載です。 ドコモ版はワンセグ・フルセグ・おサイフケータイにも対応します。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/17/xperia-xz3-ca/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGramSnapdragon [投稿日時]2018-10-17 13:00:00
Engadget Japanese
地上を走る最も速い自動車の座を目指して開発が続けられてきたBloodhound SSCですが、ここへ来てプロジェクトを進めるBloodhound Programme Ltd.の資金が底をつき、管財人となるFRPアドバイザリーの管理下に入ったことがわかりました。今後、プロジェクトを継続するには約2500万ポンド(約37億円)の資金をどこかから見つけ出してこなければなりません。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/16/bloodhound-ssc-37/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-16 19:00:00
スラド
Windows 10 バージョン1703(Creators Update) Home/Proエディションのサポートが10月9日で終了した(Windowsライフサイクルのファクトシート、 Computerworldの記事、 Softpediaの記事、 Neowinの記事)。 Windows 10 バージョン1703のHome/Proエディションに対する更新プログラム提供は、9日にリリースされたKB4462937(OSビルド 15063.1387)が最後となる。一方、Enterprise/Educationエディションは2019年10月までバージョン1703のサポートが続く。また、Windows 10 Mobile バージョン1703は2019年6月までサポートされることになっている。 ただし、2016年8月にリリースされたWindows 10 Mobile バージョン1607(Anniversary Update)のサポートも10月9日で終了となっているが、こちらは4月の更新プログラムKB4093119(OSビルド 14393.2189)を最後に更新プログラムは提供されていないようだ。Home/Proエディションではバージョン1607のサポートが4月に終了しており、これに合わせて終了してしまった感じにも見える。 すべて読む | セキュリティセクション | アップグレード | セキュリティ | Windows | 関連ストーリー: Windows 10 MobileのInsider Programは終わるのか 2017年11月28日 Windows 10 バージョン1511のサポート期間が6か月延長 2017年11月18日 Microsoft、Windows 10のサービスモデル変更を発表 2017年07月29日 Windows 10 バージョン1507のサポートが終了 2017年05月11日 4月11日、Windows Vistaがサポート終了を迎える 2017年04月13日 Windows 10 RTMは3月26日でサービス終了 2017年01月23日 Windows 10 Anniversary UpdateがCurrent Branch for Businessに 2016年12月04日
[記事元] https://security.srad.jp/story/18/10/13/1936200/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-14 00:51:00
Engadget Japanese
ソフトバンクは、ソニーモバイルの最新モデル「Xperia XZ3」を11月上旬以降に発売します。 「Xperia XZ3」は、OSにAndroid 9 Pieを搭載したスマートフォン。内部スペックは先代Xperia XZ2と共通で、Snapdragon 845、4GBのRAM、背面指紋センサー、ワイヤレス充電機能などを搭載します。 大きく変わったのはディスプレイです。シリーズ初となる有機EL(OLED)ディスプレイは、両サイドがカーブした曲面形状を採用。正面からの見た目はGalaxy S9に似ています。また、画面サイズ自体も「XZ2」の5.7インチから0.3インチ大型化した6.0インチとなり、解像度もフルHD+(2160 x 1080)からQHD+(2880 x 1440)へと高精細化を果たしています。 この有機ELディスプレイは、ソニービジュアルプロダクツとの協業により、ソニーのテレビ「BRAVIA」の4K OLEDモデルと同等の表示品質が確保されているとのこと。担当者はXperia XZ3について『手乗りサイズのOLEDブラビア』とも表現します。 また、先代の「XZ2」で賛否のあった「厚さ」も改善。側面フレームの最薄部は約3mmとなり、「XZ2」から進化したスタイリッシュな見た目を実現しています。 流行りのAIも取り入れます。新搭載の「サイドセンス」は、ホーム画面でもアプリ起動中でも『ユーザーが次に起動したいアプリ』を推定して一覧表示する機能。端末のサイドをダブルタップして呼び出すことができます。 このアプリの推定には、『Instagramを見たあとに、Facebookをよく見るよね』といったアプリ同士の関連性のほか、曜日や時刻・位置情報(職場 or 通勤中 or 自宅)などが活用されているそうです。これらをAIが解析することで、ユーザーが次に起動したいアプリをレコメンドするとのこと。 映像やゲームのサウンドに合わせて本体がズンズンと振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」もXperia XZ2から引き続き搭載。なお、イヤホンジャックは非搭載です。 ソフトバンク版はワンセグ・フルセグ・おサイフケータイにも対応します。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/11/xperia-xz3-11/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGramSnapdragon [投稿日時]2018-10-11 14:17:00
Engadget Japanese
auは、ソニー「Xperia XZ3」を11月上旬に発売します。Xperiaシリーズは例年3キャリアが取り扱っており、NTTドコモ・ソフトバンクも順次取り扱いを発表するものと思われます。 Xperia XZ3は、OSにAndroid 9 Pieを搭載したスマートフォン。内部スペックは先代Xperia XZ2と共通で、Snapdragon 845、4GBのRAM、背面指紋センサー、ワイヤレス充電機能などを搭載します。 大きく変わったのはディスプレイです。シリーズ初となる有機EL(OLED)ディスプレイは、両サイドがカーブした曲面形状を採用。正面からの見た目はGalaxy S9に似ています。また、画面サイズ自体も「XZ2」の5.7インチから0.3インチ大型化した6.0インチとなり、解像度もフルHD+(2160 x 1080)からQHD+(2880 x 1440)へと高精細化を果たしています。 この有機ELディスプレイは、ソニービジュアルプロダクツとの協業により、ソニーのテレビ「BRAVIA」の4K OLEDモデルと同等の表示品質が確保されているとのこと。担当者はXperia XZ3について『手乗りサイズのOLEDブラビア』とも表現します。 また、先代の「XZ2」で賛否のあった「厚さ」も改善。側面フレームの最薄部は約3mmとなり、「XZ2」から進化したスタイリッシュな見た目を実現しています。 流行りのAIも取り入れます。新搭載の「サイドセンス」は、ホーム画面でもアプリ起動中でも『ユーザーが次に起動したいアプリ』を推定して一覧表示する機能。端末のサイドをダブルタップして呼び出すことができます。 このアプリの推定には、『Instagramを見たあとに、Facebookをよく見るよね』といったアプリ同士の関連性のほか、曜日や時刻・位置情報(職場 or 通勤中 or 自宅)などが活用されているそうです。これらをAIが解析することで、ユーザーが次に起動したいアプリをレコメンドするとのこと。 映像やゲームのサウンドに合わせて本体がズンズンと振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」もXperia XZ2から引き続き搭載。なお、イヤホンジャックは非搭載です。 au版はワンセグ・フルセグ・おサイフケータイにも対応します。 (記事内ではグローバルモデルの画像を利用しています。) 関連記事: Xperia XZ3最新情報まとめ
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/10/xperia-xz3-11-au/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGramSnapdragon [投稿日時]2018-10-11 10:01:00
Engadget Japanese
坂本ラヂヲが展開するGRAMASブランドから、Google Pixel 3、Google Pixel 3 XL対応のケース及び保護ガラスが登場しました。いずれもGoogleのスマートフォン用として公式に承認された「Made for Google」製品となるのが特徴です。発売日はすべて2018年11月1日。 今回登場したケースは、PUレサ?ー(合成皮革)を採用する「GRAMAS COLORS "EURO Passione" PU Leather Book Case」「GRAMAS COLORS "EURO Passione" PU Leather Shell Case」と、イタリア製スムースレザーを採用する「GRAMAS Italian Genuine Leather Book Case」「GRAMAS Italian Genuine Leather Shell Case」、そしてTPU素材の「GRAMAS COLORS "Glass Hybrid" Shell Case 」の5モデル。それぞれGoogle Pixel 3、Google Pixel 3 XL向けが用意されているので、ラインナップとしては10となります。 「GRAMAS COLORS "EURO Passione" PU Leather Book Case」 Google Pixel 3用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/562 Google Pixel 3 XL用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/563 カラー展開:Black、Navy、Wine、Gray(共通) 「GRAMAS COLORS "EURO Passione" PU Leather Shell Case」 Google Pixel 3用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/564 Google Pixel 3 XL用 価格:5000円(税込) https://www.gramas.jp/products/565 カラー展開:Black、Navy、Wine、Gray(共通) 「GRAMAS Italian Genuine Leather Book Case」 Google Pixel 3用 価格:1万2000円(税込) https://www.gramas.jp/products/569 Google Pixel 3 XL用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/570 カラー展開:Black、Navy、Taupe(共通) 「GRAMAS Italian Genuine Leather Shell Case」 Google Pixel 3用 価格:8000円(税込) https://www.gramas.jp/products/571 Google Pixel 3 XL用 価格:1万円(税込) https://www.gramas.jp/products/572 カラー展開:Black、Navy、Taupe(共通) 「GRAMAS COLORS "Glass Hybrid" Shell Case」 Google Pixel 3用 価格:2500円(税込) https://www.gramas.jp/products/567 Google Pixel 3 XL用 価格:3000円(税込) https://www.gramas.jp/products/568 ケースに加え、保護ガラスも登場しています。こちらもGoogle公式認証を取得した製品です。 ラインナップは、透過率91%のスーハ?ークリアタイフ? 「GRAMAS Protection Glass Normal」、アンチク?レア加工が施された「GRAMAS Protection Glass Anti Glare」、エッジ部分まで保護してくれる透明タイプ「GRAMAS Protection 3D Full Cover Glass Normal」、エッジ部分まで保護してくれるアンチグレアタイプ「GRAMAS Protection 3D Full Cover Glass Anti Glare」といった4モデル。こちらもそれぞれGoogle Pixel 3、Google Pixel 3 XL向けが用意されています。 「GRAMAS Protection Glass Normal」 Google Pixel 3用 価格:2000円(税込) https://www.gramas.jp/products/579 Google Pixel 3 XL用 価格:2000円(税込) https://www.gramas.jp/products/580 「GRAMAS Protection Glass Anti Glare」 Google Pixel 3用 価格:2000円(税込) https://www.gramas.jp/products/577 Google Pixel 3 XL用 価格:2500円(税込) https://www.gramas.jp/products/578 「GRAMAS Protection 3D Full Cover Glass Normal」 Google Pixel 3用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/575 Google Pixel 3 XL用 価格:4000円(税込) https://www.gramas.jp/products/576 「GRAMAS Protection 3D Full Cover Glass Anti Glare」 Google Pixel 3用 価格:4500円(税込) https://www.gramas.jp/products/573 Google Pixel 3 XL用 価格:4500円(税込) https://www.gramas.jp/products/574
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/09/google-pixel-3-pixel-3-xl-gramas/ [カテゴリー]スマートフォンGram [投稿日時]2018-10-10 12:15:00
Engadget Japanese
Microsoftが、Windows 10の大型アップデートとなる「Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)」の提供を開始しました。前回のAplir 2018 Updateと同様、互換性の確認が取れたデバイスから、Windows Updateを通じて順次配信されます。 大型アップデートのため、改良点や機能追加などは多数ありますが、スマートフォンとの連携を強めているのが大きな特徴です。 Androidでのタイムライン機能のサポートもその一つ。といってもWindowsのアップデートというよりはスマートフォンアプリのアップデートでの対応です。 関連記事:Android版Microsoft Launcherがタイムラインをサポート もう一つのスマートフォン連携は、スマートフォンのSMSをPC上から送受信したり、端末内の写真にアクセスできる「Your Phone(スマホ同期)」アプリの提供です。この機能は、5月からInsider Programで提供されていたもの(当時は「同期電話」の名称でした)。なお、写真はドラッグアンドドロップでPCに移すこともできますが、アクセスできるのは直近の25枚に制限されています。 また、今回のアップデートには含まれませんが、このYour Phone(スマホ同期)を拡張し、Androidの画面をPC上にミラーリングする機能も発表済みです。今後もスマートフォン連携は、ますます強化されていきそうです。 関連記事:Windows 10上でAndroidスマホアプリをミラーリングできる新機能が発表。PCで直接アプリ操作も可能 その他の機能として、画面のキャプチャを取得するSnipping Toolに変わり、「切り取り領域とスケッチ」が提供されました。「Windowsキー + Shift + S」で起動し任意の領域をキャプチャ可能。アプリからの起動であれば、遅延させてからのキャプチャ取得も行えます。なお、Snipping Toolも引き続き利用可能ですが、起動すると下記のメッセージが表示されます。 Edgeブラウザにもいくつかの機能が追加されました。WEBサイトの内容に集中できる読み取りビューは以前からありましたが、これに、読んでいる個所を把握しやすくするハイライト表示機能が加わりました。長文のページを読む際に便利そうな機能です。 クリップボードも機能が拡張されており、「Windows + v」でクリップボードの履歴が表示可能に。さらに、タイムライン機能と同様に、他のデバイスともクリップボードの内容を共有可能になっています。 ただ、大きなファイルは利用できず、現在は、プレーンテキスト、HTML、1MB未満のイメージがサポートされているとのことです このほか、非常に多くのアップデートが含まれており、詳細はMicrosoftのサイトで確認できます。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/03/windows-10/ [カテゴリー]スマートフォンAndroidGram [投稿日時]2018-10-03 18:50:00
Engadget Japanese
P20やP20 Proと同じ「Kirin 970」を搭載しながら、価格を5万円台前半に抑えたファーウェイの「nova 3」が発表されました。キャンペーン価格ながら、NTTレゾナントのgoo SimsellerではOCNモバイルONEのSIMカードとセットで2万7600円をつけるなどの爆安ぶり。ハイエンドモデルとは思えないコスパのよさに、人気が出そうな1台です。 もともとnovaシリーズはドイツ・ベルリンで開催されたIFAで2016年に発表されたモデルで、若者や女性がターゲット。スペックもある程度抑えたミドルレンジモデルとして展開されてきました。ところが、nova 3は一転、ハイエンドモデルとなり、P20やP20 Proに手が届かない層へ訴求する端末となりました。 一方で、日本ではすでにP20やP20 Proが販売されており、間もなく英ロンドンで発表されるとみられる「Mate 20」シリーズも控えています。こうした中、nova 3はどのような戦略で投入されたのでしょうか。ファーウェイ・ジャパンのデバイス事業で日本・韓国リージョンの代表を務める呉波(ゴハ)氏にお話を聞きました。 関連: ファーウェイ新スマホ「nova 3」10月5日発売 ▲nova 3を投入した意図や日本での戦略を語る呉波氏 --nova 2はauから発売されましたが、nova 3の発表会ではMVNOとの協調姿勢を打ち出していたように見えます。大手キャリアとMVNOのバランスはどう考えているのでしょうか。 今年の1月にauからnova 2が発売されましたが、今回はMVNO各社を通じてSIMフリーモデルとして販売されます。日本市場ではP、Mate、novaと3つを出していますが、どれをどの販路でとは決め打ちしているわけではありません。製品ごとのスペック、ターゲットとなるユーザー層をベースに、どの販路で売るかを決めています。 --1つのブランドを特定の販路で販売した方が定着しやすいのではないでしょうか。 あえてフレキシブルに、novaも違う販路を通して販売しているように見えるかもしれませんが、そういった意図はありません。今、グローバルでnovaシリーズを発売するタイミングと日本の通信事業者の発表のタイミングが合っていない。日本のキャリアが新しい製品を出す時期が決まっていて、夏と冬が慣例になっているからです。 ▲nova 3はSIMフリーモデルとして、さまざまなMVNOも販売する --P20とスペックが近いが棲み分けはどうするのでしょうか。 Pシリーズとnovaシリーズは、ターゲットとする消費者層が違います。novaシリーズは若者やファッションに関心のあるユーザー層がターゲットです。P20とnova 3の一番の違いは見てもわかるとおり、P20はプロレベルのカメラ機能がついています。これは、Leicaと共同で開発したカメラです。 一方のnova 3は一番のセールスポイントはAIカメラで、価格も少し違います。プロ並みの写真が撮りたい消費者であればnova 3よりもP20を選ぶのではないでしょうか。逆にそこそこの写真が撮れてより低い値段で手に入れたいのであれば、nova 3を選びます。そういうこともあって、nova 3をご採用いただいたMVNOは、P20のときと比べてだいぶ多くなっています ▲カメラはLeica協業ではないが、AIによる最適化機能には対応する --防水、FeliCa、NFCなどには非対応ですが、これはターゲット層の違いなのでしょうか。それとも、価格を重視した結果なのでしょうか。 やはりコストパフォーマンスを重視したからです。日本市場に対して市場調査を行っていますが、この価格帯においてどういった機能を一番求めるかの結果を見て、最終的にnova 3を投下することを決めました。キャリアを通してスマホを買う人よりも、SIMフリー市場はより価格にセンシティブです。 SIMフリーのタブレット製品を例にすると、防水とフルセグ、ワンセグのついた端末も販売しています。しかし、最終的な販売数量を見ると、日本仕様のついていないタブレットには及びませんでした。一方でキャリアを通して販売している製品は防水やワンセグ、フルセグを搭載すると販売状況はよくなります。日本市場に向け、どういった製品を発売するかというと、あくまで消費者の購買意欲と購買結果で決めています。 しかしながら、弊社の目標としては、コストパフォーマンスが高く、かつ防水やFeliCaがついている製品をお届けしたいと考えています。 --nova 3のau VoLTEはあとから対応するというお話でしたが、過去モデルではMate 10 Proが未対応です。スケジュールを教えてください。 弊社の製品にはハイシリコンのチップを搭載しているため、auとは接続試験をしなければなりません。今もいつauのラボが使えるのかの日程を調整しています。しかし、弊社も宣言をしたので、その責任は負わなければなりません。次回の発表会で、いつ対応するのかのはっきりしたスケジュールをご紹介したいと考えています。次回は12月の頭を予定しています。 (更新:2018 /10 / 3 /12時40分)インタビュー対象の要請をうけ、事実との相違があったため一部発言を修正しました) ▲3キャリアの回線で利用できるため、mineoも採用に至ったが、au VoLTEへの対応はアップデート後になる --12月頭の発表とは? nova 3を含む製品がいつまでに対応するのかを発表します。今のところ、12月に何を発表するのかはお教えできませんが、過去の慣例にならってやりたいと考えています。 --若年層、女性と消費者のすそ野を広げていますが、どのように使っていただきたいのか意気込みをお話ください。 若者には、nova 3を、InstagramやSnapchat、Facebookに投稿するためにぜひ使っていただきたいですね。AIカメラによる撮影を体験していただければと考えています。あとは、nova 3を使ってApp Galleryでゲームをダウンロードし、サクサクとしたゲームを体験してほしいと思います。 有料ゲームに関しても、無償でお試で遊ぶこともできます。色々なテーマも無料で取得できるようにしているので、ぜひ使ってみてください。コンテンツプロバイダーとも一緒に宣伝していくつもりです。 ▲ファーウェイ独自のアプリストア「App Gallery」に対応する --GPU Turboでどのくらいの変化があるのでしょうか。ゲームの数は今2つですが、どのくらいまで増えていくのでしょうか。 GPU Turboはゲームにだけ使われる機能です。これまでスマホでゲームを遊ぶと、主に2つの問題がありました。1つが、画面がカクカクしたり、コマが飛んだりしてしまったりすることです。音が飛んでしまうこともあります。 GPUをそれぞれのゲームに最適化することで、あたかもパソコンで遊んでいるかのような体験をスマホで得られます。これをやるには、ファーウェイとゲーム会社が深いレベルで協業しなければなりません。対応ゲームは、今後どんどん更新されていきます。 --OPPOがSIMフリー端末にFeliCaを搭載しましたが、ファーウェイはいかがでしょうか。 今のままだと、FeliCaに対応すると安定した供給が保証できなくなるおそれがあります。今、NFC(での決済)とFeliCaの同時に対応できる技術を探しています。こういったやり方にした方が、継続的にお手頃な値段で買えるようになると考えています。 --カメラの進化はどこまでいくのでしょうか。カメラ以外の機能の充実はどこで図っていくつもりですか。 カメラに関しては上限がなく、どこまで進化するのかとどまるところを知りません。ベストはなく、ベターを目指しています。具体的には、より近くとより遠くを撮影できるようにしていきます。 たとえば、デジカメは望遠レンズに取り換えることで、人やモノだけでなく、鳥もキレイに撮ることができますが、それができるスマホはまだありません。ですから今後の方向性としては、望遠のレンズで鳥もキレイに撮れるものが考えられます。接写と望遠はこれからも進化させていきたいですね。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/02/nova-3/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-03 10:50:00
GIGAZINE
すみだ水族館・京都水族館が業界初のアイドルペンギンユニット「EDO-CCO(エドッコ)」「MIYA-CCO(ミヤッコ)」をそれぞれ結成し、そのセンターを決定する「LOVE推しペン超選挙」を2018年10月1日(月)から開催しています。それぞれのペンギンの個性が押し出された、ペンギン愛あふれるイベントとなっており、実際に「Instagramアカウントのフォロー」「水族館に行って投票箱に票を入れる」という方法で参加できるようになっています。続きを読む...
[記事元] https://gigazine.net/news/20181002-penguin-miyacco-edocco/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-10-02 12:00:00
Engadget Japanese
Instagram iOS用のInstagramアプリがバージョン6.50にアップデートされ、iPhone XS Maxの解像度に正式対応しました。 Instagramの公式リリースではDMでのアニメGIF送信機能の追加のみ記述されていますが、実際にはiPhone XS Maxの大画面と解像度に合わせて表示が最適化されています。
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/10/01/instagram-iphone-xs-max/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2018-10-02 12:00:00
スラド
headless曰く、AppleのDevice Enrollment Program(DEP)で見つかった弱点をDuo Labsが解説している(Duo Labs、調査リポート、VentureBeat、Ars Technica)。 DEPは組織で使用するiOS/macOS/tvOSデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)へ自動登録できるようにするサービスだ。利用にはAppleやApple正規代理店がDEPに登録したデバイスが必要だが、認証にはシリアル番号のみが使われるため、パターンから生成したシリアル番号を総当り的に試すことで認証を突破できるという。認証の突破後はDEP APIを使用してデバイスプロファイルを取得可能となる。デバイスプロファイルには電話番号や電子メールアドレスといった企業の情報が含まれており、ソーシャルエンジニアリング攻撃に使われる可能性がある。 また、MDMサーバーではユーザー認証の仕組みが用意されているが必須ではない。そのため、ユーザー認証を有効にしていない組織も多いようだ。このような場合、攻撃者はシリアル番号だけでデバイスをMDMに登録し、アクセス可能な情報が制限されていなければ証明書やアプリケーション、Wi-Fiパスワード、VPNの設定などを取得できるという。 Duo Labsでは5月に問題をAppleへ報告しており、認証の強化や試行回数の制限、APIから取得できる情報の制限などを推奨したそうだ。一方、DEPを使用する組織の管理者に対してはMDMでの認証を確実に行うことや、MDMに登録されたデバイスを全面的に信用せず、アクセス可能な情報を制限することを推奨している。 すべて読む | アップルセクション | ハードウェア | セキュリティ | アップル | 情報漏洩 | 関連ストーリー: Googleのセキュリティ研究者、Appleのセキュリティに対する姿勢を批判 2018年08月15日 WikiLeaksがApple製品を攻撃するCIAのドキュメントを公開、Appleは何年も前にすべて修正済みだと声明 2017年03月25日 iPhone 6s/6s PlusはA9チップのメーカーによってバッテリーの持ちが違う?Appleは否定 2015年10月10日
[記事元] https://apple.srad.jp/story/18/10/01/0721215/ [カテゴリー]iPhoneGram [投稿日時]2018-10-01 07:39:00
Engadget Japanese
9月30日のおもなできごと 1992年、日本最初のホームページ「KEK Information」公開 2011年、ジェイアイエヌがブルーライトカット眼鏡「JINS PC」を発売 2013年、100年メールの「au oneメール」がサービス終了 2015年、Amazonが初の10.1インチタブレット「Fire HD 10」を発売 2016年、LGエレクトロニクス・ジャパンが980gの15.6インチノート「LG gram」(15Z960-G)を発売
[記事元] https://japanese.engadget.com/2018/09/29/9-30-lg-gram-jins-pc/ [カテゴリー]Gram [投稿日時]2018-09-30 05:30:00